PHPとかJavaScriptとか

PHPロゴ-GIF久々にPHPのコードを書いているのですが、すっかり忘れとります。困ったもので。

どう書けば、PHP足り得るんだっけか‥‥とか、そんなレベルで忘れてます。ぶっちゃけ、似たような色んな言語を扱ってると、混同するんです。

PHPは、

<?php

?>

ですね。

Webをやるなら、PHPとかJavaScriptを最低限でも活用すべきです。そこそこ本気でやるならば、です。

「高度な事ができる」とか、そんなんじゃありません。手間を減らせるのです。要はCSSと一緒ですネ。

「HTMLだけ書いた方が、一番手間が少ないじゃん?」とか思う人は、あまり量をこなしていないんだと思います。でも、量といっても、ページにして50〜100くらいのレベルであって、実際にその量をメンテすれば、「手間」について実感できるとは思うんですけどネ。

例えば、Webページに共通のパーツや、記述。必ず、ページ最下部に表記されるクレジット的な一文を、50ページくらい書いた後で、「変更したい」となったら、どうするんでしょう? 我慢して50ページを全部開いて、修正部分を書き直しますか?‥‥そういうのを人生の無駄使いと呼びます。

「ひな形ファイルを用意して、そこから各々ページを書き増やす」だけじゃダメなんです。もしそのひな形が間違ってたり、後々修正したいと思ったら、それまでに書き溜めたコンテンツは全部修正しなきゃならんじゃないですか。

もしPHPやJavaScriptがあれば、そうした「ページ共通の記述・パーツ」を1つのファイルだけで管理し、どんなに書き増やそうが、最小の手間で、いつでも変更を反映できるようになります。

一番手軽なJavaScriptですと、例えば「credit.js」などの適当な名前でファイルを作り、document write()でクレジット文を書いておき、何10ページに及ぶ各HTMLページはJavaScriptを実行するだけにしておきます。つまり、スクリプトを実行する事だけをHTML上で書いておいて、文面の中身は他のファイル「credit.js」に任すわけです。そうすれば、「credit.js」を書き換えるだけで、100ページだろうが、1000ページだろうが、変更内容が反映されます。

PHPの場合は、共通パーツを書き集めたファイルを用意しておき、include_once()でそのファイルを読みこんで、実際の本文内で活用します。いくつもの変数、ユーザ定義の関数を書いておけば、あらゆる場面で活用できます。

このような構造は、もちろん、コンポジットの作業現場でも利用可能です。私はもう10年以上前に、「同じ作品を皆で作業するのに、何で、めいめいがAfterEffectsの設定を自己的におこなってるんだ?」と非効率で危うい(=人によって設定が間違っているかもしれない)運用に疑問を感じていました。ゆえに、xtoolsとatDBを自己開発し、「基本設定や仕様は、サーバ(=一元管理)に任せる」運用を実践したのです。これによって、ケアレスミスが格段に減ったのは言うまでもありません。

メンテや環境整備の手間が減る。これはすなわち、「本当に作りたいものに時間を割り当てられる」という事です。コンピュータは「真正直に手作業で向き合っていたら、その人間の『生気』をどんどん吸い取っていく」性質が多分にあります。怖いヤツなのです。

で、PHPとJavaScript。

本来は様々な機能を持っているのですが、「手間を削減する、ちょっとした工夫」にも威力を発揮します。プロパティの集中管理だけでも、使う意義はありますし、それならば難易度は低いです。変数をまとめて記述し、Web本文中に「echo」するだけですからネ。



今どきのCSS

近年はCSSによるWebページのデザインがどんどんエスカレートしているのは、端から見てて知ってましたが、実際にページを作ってみると隔世の感をしみじみと実感します。ウィジウィグのHTMLエディタが下火になったのも頷けます。細かいところまで手を入れようとすると、どうしてもコードを直に書かないと難しいですもんネ。

テーブルやフレームでレイアウトしていた昔が懐かしい‥‥。自分でIDやクラスを宣言して、サブルーチンのように書く今のやりかたって、もうほとんどプログラムですよネ。なので、プログラムに拒否反応がある人は、中々手が出せない状況になっているのかも知れません。

私が気になるのは、CSSの「背景」です。昔はこんなに高機能ではなかったような‥‥と調べてみると、何やら、「拡張・修正の続いている CSS 仕様の全てを完全に実装しているユーザーエージェントは事実上皆無といってよく、実際シェアで多数を占めるユーザエージェントは部分対応にすぎない」とのWikipediaの記述が。。。昔見たCSSとは随分出来る事が増えていると思ったら、やっぱりそうだったのか。

まあ、書式を統一する目的で使うのが、無難と言うところでしょうか。用途は自分のWebだけだしネ。


calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

selected entries

categories

archives

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM