電動工具といえば

男子たるもの、いや、自立するなら女子でも、電動工具の1つや2つは身近に置いて、「出来合いの製品を買うだけでなく、欲しいものを自分で作る」ことも「選択肢の1つとして」用意しておきたいものです。ネットで商品を検索して自分のニーズに合ったものがないと安易に「ネットって使えねえ」と言いがちですが、使えないのはむしろ、買うだけしか能が無いその本人です。棚の組み立て方すら知らず、足が浮いてガタガタヨレヨレの棚を自分で組み立てておきながら、「不良品」とか呼ぶのは、失笑・苦笑です。

飲み代を2回くらい節約すれば、ひとまずの電動工具は揃えられます。電動工具といえば3〜5万円したのは、もう随分昔の話で、パーソナル用途なら1万円でそれなりの電動工具は揃えられます。

ただ、電動工具はプロっぽいものになると、デカくゴツいので、日頃手元に置いておくのは、カワイイやつのほうが置きやすいです。しかし、カワイイのは性能もプアな事が多いので、実は機種選定にはコツがいります。

カワイイ電動工具とはいえ、どうしても押さえておきたい機能は、クラッチ機構です。初心者ほどクラッチ機構は必須なのですが、コストの関係からか、初心者が手にしやすい低価格のものはクラッチ機構がまず付いていません。クラッチ機構とは、駆動に一定の負荷がかかると「故意に空回りするメカニズム」で、例えば、ネジ締めなどで「締めすぎによる破損」を防止する際などに用いられます。

棚を組み立てる際に、まず最初に弱めのトルク(締め具合)でクラッチ機構を設定して組み立てて、仕上げに強いトルクで対角線上に増し締めをおこなえば、がっちり頑丈な棚が組み上がります。

若い衆が数人で、「手際良く組み立てよう!」とばかりに、各人がネジそれぞれを片口レンチで最初から固く締めていき、完成した棚がガタガタと足が浮いているのを皆で見て「何か安定しないすネ」とか言っているのを見ると、コントのギャグかと思います。実家のお父さんは、マウスのドラッグとクリック操作しか教えなかったのでしょうか。

そんな愚かな状態から脱出するためにも、「作れない男から作れる男に」「作れない女から作れる女に」なるためにも、クラッチ機構付きの電動工具を買って、工具を手に馴染ませておくのは良い事だと思います。

とりあえず、買っておきたいカワイイのは、コレです。「IXO 4 PLUS」。

 

名門「ボッシュ」のカワイイ電動ドライバです。ただ、これだけだとクラッチ機構が付いていないので、クラッチ機構のアダプタを同時購入します。


これに、8,10,12,13,14あたりのボックスレンチのビット(注)、木工ドリルの細〜太を買い足せば、家の些細な事には対応できてしまいます。木製の椅子や机の修理とか、100円の端材を使った自作のプチラック、もちろんカラーボックスの組み立てなどはお茶の子さいさい、組み立て式のお持ち帰り家具も力を使わずネジ締めできます。
*注)レンチの径の「13」は、オフィス家具などで良く使われる径で、用意しておくと重宝します。バイクや車だと8,10,12,14,17,19,21で済む事が多いんですけどネ。‥‥ちなみに、このチビドリルに21(バイクのアクスルシャフトなどに使用するゴツい大口径)とかを付けるのは気がひけるので列記しておりません。

ちなみにこのIXO4シリーズ。いろんなアダプタが発売されており、回転式のカッターや送風機などもあります。以下は、「定番のダメ男」がちょっと気恥ずかしいですが、IXOシリーズのPVです。



いまどきは、ネットを検索して情報収集して「できたつもり」に錯覚する事って多いですけど、実際には何も作っていないのです。ぶっちゃけ、ネットを検索する能力は、10年前ならともかく、今は大した能力ではないです。もはやネットの検索能力は「社会常識」とすら言えるくらい、普通の事です。

でも、何かを作れる事は、スペシャルであり続けます。それは料理でも裁縫でも、木工でも、プログラムでも、絵でも立体造形でも音楽でも、文字による物語でも。

ネットで検索して作り方を知ったからといって、その本人が実際に作れるようになるわけではない‥‥のですから。

まあ、だからこそ、「何かを作る」という事は、古今東西、スペシャルであり続けているのでしょうネ。



 

エアコン、一周年

自宅の部屋で、エアコンが臨終して自前で設置してから1周年。資料の山が天井まで積載された状況ゆえ、設置を「業者さんには頼めない」事を覚悟し、工具を購入して設置したわけですが、「自分で設置した際にミスがあると、配管接合部から冷媒が漏れて、1年で冷えなくなる」なんていうネットの煽り文句に、内心恐怖していました。しかし実際に1年が経過した現在、効きすぎるくらいに冷えており、設定温度28度で丁度良いくらいです。サーキュレータで室内の空気を循環させれば、30テラバイト分のハードディスクが動いていようと、静かで涼しい環境を手に入れる事ができます。

業者さんに頼むとおそらく1〜2万円かかるでしょうが、工具を揃える「イニシャルコスト」込みで自分で設置するととても2万円などでは収まりません。最終的に35,000円くらい、工具と配管材でかかりました。特別な事情がない場合は、やはりプロに任せた方が良いのです。

ただ、私の判断として、自分の部屋を「業者さんが作業できるように、一旦解体する」事を「仮想コスト」で考えた場合、35,000円など遥かに超過する労力であることは、ひしひしと実感していたので、バキュームポンプ(真空ポンプ〜配管のエア抜き=真空抜きに使う)とか真空ゲージなど「どう考えても今後使う機会はなさそうな工具」も納得ずくで購入して設置にチャレンジしたのです。エアコンの配管を締める専用のトルクレンチも高かったなあ‥‥。

プロに頼むと、当然のことながら、半日くらいで設置してもらえるのですが、私は素人ゆえに慎重に慎重を重ねて、工程を確認しながら1週間近くの時間をかけて設置しました。もちろん、エアコン設置に丸1週間かかっていたわけではなく、本業をしながら帰宅後の時間を使ってその工期だったわけですが、やはりプロの手際には遠く及ばないものがありました。ただ、YouTubeでプロの工程を確認できたのは、「時代ゆえのラッキー」でした。

銅管の扱いとか、ドレンホースのトラップ回避とか、色々やってみて、ただボーっと眺めているだけではわからない色々な「ディテールの意味」を実感できました。私は今、本業でカラースクリプト(2000年のBloodでいうところの「画面設計」)をやっていますが、画面の色彩や明暗には色々な意味や都合があって(例えば明るい画面には透過光はのりにくいので、設計段階から透過光が映えるように画面を作る‥‥など)、最終的な画面に落ち着くわけですが、エアコンもまさに、急激なカーブが不可能な銅管の性質や、排水のドレンホースで逆流しないようにと、色んな意味や都合で「部屋の中での、あの見た目」に落ち着いているのです。部屋の中でエアコンをレイアウトするとき、自由自在にどこでも‥‥にはならず、大体の「定番」に落ち着くのは、「上からだと風の循環が良い」という理由だけでなく、設置上の様々な要因が作用して‥‥だったのですネ。銅管が90度に鋭角に折り曲げられたら、色々な設置が可能なのですが、そうはいかないわけです。

1年経って、好調に動作するエアコン‥‥ではありますが、たまたま上手くいっただけかもしれません。これでいい気になって、自分でエアコンを設置する気分になると、必ずどこかで落とし穴があるようにも思います。

何か特別な理由がないのなら、100%プロにお任せしたいものです。

高速USBメモリ

昨日、必要に応じて購入したUSB3.0のUSBメモリが届き、早速、計測してみました。

USBメモリは、USB3.0に対応していても無条件に高速なわけではありません。もっと言えば、メモリ(=非ディスク)ならば無条件に速いというわけでもありません。USBメモリの中には、驚くくらい低速な製品すらあります。

しかし、ちゃんと調べて買えば、2Gbpsの読み出し速度を誇る製品も手にできますし、価格と性能のこなれた製品をチョイスする事もできます。2Gbpsの速度があれば、ProRes4444の4K映像も、とりあえず1ストリームなら大丈夫です。今では標準的な容量となった32GBを買えば、短尺のPVくらいなら収まるでしょう。

ただ、やはり生粋のSSDや、SATAのFusion Driveに比べれば、低速です。以下、色々と計測してみました。アニメ制作においては書き込み性能よりも読み込み性能のほうが重要ですので、「READ」の値を基準に注釈をつけてみました。


USB3.0の廉価USBメモリ / 0.8Gbps
usb memory
*昔の感覚ですと、それなりに速く感じますが、4K/60pのProResでは転送落ちが発生する「性能の低い類い」のREAD性能です。色々なデータ容量が大きくなる未来の映像制作ではイライラすることでしょう。私は、データの小さいプログラム開発や写真データなどに使っています。


USB3.0の速度重視USBメモリ / 2Gbps
usb memory hi
*READ性能が2Gbps出ていれば、マシンのデコード能力さえあれば、とりあえず(=1ストリーム/ProRes/4K60p)は転送落ちを防げます。H.265が一般に普及すれば、十分な使い心地を感じる速度ですネ。


USB3.0接続のSSD / 3Gbps
ssd 
*このくらいで速度が出ていれば、とりあえずは安心して作業は進められます。4K60pを「本気」で(つまりアップコンでなく)作るのなら、作業場は3Gbps以上の速度は確保しておきたいですネ。
*SSDをRAID0で組んで‥‥みたいなことはまだしていません。興味深いですが、今はまだ必要無いので‥‥。


USB3.0接続のHDD / 1.3Gbps
hdd-red
*単発接続のHDDは、前時代の速度に成り下がりはじめてます。‥‥ただ、速度性能の要求がユルい、データ置き場的な用途だったら、何の問題もないです。私もデータ置き場としてUSB3.0接続のHDDは重宝しております。


USB3.0接続のRAID0 HDD / 2Gbps
raid-red
*ストライピング(耐障害性を犠牲にして速度を重視)だったら、まだHDDでもストリーム再生用(データを読み出しながら再生する)に使えます。ただし、HDDの銘柄には気を使う必要があります。RAIDに適したHDDをチョイスしたいスね。
*ストライピングのRAIDを採用するということは、データを一気に全て消失する大きなリスクを背負う事でもあるので、何らかのバックアップ体制は必要です。RAID1+0や0+1、Hourlyバックアップなど。


iMac5K 内部SATA接続のFusion Drive / 5Gbps
fd
*ほぼ5Gbpsを叩き出す、高いREAD性能。問題は、この性能がどのくらい持続するか‥‥ですネ。
*プロファイラで中身を調べてみると、120GBのSSD&1TBの7,200rpm HDDの「複合ドライブ」なので、どこまで過酷な運用に耐えるかはナゾです。キャッシュ的扱いのSSDを使い果たした後は、鈍重なHDDの速度に落ちると思われます‥‥が、使用感としては快適そのものです。

記憶装置でも、性能は大きな差がありますネ。2Kなら、とりたてて速度が必要にはなりませんが、4Kは機材への性能要求がキツいので、運用と性能の折り合いをどこでつけるかが重要です。



こんな話の延長線上として、現場ではよく「4Kはアニメには必要無い」という言葉を耳にします。たしかに、今のアニメの絵には4Kはオーバースオペックで不要です。あくまで「今までのアニメには」‥‥です。

つまり、逆に見れば、「次のアニメ」「未来のアニメ」を頭に思い浮かべている人には、まさに「4Kは渡りに船」なのです。

「4K」という新たなカンバスを前にして、そこに描くべき絵が思い浮かば無いのだとしたら、それは自身の想像力・創造力の限界だと思って、潔く諦めた方が良いでしょう。その代わり、今までのアニメを大切にすれば良いのです。今までのアニメの作り方の「美点」をそのままに、4Kへと「綺麗に」アップコンバートすることを考えれば良いのです。‥‥しかし、どれだけ、今までのアニメの作り方を大切にしていますか‥‥ネ? 大切にしなければ、どんどん傷だらけになりますし、経年変化で型崩れもしますよね。

アニメ業界は「滅ぶ」だなんて、私も大げさだとは思いますが、「大きく、確実に、衰退はする」と感じています。それは前にも書いた通りの理由で‥‥です。50過ぎのモーレツに生きてきたサラリーマンが、お医者さんに「随分、内臓が弱ってるね。このままいくと、早死にするよ。20年後には70歳なんだから。」と言われているようなもんだと思います。‥‥で、まさか、お医者さんに「俺の胃腸にケチをつけるのか! おれは精神的に30代なんだ! おれは永遠の若さで生き続けるんだ!」と言うオヤジはおらんでしょう。そんなオヤジは痛々しいです。

では、いっその事、構造的に「老いた業界」を、「自分たちから認めてしまえば良い」のです。

負けん気をはって、50を過ぎた人間が、30代のフリをしたって、何が解決できるわけでもないです。前にも書きましたが、若い細胞が生まれ続けていても、体全体は確実に老化してる‥‥のですから。

ヤマト世代は自分自身の老い、そして旧来の業界システムにのっかる若い人も含めて「業界の老い」を認めてしまえば、「今、そしてこれから、何をすべきか」が見えると思います。

旧来アニメ業界とは別枠の、私の4Kへの取り組みや、新しいアニメーション技法への取り組みにおいても、実はそういう思念も含まれているのです。私が4K8Kを有望視するのは、「遺伝子のゆりかご」としての資質ゆえです。単体が老いて死しても、受け継がれる「ものつくりの遺伝子」における‥‥です。

「傷は舐め合うためにある」なんて言う人もいますが、舐め合っているばかりにいつまでたっても傷は乾かず、逆に腐敗しているような状況かも知れません。舐め合い続けるがゆえに、業界の状況(=結局、数十年経っても、改善するに至らなかった)に流され続けている‥‥とも言えます。

傷を舐めるの止めて、老いを自覚すれば、実は「4K」は今までと違うものに見えてくるかも知れませんヨ。



私は、4Kベースの作品企画や制作システム体系化の他に、「Advanced Project 16」(通称AP16)という技術主軸のフェイズも進めています。ハコからものを考える‥‥だとか、小さな技術から発展させて‥‥みたいな悠長な方法論ではなく、「無勢」でも実現可能な方法論として、一義・一理的な考えにとらわれずに技術を連結するプロジェクトです。新しいアニメーション制作システム&技術体系の確立は、様々な軸線・フェイズで同時進行させる必要があると感じています。それは、一般の常識や慣習を無視し逸脱していても‥‥です。

記憶装置の話にも関連しますが、「常識」「通例」なんていうものに取り憑かれていると、モノのポテンシャルも見抜けなければ、有効活用もできず、さらには的外れの支出をしてしまいがちです。ハードディスクやメモリ、CPUやGPU、データ送受の常識、さらには「映像業界の常識」に関しても、定期的に見直しや刷新をおこない、妙な「定番意識」に落ち着かないことが、今後の心構えとして必要かなと思っています。

iMac 5K用の市販メモリ

iMac 5K用のメモリは、Appleの公式情報によると、Late 2012以降のiMac27インチやMac miniと同じ仕様なので、Amazonなどで手軽に購入する事ができます。

実際にトランセンドの8GB2枚セットを購入してみましたが、ちゃんと認識され、正常に動作しております。



メモリは来月以降に4GBを8GBに交換し、MAXの32GBにして完了です。その他、SSDやらRAID箱やら、最低限のブツを調達し終えるのは、今年一杯かかりそうです。そんなにお金をホイホイ使えないので。

ちなみに、ウィンドウにある「メモリのアップグレード手順」をクリックすると、手順など一切記載していない怪しい英語サイトにジャンプするので注意です。

 

ディスクの構成

iMac 5Kの作業用スペースとして、512GBのSSDを買うのは決定しているのですが、物理的な構成をどのようにすべきか、思案しております。2.5インチの外付HDDケースにポンと入れれば、ごく普通の高速なSSDになるでしょうが、そんなんではアカンのです。同じSSD・HDDやコンシューマ向けのコンピュータを用いても、一般家庭のパソコンと映像制作用の作業マシンでは構成や運用法が大きく異なるのです。

速度性能と安全性の2つを「そこそこ」両立させるのは中々に難しいことで、さらにコスト〜購入予算や維持費の制限が大きく作用する個人レベルの環境は、余計に難易度が高くなります。…が、その難しい条件をクリアしてこそ、映像制作者でもあります。

まず、Thunderbolt接続はハコが高いので、USB3.0のハコで作業環境を組むことを考えます。Macの場合、ハコ側のコントローラチップでうまく動作しない事も多いので、私は「Macでの経験上、トラブルの少ない」ロジテックのRAID箱をよく使います。USB3.0とMacの問題は結構深刻で、自室のクローゼットの中には、Mac背面のUSBに直に接続してもトラブルの頻発したハコが4つくらいは眠っております。USBハブをかます場合は、ハブのコントローラチップも気にしたほうがいいです。

SSDは2.5インチを調達するので、廉価な3.5インチマウンタに装着しただけではガチャポンとRAID箱にドッキングできません。コネクタの位置を3.5インチディスクと合わせるマウンタを買うのがてっとり早いですネ。

とまあ、SSDを何らかのRAID箱に組むのは良いとして、SSDやらHDDやら、その全体構成が考えどころです。iMac本体にSSDをUSBで接続しただけでは、単なるご家庭のパソコンです。映像のためにiMacを使うのならば、映像制作に適した構成で組む事が必要です。

作業エリアのSSDの他に、「ProRes4444/4K/60fpsが再生できる、データストック用の高速大容量HDD」、そして「その全てを履歴バックアップする、速度は問わない大容量HDD」が必要となります。‥‥まあ、要求度はそこそこ高いですよネ。

「ProRes4444/4K/60fpsが再生できる、データストック用の高速大容量HDD」、つまり2Gbps以上の速度を安定して叩き出すHDDが必要なのですが、おもむろにSATAのHDDをUSB3.0に繋げただけじゃ、そんな速度が出るわけがありません。以下の通り。



HDDの銘柄がWDのGreen(=低速大容量)なのも相まって、何ともワビしい計測結果に‥‥。
*表示されている数値の単位は「MB/s」で、「Mbpsではない」ので、ご注意ください。

‥‥なので、リスクは大前提で、速度重視のRAID0でHDDを構成して運用することが、実質上必須となります。以下はロジテックのRAID箱(2発)での数値です。本体のRAID機能は使わずシングルモードでHDDを用い、OSX側でソフトウェアRAIDの「スパニング」を設定しています。



ググンと高速化しましたネ。銘柄はRAID向きのRedで、メーカー的にも「RAIDを組むならREDで」(Webより引用〜「WD Redは、自宅や小規模なオフィスでのNASシステムや、RAID搭載のPC向けに特別に設計されたドライブです。」)との事です。「Greenでは組まないで」との記載も。

Read性能が270〜300MB/sくらい出てれば、まあ、何とかなります。ProRes4444は適度な圧縮により、低容量なデータサイズでも品質の高い美麗画質を誇りますから、デコードするマシンの処理能力が高速ならば、HDDのデータ転送速度にかかる負担は少なくて済みます。ちなみに、データストックの目的ですので、Write性能は特に高くなくてもOKです。

以上ご覧の通り、遅いと言われるHDDもRAID0で組めば、安価なUSB3.0接続でもそこそこの速度性能は出せます。しかし、RAID0は何かトラブルがあった際に、全てを失うリスクと隣り合わせなので、バックアップ体制は必須です。メカ&システムトラブルのほか、人災を防ぐ目的でも、OSXのタイムマシンのような1時間ごとのバックアップが最適です。

今(2014年)は、3万円でWDのREDの6TBが買える時代になりましたから、HDD1台で全バックアップが可能になるケースも多くなりました。6TBであっても、アーカイバー&ライブラリアンのサーバのバックアップには足りないかも知れませんが、少なくとも作業端末の環境バックアップはできそうです。しかし、もしHDD単体の容量をバックデータ総計が越えている場合は、RAID0かJBODで複数のHDDを連結して、いわゆる「RAID0+1」「RAID1+0」のような全体像を構成します。タイムマシンを使うので厳密な0+1ではないですが、かなり高い耐障害性を発揮しますヨ。

私の場合、iMac本体の1TB、SSDの0.5TB、RAID0の4TB(2TBx2)=5.5TBとなりますから、バックアップは6TBで十分足りることになります。0.5TBしか余裕がないのに履歴バックアップをするのは一見不都合が多いようにみえますが、実際は全容量を絶えずギリギリ満タンで使う事は皆無なので(ギリギリになった時点でバックアップ云々以前に環境全体を見直す必要アリ)、全然大丈夫なのです。

なので、計画しているのは、4発のRAID箱に、SSD1台とHDD3台を組み込む構成です。そこそこお金がかかるで、2〜3ヶ月に分割して構成していく予定です。また、4個の記憶装置をシングルで使ったりRAIDを組んだりするので、ハコ側のRAIDではなく、OSX側でのRAID設定を使います。

ちなみに下図は、iMac 5KのFusion Driveを計測した結果です。ゴミ箱型のMac Proの内部SSDよりは劣りますが、十分速いですネ。



う〜ん。Fusion Driveって、具体的にはどういうカラクリなんだろう。後で調べてみよう。
 

Adobe Ink & Slide

Adobeの「デジタル」ペン&定規の「Ink & Slide」の使用ムービーがアップされ始めてますネ。私はiMac 5Kを買ったばかりで、さすがに手(金?)が回りませんが、使ってみたいツールの1つです。



三角のペン軸って、実は手に上手くフィットするので、意外に使いやすいんですよ。ステッドラーの色鉛筆やシャープペンで体感済みです。なので、このペンも持ちやすいのは想像できます。ネジレの効いた三角軸は興味津々です。

iPad用のペンは、あの「ぶっとい、フカフカしたペン先」が苦手な人も多いと思いますが、Adobeが送り出したこのペンは、どこまで「筆記具」ぽく仕上がってるのでしょうね。その辺も楽しみです。私はコヒノールの5.6mm芯ホルダーを以前から使っているので、ペン先がクレヨンのように太いのはあまり気になりません。ちなみに、コヒノールの5.6mm芯ホルダーは、鉛筆削りのような小休止が全く無い状態で描き続けられるので、スケッチにはもってこいです。



まあ、iPadの大きさは今のところ、絵を本気で描くには小さいサイズですが、噂される大型iPadが本当に発売されたら、また1つ、絵を描く(描線を入力する)手段の選択肢が増えるかも知れませんネ。

絵にとって「線を描く」は重要な要素ですが、例えばPhotoshop&タブレットで描いた、あらぬ方向に線がズレたり、ブレて揺れた悲惨な描線の絵も、


*絵で金を稼ぐ人のレベルじゃないよね。コレ‥‥。ただ、単純な図形で長いストロークの線ほど、スタビライズなしの「直タブレット描き」では不得意なのは事実です。

その後のツールの使い方やフロー次第で以下のように奇麗にフィニッシュできますから、



仮にAdobeのInkで多少の揺らぎがあったとしても、如何様にでも解決できると思います。
*上図はPhotoshop&Intuosである種「見せしめ」的に描いたもので、Adobe Inkで描いたものではないので、くれぐれもご注意ください。

PCのペンタブレット(Intuosとか)は線がブレたり軌道が外れたりして、「自分が下手になった」錯覚や屈辱感を味わう事も多いのですが、紙に描くダイレクト感がiPadのような身近なガジェットで手に入れば、ペンタブレットに馴れていない人でも、少なくとも「形」に関しては自分の思った通りに描けるようになると思います。

自分の描こうとする軌道に線が走っていかない状態は、柔らかい毛布の上に紙を置いて描いているようで、書き辛さ満点ですもんネ。その「絵描きにとって理不尽な状態」が解消されれば、ペンタブレットの印象も徐々に改善されていくように思います。

使いにくいツールで絵を描く状態が続くよりも、描きやすい環境が形成されていくほうが良いのは明らかです。Adobe Inkがどれだけのものか、レビューを見るだに楽しみです。

iMac受け入れ準備

先週注文したiMac 5Kですが、いつものアップルストアののんびりペース通り、ほぼ10日後くらいに到着する見込みとなりました。Amazonやヨドバシに馴れていると違和感を感じるゆったりペースですが、アップルストアでは毎度の事なので、気にしません。むしろ、受け入れの準備に時間を使えるので好都合です。

計画では、まず16GBのメモリ(8GBx2)を増設して、本体の8GBと合計で24GBにする予定です。Webでのスペック表示にもある通り、DDR3-1600のSO-DIMMなので、2年前のMac miniと同じタイプのメモリです。‥‥なので、Mac miniのメモリを外して装着してみれば、動作を確認できるので、購入は動作確認OK後にAmazonでおこなう予定です。Mac miniもiMacも簡単にメモリの脱着が可能なので、分解は不要で気楽です。

自宅の作業部屋は、日曜にあれこれ物品を大移動した結果、iMac受け入れが何とかなりそうな気配です。iMacの27インチは、多く流通する24インチ前後のHDサイズモニタよりも大幅にデカいので、置き場所を「iMacを主役」にして想定しなければなりませんが、もともと汎用の製図用の机をPC机として使っている事もあり、机上の物品をどかせばiMacを設置できる見込みです。ちなみにその製図机は、私がフリーアニメーターとして第一歩を歩き始めた頃(1987年前後)から使っているビクター製の机です。18〜19歳当時、まさか後に5KのiMacが設置される事になるとは、全く想像できませんでしたが‥‥。

iMac用の衣替えに合わせて、自作の作画机も使用可能な状態に復活させました。私はペンタブレットも使いますが、それ以上に紙と鉛筆(黒鉛・カーボン芯と言った方が良いか)を使いますので、紙の作画スペースは今でも重要な要素です。今まではモニターアームにより、PC&製図机の机上がクリアで、作画机でなくともLEDライトボックスで作画可能でしたが、スタンド型iMacをあえて購入したので(VESAマウントのiMac 5Kも売ってます)、机が使い物にならなくなる(=スタンドの足が邪魔になる)事を想定し、作画机を復活させたのです。

しかしまあ‥‥うーむ、iMacを設置すると、やっぱり色々と各所に影響が出てきます。


*部屋、上半分の図。順次、機能を追加していくと、こうなりがち…ですよネ。見取り図を作成して見ると、改めて、狭い事が冷静に実感できます。サーバを別室に移動できればもっと広く使えるんですが、自宅の事情ゆえ、制作会社のようにはいきません‥‥。

今回の件もそうですが、棚板を移動すると、妙に高さの狭い段ができて、「何に使えばいいの、コレ」みたいな薄いスペースが出来る事がありますが、私はまず「作画用紙」(=タップ穴がなく白色度の高い、線画原稿の用紙)の置き場として、さらにはiPadなどの板状のガジェットを定置する場所として、案外使い道はあると考えています。iPad2、iPad mini、iPad mini Retina、Kindle HDX 8.9、Kindle PaperWhite(初代)、Kindle(最近の3,980円で買えたヤツ)と、気がつけば板状ガジェットが増えまくっているので、薄い段は板状ガジェットの定置&充電スペースにはもってこいなのです。

私の部屋はツールや材料がひしめいていて、まるで「Uボート」の艦内のような狭さであり、iMacを受け入れるだけでも大騒ぎです。ただし、収まってしまえば、必要なツールにちょっと手を伸ばせばアクセスできるので、見た目はともかく、使い勝手は快適ではあります。

スプレーブースと隣接するPC机‥‥。粉塵を防ぐ措置はしているとは言え、1つの部屋に詰め込み過ぎなのは重々承知ですが、今は我慢のしどころと覚悟して、粛々と前進するのみです。

インク注ぎ足し

昨今のプリンタは、本体ではなくインクで「メーカーが稼いでいる」ような雰囲気があり、プリンタ本体を格安の4千円で買っても、インクカートリッジセットがプリンタ本体とほぼ同じ値段の3〜4千円するような状況であり、何か釈然としないものがあります。まあ、「0円携帯電話」みたいな事は昔からあるので、本体では利潤が少なくてもランニングコストで稼ぐ方法は理解できなくもありません。

しかし、そのランニングコストを抑えるのもまた、消費者の知恵ではあるので、私は最近は「詰め替えインク」をよく使っています。昔は、「ノズルの詰まりの原因」「色が合わない原因」となり、反ってコスト高になるような、低品質の「詰め替えインク」が多かったのですが、最近の製品は少なくともエレコムなどの数千円のものなら、純正と見まごうクオリティを発揮します。

例えば、実売価格4,000円以下のキャノンIP2700は、3色+ブラックの4色インクのプリンタで、4色とはまるで思えない奇麗な印刷クオリティを発揮しますが、やはりインクのランニングコストが悩みの種です。しかし、私はエレコムの詰め替えキットを使用していましたので、インクのランニングコストは3〜4分の1に抑えられました。仕上がりもひと昔の詰め替えインクとは雲泥の差で、モニタのオリジナル図像と見比べても上々な結果でした。
(注!:厳密な色校正には使えません。‥‥というよりも基本的に、4,000円のプリンタでは、「ほぼこんな感じ」という印象までしか再現できませんので(まあ、ディスプレイの発光物とプリンタの印刷物で色が完全一致するわけはないですが)、数千円のプリンタと詰め替えインクに過度な期待は禁物です。)

ただ、詰め替えの手順は、機種によって難しかったり容易だったり色々あるので、詰め替え(正確には「注ぎ足し」)作業に自分の時間を割く事のほうがコスト高だと感じる人は、シンプルにお金でコストを支払った方が良いでしょうネ。カートリッジを入れ替えるだけの手間に比べれば、インクの注ぎ足しはそこそこ、面倒な作業ですから。

現在私は、ブラザーとエプソンの2台の複合機を使っていますが(キャノンのは気に入ってたのですが、知り合いに譲渡しました)、ブラザーは非純正リサイクルカートリッジ、エプソンは注ぎ足しインクで、ランニングコストを下げています。エプソンの注ぎ足しキットは、チップの初期化をおこなう機器が同梱されている少々高価(4,500円前後)なものですが、次回はインク買い足しで済むので、まあいいか‥‥という感じです。

エプソンEP-806のインクカートリッジへの注ぎ足しは、カートリッジに何の加工もせずに注入できるので作業自体は楽です。「注入量は350滴」とか恐ろしい事が書いてありますが、実際は大まかにボトルの目盛りを見ながら注ぎ足せば良いので、特に難しい事はありません。注ぐ面(スクリーンのようなものが張ってある)を見てれば、溢れる前にストップできるので、状況が解りやすいです。

ただし、インクカートリッジは基本的には、インク注ぎ足しによる繰り返し使用に耐え得る耐久性では設計・製造されていないでしょうから、カートリッジがヘタってきたかなと思った時点で、潔くカートリッジを交換して、また注ぎ足し運用すれば良いすネ。

私は、制作現場でも自宅でも、出来るだけ近い未来にペーパーレスを実現したいとは思っていますが、ペーパーレスはまだコマが揃わないのと、例えペーパーレスになってもプリンタはちょいちょい必要になるので、インクのランニングコストは可能な限り(=支障が出ないレベルで)下げたいと思っております。

* * *

ちなみに余談‥‥ですが、私が制作現場でペーパーレスを実現したい理由は、インクと紙が勿体ないからでは全くありません。むしろ「必要なプリントはすべき」と思っています。そんな私の、現場をペーパーレスベースにしたい一番の理由は、「ドキュメントの更新と同期が困難」だからです。「先週お渡ししたプリントのうち、何ページと何ページを、今日渡すプリントと差し替えて頂いて‥‥」と、会議の度にやるのって、‥‥何かいつまで経っても進歩ないよネ。しかも、差し替え作業を各自に委ねるので、本当に差し代わっているか、保証は全くありません。面倒で手間がかかるのに信頼性は低い。

「全部、刷り直して渡し直せば、差し替えのミスなど発生しない」とか言う人もいますけど、そうすると旧バージョンのプリントと混在して複数存在する事になります。「だったら、前のは回収すれば良いじゃん」と言う考えが出てきますが、では、プリントに書き込んだ手書きのメモを、全部新バージョンに書き写させるのでしょうか? ‥‥そして新バージョンが出るたびに、メモの書き写しを会議メンバーに強要するのでしょうか? まあ、浅はかな考えですよネ。

プリンタが身近になった影響で、野方図にプリント類を発生させる制作運用になってませんか? 渡すほうはパソコンからプリントアウトすれば(コストはともかく)済むかも知れませんが、受け取る側はプリントアウトのバージョンが増えるごとに混乱するのです。会議を重ねるたびに、プリントの束が増えていく‥‥って、ちょっとオマヌケな感じがしませんか?

また同時に、管理側が「プリントを節約しよう」なんて喚起したところで、プリントアウトを抑制するソリューションが皆無では、現場感覚の乏しい五月蝿い小言に終始するばかりです。複合機のカウンタだけに目くじらをたてて、「数が増えている原因」に目を向けないのでは、解決するはずもないです。もし仮に‥‥ですが、プリントアウトを節約するために、1〜2年の新人にはプリントは配布しません‥‥なんて事が(ないとは思いますが)あったら、新人だけでなくヘッドの人間も大激怒ですよ。

とまあ、色々な角度から考えて、コンピュータネットワークが敷かれている現場であれば、共有ドキュメントはサーバに置いて、皆が1つのデータを端末で参照したほうが良いです。最新のドキュメントデータを皆で見て、必要があればタイムマシンのように過去バージョンも参照できて、もちろん、各個人ごとのメモ書きも端末操作によって手描き画像&テキストをオーバーレイできて保存できる‥‥みたいなシステムがこれから先は必要だと、少なくとも私は考えています。媒体となるフォーマットを何をベースにすべきか、または独自フォーマットを策定して運用するのか、まだ見えてはいませんが、必要だという事だけは肌身で実感しております。

ですから、コンピュータを導入した制作システムというのは、プログラマも身内として巻き込んで、コンピュータ関連リソースを「喰いまくる」意気込みで構築していくべき‥‥とは私は思うんですよネ。プログラムの仕事は、アニメーション制作でも「コンピュータを積極的に使い倒す」のであれば「四六時中」ありますから、仕事が絶える事がありません。実際、現在の私のツール開発ミッションは、4K映像開発でいっぱいで、手が回っていませんしネ。プログラムを導入してオンラインで制作運用して‥‥という体制に生まれ変わっていけば、プログラマの雇用費は他の「人の無駄使い」を削減した費用で充分まかなえるとも思います。アニメ制作を述べ何百人も使って作るような体制から脱すれば‥‥です。

ペーパーレスにする‥‥というのは、皆が自前のiPadを会議に持ち込むだけじゃ、まだまだ全然消極的でダメなんですよネ。インフラからシフトしていかないとネ。

あ、やば。詰め替えインクの話が、こんな話にズレとる。‥‥ではまた。

ゼンハイザーのヘッドセット

以前2,000円前後で購入したPC周辺機器メーカー製のヘッドセットのイヤーパッドが崩壊してしまったため(=ボロボロに粉々になる)、ヘッドセットを新調しました。イヤーパッドを交換すれば済む話かも知れませんが、とにかく音質が「不快なくらい悪い」ヘッドセットだったので、これを機に買い替えることにしたのです。

買ったのは「PC8」というヘッドセットで、メーカーはゼンハイザー、ヘッドフォンではお馴染みのメーカーです。ただ、老舗のメーカーとは言え、ヘッドフォンの本流から外れる「ヘッドセット」は「音は聞こえてればそれでイイ」とばかりに、周辺機器メーカーのと大差ないショボい音質かもしれない‥‥と、買う前から覚悟して購入してみました。ゼンハイザーがどれだけのものか、4,000円を賭けてみたのです。



商品が届いて、USBに差してMacOSXの環境設定で「Sennheiser USB headset」を選択し、実際に音を聴いてみると、何よりもまず最初に、「音楽的な」印象に驚きました。たまたまiTunesで「Tristan und Isolde」の前奏曲が再生され、「ヘッドセットじゃだめだろうな」と最初は見くびっていたのですが、例えば、チープな音質だと「蚊の鳴くような音」になりやすい弦楽セクションの音も、ふくよかな曲線を思わせる「真ん中から下」のニュアンスも拾っており、明らかに「ヘッドセットのイメージとは異なる音質」を出力していました。事前にカタログスペックをWebで調べて「42 - 17,000 Hz」である事(=あまりレンジは広くない)は確認しておりましたが、カタログスペック以上の「音楽的な雰囲気」をもっています。

日頃からAKGやSONYのスタジオヘッドフォンを使っていると、音の上下に余裕がないのは感じますが(つまりカタログスペック通り)、決してそれが弱点になっておらず、むしろ、聴き疲れしない方向にまとめられているのが、非常に好印象です。刺激的な高音が丸まっているのが、「コモり」のようなマイナス要素に感じられないので、「まあ、こういうのもアリか」という気持ちになるのです。ただ、管弦楽に限らず、ロックやポップス、ジャズなどにおいても、低音の「絶対量」は控えめに感じるので、iTunesですと「イコライザ」で低音を持ち上げると補えます。ただし、音楽の雰囲気はイコライザなしでPC8オンリーでも充分伝わりますので、私はイコライザ無しで聴いています。

音場は広くはなく、コンパクトな印象ですが、オンイヤー型としては標準的なレベルだと思います。オンイヤー型なので、耳への乗せ方のちょっとした差で、低音の量が変わります。とにかく「音圧重視」で、かつ、分厚い低音が必需品の人は、このPC8では物足りなくなると思いますが、でもこれ、ヘッドフォンじゃなくてあくまでヘッドセットですし、音声会話の待ち時間に音楽を聴きながら仕事に集中するには、充分な性能を持っていると思います。

以前の周辺機器メーカーのヘッドセットは、とても音楽を聴く気にはなれないものでしたが、ゼンハイザー製のPC8は普通に音楽鑑賞が可能なのがまさに「ヘッドフォンメーカーとしての面目躍如」と言った感じです。マイクを回転させて収納してしまえば、普通のヘッドフォンの見た目に近くなりますしネ。少なくとも、私が今まで手にしたUSB接続タイプのヘッドセットの中では一番良いです。

ちなみに、イヤーパッドはいつかは必ずボロボロになるものですが、ゼンハイザーのオンイヤー型「PX100」のパッドがソニーの「EP-G2」で代替可能な事から、このPC8もEP-G2でイケると思われます(=未確認)。純正イヤーパッドだと1,500円前後しますが、EP-G2ですとヨドバシカメラの即日配達・送料無料で260円くらいで買えますので、イヤーパッド交換に関しては心配しなくても良さそうです。

MacBookスタンド

MacBook Pro 15インチモデルをデスクトップマシンとして使うスタンドを自作してみました。ホームセンターで売っている安い端材でチャチャッと仕上げました。

以前から書いている通り、最近のMacBookは16GBのメモリを実装したモデルだと、デスクトップ機にひけをとらない処理能力を持つので、「デスクトップ機として使えるように」と、縦置きするスタンドを作ってみました。15インチのMacBook Proをベタッと机に置くとひどく邪魔なので、縦置きにすれば机の隙間に収納できます。折角のRetinaディスプレイは確かに繊細ではありますが、作業するには15インチは小さいので、蓋を閉じて外付けのディスプレイにつなぐ事にします。

こんな感じに。



要は、「最小まで閉じたブックエンド」を作れば良いわけですネ。100円の端材を3つ買ってきて、以下のように組みました。MacBookの厚みに合うように寸法合わせさえ慎重にすれば、後は電動工具で簡単に出来上がります。



木材のささくれは刺さると痛いのでヤスリがけして除去して、MacBookの触れる部分にはフェルトシートを貼り付けてあります。塗装とかオイルフィニッシュは面倒なので一切無し。買ってきた端材を切りもせず、単に組み立てただけなので、工作時間は正味15分くらいでした。お店で端材を「あーでもない、こーでもない」と選んでいた時間の方が長かったくらいです。ちなみに、直立しているパーツの側面に波の加工を施してあるのは、特に何の理由もありません。買った端材がもともとそうなってたからです。

材料代は、端材3つ(檜なので良い香り)300円、フェルトシートは600円とお高いですが使うのは半分以下なので300円程度、サラ木ネジはストックしてあるユニクロームのものを4本、仮止めに使ったボンドもストックなので特に出費無し‥‥で、総計600円前後といったところでしょうか。フェルトシートは100円ショップの安いのを買ってボンドで接着すれば200円はコストダウンできますネ。



フェルトを貼っておくと、MacBook表面にキズがつくのを防ぐばかりか、伸縮してガタつきを抑える効果もあります。下の写真のように、しっかり密着して、MacBookを支えます。



今回の工作で使った電動工具は以下。左上の小皿はたまたま写ってしまったもので(プラモの塗料皿)、工作には関係ないです。



真ん中の青い電動ドリルはタミヤ製の「電動ドリルキット」ですが、これがまた隠れた逸品で、見た目のチープさに反して、色々な場面で活躍しております。今回はネジの下穴をあける為に使いました。左の白い電動ドライバーは、ホームセンターで800円前後で売ってた乾電池式の簡素なもので、下穴加工済みの穴に木ネジをネジ込むくらいのトルクは充分あります。右のはリョービのドリルで、サラネジの「サラ受け」加工に使いましたが、特にコイツを持ち出さなくてもデザインナイフで可能です。いずれの電動道具も「短時間で作業を済ませる」ためのもので、手動でも手間と時間は増えますが可能です。



うむ。雑な加工ですが、雑然とした自宅の作業場で使う用途なので、今回は気にしません。大径のドリルを使えばサラ受けの加工も1カ所3秒で済みます。

このスタンドを作ったお陰で、MacBookを定住させる場所が出来ました。ケーブル類は全て奥側(MacBookの左側)に集約し、右側の端子(USB, HDMI, SDカードスロット)は前面端子として任意の接続に使います。2つあるThunderbolt端子はギガビットの有線イーサネットとD-sub(モニタの端子がそれしか空いてなかったので)変換コネクタを接続、USBは切り替え機を経由してキーボード、無線マウス、タブレットに繋がっています。

今までの私の感覚(映像制作用途)ですと、「ノートパソコンなんて、移動用のその場凌ぎで、長期的には大して役に立たない」とナメてましたが、i7/16GBメモリの高性能に加え、デスクトップマシンとしての置き場所も確定したことで、すっかり認識が逆転、頼りになるセカンドマシンになりました。

以前のCore2DuoのMacBookは買った当時からイマイチなヤツでしたが、今回のi7+16GBのMacBookは、ホントに使い物になりますヨ。最近の「新生」Vaioとかの上位モデルのスペックを見ても、今でもノートパソコンは二流の性能をあてがわれるんだな‥‥と気の毒になりますが、MacBookの15インチは「どんどんレンダリングをブッ込める」大した性能に仕上がっています。2.8Kの本体モニタ、外部に2.5Kモニタを2台同時接続可能、もしくは4Kモニタにも繋げて、20GbpsのThunderbolt2の超高速RAIDも接続できる‥‥という、ふとスペックを見れば、デスクトップマシン相応のスペックをMacBookは誇っています。‥‥とか書くと、「Mac信者」とか言われるんだろうけど、実際のところ、使い物になるマシンをチョイスしているだけなんですけどネ。ちなみに私はWindowsをMacにインストールして、MacもWinも使ってますし。
*Macに限らず、「信者」っていう言葉を持ち出して他人を中傷する人って、往々にして、そのヒト本人が何かの「信者」であって、ゆえに「宗教戦争」をしたがるんですよネェ。もっと、自由になればいいのにネ。

最近の高性能なMacBookを使っている人は、自作でスタンドを作って、デスクトップマシンとして使うのは、結構イケるのでオススメですヨ。


calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM