充電しながらUSBでAstroPad

iPad Proを液タブに変えるAstroPad。当座、手元のiPad Proを使いまわせるので、重宝するソリューションですが、WiFiとUSBならばUSBのほうが品質が高いので、できるだけUSBで繋いで使いたいです。

 

しかし、昔のiPodなどに比べて高い電力を必要とするいまどきのiPhoneやiPadは、USBハブで簡単に電源が供給できるようなカワイイ端末ではありません。12.9インチのiPad Proともなれば、通常のセルフパワーUSBハブでは電力供給はおろか、維持もできず、バッテリーが減り続けます。バスパワーは論外。

 

USBハブは、昔からバスパワーとセルフパワーがあり、一番わかりやすい識別点は、電源アダプターの有無です。USBハブに電源ケーブルを差していない場合はバスパワーです。

 

バスかセルフかの見分けは容易ですが、各ポートの給電能力は見た目では判断できません。少なくとも私のUSBハブは電力が足りずに、どんどんiPad Proのバッテリーが減るばかりでした。

 

たとえセルフパワーでも、各ポートにどれだけの電力供給が割り当てられているかがポイントです。

 

USB充電とUSB通信を兼ねるハブに交換する

 

実際「USBハブにUSB高速充電ポートを追加した製品」も販売されています。

 

‥‥が、その充電ポートは充電専用で、通信はできないポートであることが多いです。‥‥というか、私の探した限りでは「高速充電と通信が同時に可能!!」と謳う製品は見つかりませんでした。充電ポートと通信ポートが分かれている製品ばかりです。

 

虎穴に入らずんば虎子を得ず。

 

ダメもとで、「高速充電ポート付きのUSB3.0ハブ」を買ってみました。コレ。

 

 

 

メーカーは知らんです。まあ、アジア生産圏でよくある感じですネ。

 

で、早速接続。

 

「SmartCharging」の赤い高速充電ポートは‥‥やっぱりダメでした。USBで通信できていません。

 

iMacとiPad双方でUSBの通信を認識できないので、別の通信方法(WiFiね)を求められます。

 

 

 

 

まあ、こうだろうな‥‥とは覚悟していたので、あまり落胆はしませんでした。

 

次に青い普通のポート。通常ポートでUSBの通信ができなければUSBハブではないので、もちろん通信OKでした。問題は電力供給。

 

事前の作業で10%まで減っていたiPad Proの電力が、徐々に復活して11, 12, 13%...とゆっくり増えています。高速充電ではないですが、充電できるようです。

 

つまり、作業中にどんどん減ることはなく、むしろゆっくり充電もしてくれることがわかりました。

 

そのままUSBで接続して放置し、現在100%まで復活し、以降、100%を維持して減っていません。

 

目標達成。

 

iPad Pro 12.9インチ(初代のモデル)とiMacでUSB通信しながら、iPad Proに充電も可能なUSBハブへと交換できました。

 

USB-CのiPad Pro 12.9 第3世代でも、「充電されていません」とは表示されないので、多分大丈夫‥‥なんじゃないかな。

 

 

 

しかも、iPad Pro 12.9の初代と第3世代の2つを繋いでも、電力供給できているようです。

 

製品説明で「5V 3000mA」という電源仕様が、各ポートにも分配されて反映されているんでしょうかね? 内部事情はわかりませんが、12.9を2台同時に繋いでも、通信が可能で、バッテリーが減らずに維持できている様子は、確認できました。

 

よかった‥‥。無駄金にならずに、うまくいってくれて。

 

 

 

無駄金になることはそこそこあるんよ。

 

最近では、Amazon Fireの有線LAN化に失敗したし。

*なぜ、わざわざFireを有線にしなければならないかは、色々と事情がありましてね‥‥。

 

今回はうまくいって、よかった。

 

USBハブの各ポートが何Aかは事細かく説明していないUSBハブも多くて、今回は「賭け」でしたが、うまくいきました。

 

MacとiPadを繋いで、通信しながら充電する方法は、今回のようにハブの仕様にかかっているので、一応、iPad Proの情報として共有しておきますネ。

 

あとは、ケーブルにも気を使うことも必要です。LightningケーブルならMFi(Apple認証)仕様が必須ですし、USB-Cは充電専用ではなく通信も可能なケーブルが必要です。MFiではないケーブルや、充電専用ケーブルは格安ですが、リスクを覚悟して使わないとイタい目に会うこともあります。

 

MFiではないLightningケーブルは、以前知らずに「安い〜〜!」と買ったことがありましたが、どの非認証ケーブルも現在はほぼ全滅状態で、しかも「なぜ充電できなくなったんだろう?」とトラブル克服の時間まで浪費します。

 

コンピュータって、人間と同じように、色々大変なのです。

 

 


AstroPadの日々

液タブが無いなら無いで、AstroPadで作業を進めて、色々と工夫するうちに、独自の使い勝手向上が見えてくるものです。

 

Harmonyはオプションコマンドのコンビネーションで回転操作ができますが、AstroPad Studioの「2本指ジェスチャー」を装飾キーに割り当て「Command」「Option」の両方をアクティブにすれば、キーボードに触れずに自由に描きやすいようにキャンバスを手早く回転できます。

 

*下にタップがあるのが、欧米流?

*赤い2つの点は、2本指です。空いた手の2本指でタッチしたまま、Apple Pencilのペン先で自由角度に回転できます。

 

 

 

工夫ではどうにもならないこともあるけど、工夫でどうにかなることもあります。

 

でっかい液タブがあれば、そりゃあ良いけど、無くて不満を漏らし続けても、しょうがあんめい。

 

Harmonyがなくても、After Effectsでカットアウトを続けてきた日々は、決して無駄じゃないですもんネ。

 

AstroPad Studioが存在するだけで、可能性はグンと広がります。

 

 


サイドカーに乗れなかった。

新しいmacOSとiPadOSの目玉、「サイドカー」を使うべく、いち早くパブリックベータを、MacBook ProとiPad miniにインストールしたところ、

 

MacBook Pro 2014は、対象外

 

‥‥ということが発覚し、サイドカーには乗り損ねました。

 

くきき‥‥。

 

まあ、2014年といったら、もう5年前ですもんネ。

 

‥‥ふと、家のiMac 5Kも初代ゆえに2014年で、対象外だとわかりました。

 

うひー。

 

 

 

そうか。ついにその日が来たか。

 

まあ、しょうがない。昔は2〜3年サイクルでしたから、5年もよくぞ頑張ってくれました。

 

とは言え、秋には小更新があるやも知れませんから、今すぐに買うのはヤメときます。iMac 5Kを買うにしても、もうちょっと先にしておきます。

 

iMac 5K Late 2014は今でも自宅で使うぶんには全く不足を感じないので、サイドカーのためだけに今買うのは慌て過ぎ。

 

とりあえず、最新のiMac 5Kをi9にBTOするなど盛ってみたら、38万円でした。(メモリは別買で、後で自分で増設するのを想定)

 

 

 

これは中々なもんですネ。簡単にホイホイ買えるもんじゃないです。個人とはいえ、事業計画をちゃんと立てないと。

 

MacBookのほうは、しばらく買うのを止めようと思います。仕事でモントリオールに行った時に活躍しただけで、他は何も役にたってなかった(=私の仕事柄で)ので、買えば20万を超えるMacBook Proはとりあえず買い換えずに使い続けます。

 

 

 

しかし、そうなると、ただ単にむやみにフライング状態となってしまったカタリナとiPadOS13のやり場に困ります。

 

なので、AstroPadをインストールしてみました。

 

 

 

そうか。AstroPadの立場はどうなるかと危惧していましたが、

 

旧機種救済枠

 

‥‥だったのですネ。昔のMacを使い続けたい場合は、AstroPadの選択肢がまだある‥‥ということです。

 

 

 

秋になれば、普通に正式版のmacOSとiPadOSも出ますし、仕事場の環境は正式版を待って、状況に応じてサイドカーとAstroPadを使い分ける方針が良いかなと思います。

 

WiFi経由というのは、実はちょっと書き心地に不安があって、それも試したかったのですが、まあ、しかたない。

 

秋まで待つ。

 

 

 

都合、最新のiPadOS13となったiPad miniは、そのまま使い心地を試します。秋までそのままで。

 

iPadは、miniでもProでも気軽に絵を描けるのが楽しいです。

 

ZENブラシでテキトーな絵をファミレスで描くのが、セルフカウンセリングのようになっている今日この頃。サイゼリアのBGMで「ラララ、ライライライライ、」みたいな歌が流れてますが、どんな人が歌っているのか、意識をできるだけしないで(仕事とか人の目とかヌキで)iPad miniとApple Pencilで描いたりします。

 

いーかげんな想像で、いーかげんな筆致で。

 

 

こういうテキトーな絵を山ほど描いても、紙を無駄にしないiPadはいいね。

 

また、以前に紙で描いた絵をスキャンし、iPadで書き加える(書き換える)こともできます。

 

以下は20年くらい前(90年代後半くらい)に鉛筆で描いた何かのアイデアスケッチを、最近iPad Proで書き加えたものです。部分的に消しながらProcreateのペンで描きなおしていきました。

 

*かすかに20年前の鉛筆線が残る絵。昔の自分の絵をスキャンしてiPadで描き直してみるのも、なんだかしみじみと感慨深いです。

 

 

こういうのを「スケベコスチューム」と私は呼んでますが、「SFっぽく見せて、実は女体が描きたい」という作画意識自体が、何だか懐かしい今日この頃です。若い頃は、何かとねえ‥‥。

 

現在だと「乳袋」が相当しますかネ。‥‥やっぱり、実は何が描きたいのか、SFや学園っぽく蓑を被っても、同業者からすれば丸わかりなわけで。‥‥意識は絵に表れるものです。でも、いいんじゃないすかね。好きなものを好きと思って、描きたいと嘘をつかずに描くのは。

 

ちなみに「新筆」とか描いているのは、ペンのプリセット名です。良いペンプリセットができたら、それだけで絵を描きたくなりますネ。

 

仕事だ趣味だと、多くの人は絵を描くのですが、なんだかんだ言っても、絵を描くのが楽しい!‥‥と本人が正直に思える根元がないと、辛くなってきます。

 

私は小学生の頃から絵を描いているので、40年以上になるわけですが、やっぱり絵を描くのは楽しいものです。寿命だけが足りないです。

 

iPadは絵描きにとって、楽しいものなのです。

 

 

 


ペンに妥協せず

ペンタブに持ち替えて作画をするのなら、ペン(ブラシ)の設定は徹底的にやりましょう。めんどくさがって安易に妥協してはなりません。

 

おそらく、「ペンタブなんて使い物にならない」という人の多くは、まともにペンのプリセットを完了していないのではないでしょうか。もし現実世界で、妙に感触の不安定なペンや鉛筆〜例えば、いきなり濃く描けたかと思えば、線が途切れたり、薄墨のようにグレーになったり‥‥では、いくら生の鉛筆やペンでも「使い物にならない」でしょう。

 

コンピュータのドロー(絵描き)ソフトウェアには様々な設定項目があり、製品出荷時のプリセットがそのまま全部、自分にピッタリなんてあり得ません。何らかの調整が必要です。

 

ぶっちゃけ、自分に合うペンの設定に1日費やしても良いくらいです。それほど、ペンの設定は重要です。

 

描けないペンで絵を描く‥‥なんて、笑い話みたいなものです。描けるペンで絵を描くのが、当然の成り行きです。

 

私のToon Boom Harmonyの事始めは、ペンの設定を、使い慣れたProcreateの自分のプリセットに似せるところから始まりました。線一本、自由にコントロールできないようでは、どんなに高機能でも「持ち腐れ」です。

 

自分の筆圧にピッタリとフィットしたペンのプリセットを作れたところで、ようやく、スタートです。テクスチャ付きのベクタートレスは実に素晴らしく、描線の線質から作品のアイデアさえ生まれそうです。

 

クリスタも全く同じで、ペンの設定を自分の体や作品の作風に合わせてこそ、自由な描線を思う存分描くことができます。

 

 

 

エレキギターみたいなもの‥‥ですネ。

 

通販で買って届いたギターが、そのまま自分に最適な状態であるわけもなく、「要調整」でしょう。

 

私はエクストラライトゲージを愛用しており、出荷時に張られた010や009は硬く感じるので、すぐに008に張り替えます。全てのフレットで十分なサスティンが得られ、かつ弦高は低めで指板に触れるだけで音が出るのが良いので、ブリッジは下げたいです。センターピックアップは、フロントとセンターのハーフトーンは欲しいものの、ピッキングの邪魔になるので、やや下げ気味にします。用途(音楽のジャンル)に応じて、フロントとセンターのピックアップの高さは変えます。

 

もちろん、オクターブピッチは新品の弦で調整します。Fender系トレモロアーム(シンクロナイズド)やロックアームの場合、弦の太さでブリッジが引っ張られる力も変わりますから、スプリングのテンションに応じて、バネの本数や差し込む穴の位置やフックの位置(スクリューのねじ込み加減)を変えます。さらには、故意にスプリングを弱くして5本全部付けて、共鳴の条件を増やす‥‥なんていうチューンもありますネ。(私はだいたい3本のままです)

 

弦もエクストラライトゲージのセット(008〜038)ではなく、008からスタートし042で終わる(弦ごとにバラ弦で大人買いし、1〜6弦の太さを自由に組み合わせる)のが私の好みです。まあ、今は本業が忙しく面倒なので、セットを買いがちですが。

 

 

*ギター調整の話は、書きだすと止まらないスね。‥‥それだけ、調整箇所が多いということです。調整次第で、演奏性も音色も大きく上下するので、とても重要なのです。

 

 

「演奏する道具の主役」のギターを、一切無調整で使う‥‥‥‥なんて、ある程度の経験と知識があれば、ほぼないですよネ。

 

同じく、「絵を描く道具の主役」のペンタブとドローソフトを、一切無調整のままで使って、思い通りの「プレイアビリティ」なんて得られるわけないです。

 

「でも、ペンの設定って、わけがわからない項目が多いじゃん」

 

たしかに、ペンのプリセット項目は高機能なソフトになればなるほど増えるんですが、それは「マニュアルを調べれば解る」ことなので、面倒くさがらずに1つずつ「設定項目のナゾ」を潰していきましょう。

 

 

 

ギターの音色がそうであるように、ペンにも様々な表情があります。20年近く、アニメ業界は二値化トレスの均一な描線に支配された感がありますが、もともと描線は様々な表情をもちます。

 

ゆえに、自分好みの設定‥‥と言っても、実際、「自分の描線とはいかなるものか」を自覚できていなければ、自分好みの設定がそもそも不可能でしょう。

 

自分の描線を拡大して分析したことはありますか?

 

400〜600dpiでスキャンした自分の鉛筆線を、iMac 5Kなどの4K以上のモニタでまじまじと眺めれば、自分では自覚していなかった「自分の線」を改めて認識できます。自分が描いた線の「本当の姿」を高密度ディスプレイで見ると、おそらく、多くの人が「我ながら感動」するでしょう。

 

こんなに「繊細」だったのか‥‥と。

 

ですから、ペンの設定を、自分の線、さらには「作品の作風を体現する」線にチューンするのは、実は様々な経験と知識が必要です。

 

しかし、経験と知識なんて、得ようと思って一度に手に入るわけがないです。

 

むしろ、試行錯誤して、進化の段階ごとに表れる「描線の変化」を楽しむくらいの余裕で良いと思っています。それが「時代の味」ともなるのです。

 

 

 

コンピュータのプリセットに自分が合わせるのではなく、コンピュータのプリセットを自分に合わせましょう。道具を自分流にカスタムして愛でるのは、どんなシチュエーションでも同じ。‥‥ですネ。

 

 


AstroPadを快適に使うために

AstroPadはレイテンシーを「見かけ上」感じさせない工夫がウリの、「iPadをペンタブに変える」嬉しいAppです。

 

https://astropad.com

 

しかし、インストールしたままでいきなり使い始めても、使いにくく感じることもあります。以下の点をチェックしてみましょう。

 

●USBで繋いでいるか。

 

ごく普通に考えて、WiFiのレイテンシーはかなり大きいことが予想されます。いくらAstroPadが「レイテンシーを感じさせない工夫」を有していても、WiFiではレイテンシー=時間差による不整合がいくらでも発生するでしょう。

 

以前、WiFiとUSBの両接続を試してみましたが、WiFiは最高品質の画像ではかなり画像の書き換え動作に問題がありました。絵を描く際に、画像の表示が汚いのは避けたいので、以来、USBの接続で作業しています。

 

 

●AstroPadの筆圧設定は、自分に合っているか。

 

AstroPadは、Wacomのソレと同じく、筆圧設定が可能です。

 

筆圧が自分に適合していないと、それだけで「反応が遅く」感じます。私は軽い筆圧でスラスラ描ける動作が好みなので、AstroPadの設定では軽め(反応が敏感)に設定します。

 

自分に合った筆圧、かつ、やや軽めで敏感にしておくと、Photoshop CCなどの動作が重めのレタッチソフトでも、ブラシでスイスイ絵が描けるように体感します。

 

 

●ソフトウェア側の筆圧関連は、適切か。

 

クリスタやHarmonyのように、かなり細かいペン(ブラシ)の設定が可能なソフトウェアの場合、AstroPad側だけでなく、ドローソフト側でも筆圧に関する設定を最適化します。

 

AstroPadと同時にドローソフトを新規導入した場合、AstroPadだけの設定でなく、ドローソフトの設定も自分に合わせて作り込みましょう。AstroPadが使いにくさの原因だと思っていたものの、実は見当はずれで、ソフトウェア側の設定不備だった‥‥なんていうオチも往々にして存在します。

 

ドローソフトのペン(ブラシ)プリセットを自分好みに設定できれば、AstroPadの操作感も向上します。

 

 

●macOS側のCPUやメモリ使用状況に、十分に空きがあるか。

 

CPUがビジー状態で、メモリも空きがなければ、AstroPadの有無に限らず、ドローソフトの動作は鈍くなりがちです。

 

CPUの使用状況やメモリの空きがいつでも確認できるように、macOSのメニューバーをカスタムしましょう。

 

 

上図はグラフでCPUの使用状況、数字でメモリの使用状況を確認できるPreferencePanes〜常駐のソフトウェアです。

 

macOS標準装備の「アクティビティモニタ」でも、メモリやCPUの使用率が確認できますので、動作がトロいと思ったら、Macの状態も確認して総合判断します。

 

*上図の状態は、CPUを全然使ってない状態です。忙しくなると、このメーターがにぎやかになります。

 

 

 

‥‥と、どれも基本的な事ばかりですが、意外に見落としがちな要素でもあります。

 

特に、AstroPadの筆圧設定が未設定ですと、かなり描きにくく感じます。筆圧の齟齬が、反応の遅さとして感じられることもあります。

 

ちゃんと設定しておけば、Photoshop CCでも普通に絵が描けるほど、軽快に動作してくれます。

 

Wacomの4Kタブレットを導入できる資金や機運を待つ間に、AstroPadでどんどん絵を描いて、どんどんペンタブとコンピュータの運用に慣れて、「未来技術への移行」を円滑に進める準備をしておきましょう。

 

 


AstroPadの筆圧設定

筆圧。

 

書き味に直結する、極めて重要な設定項目です。

 

macOSとiOS、システム環境設定とソフトウェア環境設定‥‥と、いろいろな「筆圧を制御する」管轄が存在するので、今まで経験を積んだ人でも、戸惑いがちです。

 

状況によっては、「二重筆圧」になって筆圧が今までのようにコントロールできず、混乱することもあります。

 

■AstroPadの筆圧設定

 

■クリスタ(macOS版)のペン(ブラシ)プリセットごとの設定

AstroPadとクリスタの両方を自分の筆圧感度に合わせてしまうと、筆圧が「2倍」になってしまいます。上図の例だと、AstroPadとクリスタで二重で感度を強くしているので、実際に描く際に感度が敏感すぎて「筆圧が効かない」ように錯覚することがあります。

 

 

例えば、Clip Studio、クリスタ。

 

クリスタは、ペンのプリセットごとに筆圧を設定できる秀逸な機能をもちますが、ペンタブの筆圧をメインと考えて最初に設定し、クリスタの筆圧は二番目の補助設定として扱うのが定番です。

 

*クリスタでは、ペンの「個性」として筆圧カーブを変更します。根本的な感度を調整するのはあくまでペンタブ側のドライバ(やApp)で、クリスタではペン(ブラシ)固有の感度を調整するものとして扱います。

 

ペンタブそのものの筆圧設定は、クリスタだけでなく、他のソフトウェア共通の筆圧設定となりますから、「筆圧設定の順序」を明確に定めて設定すれば、ソフトウェアごとに自分に適した使いやすいペンのプリセットをいくつも作ることができます。

 

逆に、クリスタの筆圧設定を先に設定して、後からペンタブの筆圧を設定すると、クリスタ以外の他のお絵かきソフトの筆圧が、クリスタに引き摺られて、筆圧の基準が定まりにくい状況を招きます。

 

AstroPadを使う場合、Wacomのペンタブ設定(システム環境設定)と同じ内容を、AstroPad側で「まず最初に」設定する必要があります。

 

●試し描きをしながら、まず基本となる筆圧をAstroPadで設定。

 

 

*iOSのAstroPadで筆圧の基本動作を設定します。

 

 

AstroPadはWacomのドライバと違って、macOS管轄ではなく、iOSの環境設定でもなく、AstroPad独自の環境設定で筆圧の設定をおこないます。

 

AstroPadをインストールしていきなり描き始めるのではなく、まず最初にAstroPadで自分の筆圧に合わせた設定をした後で、各ソフトウェアの筆圧に関する設定項目を調整していきます。

 

Harmonyですと、フローと不透明度の筆圧レンジを適宜変更して、ペンやブラシごとに「筆圧に対する個性」を設定可能です。もちろんクリスタやPhotoshopでも(設定項目の呼び名に多少の差はあれ)同じことが可能です。

 

*筆圧で線の太さ細さはコントロールしたいけれど、不透明度への影響は90〜100%の狭い範囲にしたい‥‥など、ユーザや作品に合わせて、自由に設定できます。個人の筆圧を反映するというよりは、ペン個体の個性を、ペンのプリセットではコントロールします。

 

 

まあ、クリスタに関して言えば、AstroPad経由でmacOS版のクリスタを使うよりも、iOS版のクリスタを使った方が、格段に快適です。描画速度もモーションプレビューもペンの反応速度も速いので、iPadでクリスタを使うならiOS版が最適解です。

 

何らかの理由で、AstroPadを使うのなら、筆圧設定で何度も試し書きして、自分に合った筆圧を確定したのち、各ソフトのプリセットに進めば良いです。有線(USB)で繋いで、自分の手に馴染む筆圧設定を完了すれば、仕事に使えるくらいには調整できます。

 

4K32インチの液タブ!‥‥といきたいところですが、まあ、お値段がお値段ですので、今はiPad Proで経験を積んで備えます。

 

 


クリスタとキーボード

クリスタとキーボードは切っても切れない関係です。ドローソフトとアニメーションソフトの二面性を持つのならなおさら、iOSになったからといって、ジェスチャーだけでは基本機能すら網羅できません。

 

iPad Proでクリスタを使うには、キーボードは必須のアイテム。

 

私はいくつかBluetoothのキーボードを色々な場所(持ち歩きも含めて)で使っていますが、クリスタで作画する机でiPad Proに割り当てているのは、ロジクールのK380

 

*色は黒、青、赤の3色から選べます。

 

左上の3つのボタンで明示的に3台のiPadやiMacやWindowsPCを切り替えられるのが特徴です。電源はアマゾンやパナソニックの普通の充電池で動作するので運用コストも安価です。

 

iPadで本格的にプロの作画作業をすると、1台のタブレットPCだけでは設定や参考資料を見るのに不足してきます。私は自分ながら過度とは思いますが、机の上にはiPad Proの他に、Fire7と8、iPad Airと無印iPadの計4つが机の上にセッティングしてあります。もちろん、固定しているわけではないので、1分もあれば、机の上から全台のiPadとFireを避けることも可能です。

 

そうした複数のタブレット端末を使っている際、1つのキーボードで3つの端末を選択できるのは、かなり便利です。まさか、タブレット端末の数だけキーボードを揃えてペアリングするわけにはいきませんよネ。かと言って、その都度、ペアリングの解除と接続をするのも面倒この上ないです。

 

まあ実際は、iPadにしろFireにしろ、ほとんどの操作はジェスチャと画面キーボードで事足りるのですが、クリスタを使う場合には必須です。

 

なので、どうせ机にキーボードを常備するのなら、作画用途以外のタブレット端末でもテキスト打ちに兼用できれば、環境の柔軟性も向上します。

 

 

 

K380に限らず、無線で軽量でコンパクトで場所を選ばないiOS対応キーボードはいっぱいありますから、もしクリスタを使う場合は買っておくと躓かずに済みます。

 

また、いざとなればiPadはUSBも繋げるので、USBハブで分岐させたのちに、USBキーボードを繋いで、無線LANが不安定な場合は有線LANアダプタも繋いで有線化し、さらにはUSBオーディオインターフェイスやミキサーも繋げて、「プチパソコン」のようにも使えます。まあ、iPadの機動性はいかにも薄くなりますが、机に固定されるのはUSB部分だけですので、iPadを持ち出す場合はLightningコネクタからUSBアダプタを外せばサクッと身軽になります。

 

Apple純正の「カメラアダプタ」、実際はUSBアダプタになるのが、こちら。Lightningの充電口も確保されているので、バッテリーを気にする必要がないです。

 

 

私は、有線キーボードを使うと机が一気に煩雑になるので、キーボードはBluetoothでまかなっています。サブの常駐iPadの中は、有線LAN、USBミキサー、USB鍵盤を繋いでいるものもあります。

 

*ちょっとしたアイデアスケッチに気軽に使えるコルグのナノシリーズ。随分前から愛用してます。

 

*ヤマハのAGシリーズは、ヘッドフォンアンプとしても重宝します。

 

*無線LAN(WiFi)が異様に不安定な場合は、有線でiPadに繋げる方法もあります。Lightningではおそらく(あくまでおそらく)100baseまでしか対応していなかったと記憶するのですが、100baseでも数十ギガの映像ファイルをやり取りする用途でなければ、今でも十分現役です。

 

 

クリスタをiPad Proで使うにはキーボードが必要ですが、クリスタでの作画仕事以外にiPad Proを色んな用途で使う場合には、色々な手段や選択肢がありますので、iPad Proを所有しているのなら、「絵以外の趣味やクリエーション」にもチャレンジしてみても良いですヨ。

 

 


iPad版のクリスタ

すっかり言及しないままでしたが、クリスタにはiPad版もあります。

 

 

 

EXで月額980円ですが、1年一括払いだと7800円に割引されて実質月額650円です。

 

つまり、

 

MacOSやWindowsでクリスタEXで月額500円。

iOSでクリスタEXでサブスクリプション月額650円。

 

月:1150円

年間:13800円

 

‥‥という恐るべきコストで、プロ仕様の仕事ができてしまうわけです。

 

雑な計算をしますが、10年使っても、138000円です。iOSとデスクトップOSの両方で10年138000円(正確にはMac/WinのクリスタEXライセンスの買い切りがあるのでもっと安いですが)で済むのは、フリーランスの個人作業者の現実的な選択肢でしょう。

 

アニメーション用ソフトウェアには1ライセンス16万円のソフトもありますが、私の今までの経験では、ライセンスを買って10年全く追加費用を要求してこなかったプロ用ソフトウェアはないので、たとえ16万円払っても、「生涯0円」で済むとは思えません。

 

 

 

で、iPad ProとiOS版クリスタEX。

 

AstroPadとmacOSに比べて、iOSネイティブで動作するので、やっぱり、ペンストロークのキレが違います。iOS版だと、6000pxくらいある原画もモタつくことなく描けます。動画のリアルタイム再生も問題なし。(再生設定は変更してください)

 

冒頭のスクリーンショットは、5849pxもの横幅になりますが、全然、作業OKです。問題なし。

 

もし、macOS版のクリスタでモタツキを感じたら、AirDropでiPad Proに送って、続きをiPadで描けば良いです。もちろん、タイムラインの情報もclip形式ですから保持されます。

 

iPad版の弱点は、レイヤーウィンドウやサブツールを常時表示しておけないことですが(画面が狭くなるから)、絵を描くことだけに徹すればあまり気になりません。細かい編集は、macOS版に移動して継続できますしネ。

 

 

 

なんだか、ここ数日でいくつも点が結び合って、今後の作画作業スタイル(カットアウトではなく、旧来の原動画における)の立体像が浮かび上がってきたように思います。

 

macOSやWindowsでクリスタのアニメーション機能に慣れれば、iPadのiOS版クリスタでも同じ知識と経験が継承されます。もしかしたら、この「作業ネットワーク」は今後のブレークスルーになり得るかも知れません。

 

そう思えるほど、今までバラついていた要素が、まとまり始めた実感を感じます。

 

後日、Procreateとクリスタの連携方法など、実地で経験した色々を、このブログでも紹介したいと思います。書き味の俊敏なProcreateで絵を描いて、同じiPad内のクリスタでタイミングをつけて動かす‥‥なんていう連携技も難なく可能です。

 

各ソフトウェアの基本的な仕組みさえわかれば、自分の使いやすいソフトを使いつつ、作業を継承して、様々な状況に対応できそうです。

 

 

 

 


AstroPad

AstroPad。もしかしたら、似たようなことが、Apple標準でできるようになるかも‥‥との噂もありますが、現時点ではAstroPadなどのサードパーティ製のソフトウェアがあればこそ、iPad ProをmacOSの液タブにもできます。

 

AstroPadの独自の仕組みによって、iPad液タブ化で感じるレイテンシーはほとんど気になりません。ぶっちゃけ、MacやWinに繋がったCintiqもほとんど同じレイテンシーです。

 

AstroPad導入当初、Photoshopでのリカバリー(描き忘れとか)ばかりしていたので、Photoshopもともとの遅さが少々イラつきましたが、Clip Studio Paint EX Ver1.9.0(以後クリスタ)で使ってみたら、「全然OKじゃん」と小躍りするくらいの好印象でした。

 

クリスタのナゾは、ペンで描画する速度はとても俊敏なのに、GUI(ウィンドウやツールなど)の描画が遅いことです。‥‥何かね、グラフィックカードのドライバが外れている時のような遅さを感じるんですよ。例えばセーフブートした時のOSの描画の挙動みたいな遅さ。「パッ」と描画されずに、「パタパタパタ」と描画される感じ。

 

macOS版だけなのかな?

 

でもまあいいや。ペンの軌跡に、俊敏に追随してくれるだけで、全然OKオーライ

 

ペンの軌跡に追随できず、レイテンシーが酷いと、もう他の工夫ではどうにもならんですもん。macOS版のスタイロスのペンツールとかネ‥‥。

 

本当は24インチくらいの4K Cintiqを導入して、ツールウィンドウやタイムラインが同じ画面に並んでいても気にならないくらいの画面の広さが良いとは思います。しかし、まあ、そんなに簡単に4K 24インチ Cintiqは、企業でも板タブを買うようにはいかんですから、個人はなおさら、今あるiPad Proを賢く使う工夫が必要でしょう。

 

27インチのiMac 5K全画面を12.9インチしかないiPad Proにマッピングしようものなら、文字は小さいわ描きにくいわで、実用には耐えません。

 

なので、AstroPadのエリア設定で以下のようにマッピングします。

 

*iMac 5K 27インチの画面

 

*iPad Pro 12.9インチの画面

 

 

これにより、いきなり実用でガシガシ描ける環境に早変わりです。

 

クリスタはiOSのようなジェスチャーベースではなく、古典的なショートカットキーによるツールの操作になりますから、キーボードは必須ですので、描画画面にペンや投げなわやレイヤーのウィンドウはなくてもさほど困りません。

 

むしろ、ショートカットキーでアニメーション作業に必要な環境を作りこむのが秘訣でしょう。

 

つまり、

 

  • iMac 5K 27インチでは、ソフトウェア全体を見渡して
  • iPad Pro 12.9インチでは、描画に徹する

 

‥‥と、切り分けた配置にすれば、12.9インチは、まあ、お世辞にも大きいとは言えませんが、他のツールウィンドウに邪魔されることもないので、小さ過ぎることもないです。

 

 

AstroPadも様々なジェスチャとかを使いたい場合は、サブスクリプションです。Adobe CCもサブスクリプション。音楽もサブスクリプション。あっちもこっちもサブスク、サブスク、サブサブサブサブ‥‥。

 

でも、しょうがないんじゃん?

 

一度金を払っただけでタダで0円で使い続けられるモノなんて、本来、存在しないんだと思います。

 

大枚叩いて買った自分の持ち家だって、実は、外装のメンテとか、換気扇の交換とか、水道のパッキンとか、金はかかり続けるのです。

 

生きていること自体が、地球から提供されたサブスクリプションみたいなもんだし。(=風呂敷広げすぎ)

 

アニメーターやアニメ各工程作業者は、単価買い切りでどんなに大変な1カットでも単価縛りで辛酸ナメ夫ナメ子となって悔しい思いをしているわけで、他業種のサブスクリプションを恨むばかりでなく、アニメ業界の各専門技術の作業者自身もサブスクリプション的な報酬のアプローチを今後考えていくのはありでしょう。‥‥あ、その限定的なアプローチが旧来の「拘束料金」なのかも知れないですけどネ。

 

サブスクリプションに釈然としないのはわからなくもないですが、それに引っかかって前に進めなければ、もとも子もないです。

 

むしろ、サブスクリプションの考え方で、未来の作業の形態も模索しつつ、自分の価値をアピールすることが、映像作品作りというユニークな仕事で生きていく術かなとも思います。

 

 

 

何はともあれ、AstroPad。

 

iPad Proと、iMacを持っていて、macOS版クリスタも持っているのなら、とりあえずは液タブ代わりにどうぞ。

 

 


今も現役、初代iMac5KとiPadPro

前回の記事を書いてて誤記がありまして、すぐに修正したのですが、初代のiMac 5KとiPad Proはそれぞれ、

 

初代iMac 5K=2014年秋発売

初代iPad Pro=2015年秋発売

 

‥‥でした。

 

2014年のiMac 5Kが現役とは、自分で所有していながら、意外です。

 

2014年って、5年も前じゃん。

 

コンピュータが5年も第一線で使えるなんて、

 

随分と、時代も優しくなった

 

‥‥もんですねえ。以前は2年もたなかった時代だってあるのに。

 

初代iMac 5Kだけでなく、初代iPad Proも全然イケます。現役です。

 

 

 

絵を描いてる人間なら、ホントにマジで、iPad Proは金稼げるで〜。

 

 



calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

selected entries

categories

archives

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM