シャーマン

私はたまに模型雑誌を買って読むのですが、アーマーモデリングの6月号は「アメリカ戦車特集」だったので、アマゾンで即買いしました。模型ではドイツ戦車が昔から人気ですが、各国の戦車も負けず劣らずの持ち味があります。

兵器は何よりもまず、「戦って、負けちゃダメ」なわけですが、そうした闘争本能に関する各国の「お国柄」や「死生観」がデザイン上に「良くも悪くも」反映されます。子供の頃は、強くてかっこいい「キングタイガー」や「P-51ムスタング」「ゼロ戦」「F-15イーグル」ばかりに目がいきがちですが、マイナーな機種から醸し出される「様々な機微」が、大人になってからはある種の「味わい」として感じられるようになるのです。

アマゾンから届いた本を眺め、「アメリカ戦車は垢抜けなくて泥臭いのが魅力だなぁ」と満足しつつ、読み終えて本を閉じたら、タミヤのニューリリースの「ファイアフライ」と「イージーエイト」が表四(裏表紙って言うのかな?)にドンと掲載されていました。「2014年の今、誰向け?」「萌えアニメに出てくるのか?」と思いましたが、まずは素直に製品リリースを喜ぶ事にします。

よく調べてみると、純タミヤ製ではなくASUKAモデル製らしいですが、組み立ての楽なベルト式の履帯(=「キャタピラ」)みたいなので、発売されたら「買い」確定です。現在の私はプラモデルを作るのは趣味ではなく、資料目的なので、完成までに要する時間は短ければ短いほど良いのです。
まめ知識:「キャタピラ」は企業名・商標で、同社の履帯式トラクタが有名なので、世間でいつの間にか「履帯=キャタピラ」となったみたいです。同じような例で「ステープラー=>ホッチキス」「接着剤=>セメダイン」(これはちょっと世代を感じる?)「卓上の旨み調味料=>味の素」などがありますネ。

実は、ファイアフライもイージーエイトも、資料用に手元に置きたくて、ごく最近、サイバーホビー社製のキット(私にとっては憂鬱な、組み立て式履帯)を買ったり、ベテラン過ぎるタミヤのキット(70年代だと思われ)を倉庫からひっぱり出してきたのです。そんな中、タミヤから2つとも新製品としてリリースされるとはまさに奇遇も奇遇。いや‥‥ホントに、渡りに船。

「ファイアフライ」と「イージーエイト」はM4中戦車「シャーマン」から発達した戦車で、まるっこく背の高いボディに強力な主砲を搭載しているのが特徴です。WW2でのアメリカ陸軍首脳部の認識は、あくまで「戦車は歩兵の支援兵器」だったらしく、ドイツやソビエトに戦車開発で何歩も遅れをとっていたようです。そんな状況がまさにM4シャーマン戦車にデザインとして表れているわけですが、首脳部の認識がどうであれ「戦場の時計が止まる事はない」ので、M4シャーマンはヨーロッパ戦線においては「やられ役」のような窮状に瀕してしたわけです。まあ、戦車は必ず戦車同士で正面切って戦う事ばかりではないので、M4シャーマンがエブリタイム弱かったわけではないみたいですけど。

そんなこんな、ボディはともかく、主砲だけでも何とか強いものに変えたい‥‥と、普通過ぎる成り行きの思考のもと、作り出されたのが「ファイアフライ」であり、「イージーエイト」(型番のE8の愛称)です。下図のかわりようはどうだ。

この子が、



こんなになった。




イギリスがアメリカ製のM4シャーマンをイジくって、自国の強力な17ポンド砲を載せたのが、ファイアフライです。有無を言わさぬ長砲身が、森のくまさんのようなシャーマンのボディに、何ともいい感じで不似合い。



ちなみに、砲身の「白い波の模様」は、「遠くから砲身を短く見せる」ためのカモフラージュ〜迷彩です。こうしておけば、ドイツ軍に「普通のM4戦車だ」と勘違いさせる事もあった‥‥のでしょうネ。「シャーマンの砲じゃ、大した事ない」と油断してノコノコとファイアフライに近づこうものなら、17ポンド砲の手厳しい一撃が待っていた事でしょう。また、ドイツ側からみれば、刺されたら死ぬかもしれない毒バチのようなものですから、見つけ次第「始末」したいのは当然の事、‥‥「クマバチ」と「スズメバチ」を見誤ったら大変な事になりますもンネ。逆に、イギリス側はその「見つけ次第を回避」するために、迷彩を施していたのでしょう。

* * *

兵器が登場する「戦記物」ストーリーは、かなりの難易度があります。「時代考証が大変だから?」とか聞かれそうですが、それ以上に、「兵器を取り巻く状況や要素がドラマトゥルギーにもろに影響する」からです。逆の言い方をすれば、「戦記物でドラマを描くには、兵器をよく知っていなければならない」のです。

ストーリー上の都合良いタイミングで「新兵器」「高性能兵器」が登場すれば、人々の葛藤なんて生まれないですもん。辛いフリや勝ったフリを繰り返す、あまりにもウソっぽい演技を重ねるだけです。困った時にドラエモンのポケットからアイテムが出れば、兵器開発や戦場のドラマなんて生まれるわけもないし、銃後のストーリーも存在しません。

ファイアフライを見て、「イギリスは自国で、タイガーに対抗できる戦車を作っちゃえば良かったじゃん」なんて安易に簡単に考えるのは、「背後のドラマを感じられない人」です。なぜイギリスは、シャーマンに17ポンド砲を積むハメになっちゃったんだろう?‥‥と考え始めるのが、まさにドラマの始まり‥‥なのです。人それぞれが自分を思い通りにできず、様々な困難に立ち向かうのと等しく、鉛筆から戦車に至る様々な物品もまた、苦悩や葛藤の固まりなのです。

子供の頃は、単に造形や戦歴だけで熱中していただけの兵器プラモですが、さすがに大人になってイイ歳になると、否が応でも「デザインの奥に秘めた様々なドラマ」が目に飛び込んできて、それが創作意欲を掻き立てるのです。

ちなみに私はファイアフライが昔からお気に入りで、20年前にドラゴン製のキットを稲垣さん(私の事実上のエフェクト作画の師匠‥‥ですネ)と一緒に作った事がありますし、その他、1/72スケールの完成モデルが1つ、1/48が3つあります。今は作りかけの1/35もありますが、タミヤから発売されるなら、そっちに乗り換えようかな‥‥。

ちび丸のフジミ

アマゾンは、個人の購入履歴や閲覧履歴を活用して、「オススメ商品」をWebページやメールにどんどん推してくるのですが、今日のオススメは「ちび丸艦隊 赤城」でした。



4月下旬発売予定。

空母を丸くしたのは、初めてみました。艦載機もなかなかのモンですネ。

フジミ模型の「ちび丸」シリーズは、旧日本海軍の軍艦大和、武蔵、金剛型の他、最新の10式戦車(いきなり現代で陸上!)もラインアップされており、あまり一貫性のないところも逆に良かったりします。ブレているとかいないとか、どうでもよい事です。

ちなみに、私はシリーズNo.2の「武蔵」だけ、持っています。10式戦車はあやうく買いそうになりましたが、踏みとどまりました。今の私がこのシリーズを買っても、組み立てずに、積んどくだけにしかならないだろうから。‥‥もしかしたら、結局買うかもしれないけど。

40年前のシロモノ

私のプラモデルキットのストックは、それなりに多く、マニアの方には及びませんが、一般人的ものさしだと「いっぱい持ってる」ほうでしょう。

そんなストックの中には、40年近く前のキットも含まれます。10代〜30代前半のワカモノからすると、「生まれる前に製造された製品」ですわな。

私が20代の頃に「うわ、懐かし!」と中古キットを買って、それがそのまま、私が40代になってもストックされているので、40年のプチ歴史を刻んだわけです。買ったのは、今はなき、三鷹のナカマ模型。(荻窪は今でも健在ですね。どうか末永く、営業を続けていただきたいものです。)



なんか、ボケボケですが、モノは「レベルの1/32、Bf110夜戦型」です。ちらっと見える箱絵からも解るように、リヒテンシュタインを装備した、人気のアノ型です。

デカールは、この通り、無惨な事に。




別に画面効果で雰囲気を出すために汚しを入れてるんじゃなくて、単純にカビてるんです。このデカールはもうダメです。40年前のデカールが使える事のほうが珍しいので、しょうがないですネ。

スキャンしてデカールを作り直すか、手描きでマーキングするしかありません。プリンタで作るデカールは性能に限界があるので、1/32のビッグスケールだし、ルーペで覗き込んで手描きでマーキングした方が味も出て良いかも‥‥です。

フィギュアはこの通り。



このサイズで見ると、普通に見れちゃうかも知れませんけど、結構、溶けてます。ハチミツを頭から全身にかぶった月亭方正さんみたい‥‥ですね‥‥。

これは経年で溶けたんじゃなくて、もともとの製品レベルがこのくらい‥‥なのです。下手すると、金型原形は、私と同い年くらいかも知れないですからネ。リヒテンシュタインのアンテナ描写も相当キビしいものがあって、1/72をそのままデカくしたような細密度なので、目立つ部分だけでも真鍮線やパイプで組み直したほうが良いかも知れません。

でもまあ、今のところ、Bf-110の出てくる企画もないので、のんびり作っております。出来上がったら、さぞ大きくて、迫力がある事でしょう。

ずべずだの1/100

記録写真用のカメラのSDカードから、久々にデータを引っこ抜いたら、色々な画像が出てきたんですが、ズベズダのプラモデルキットを撮影したのが見つかったので、紹介します。

キットは突撃砲B型の1/100モデル。戦車で1/100というのもケッタイなんですが、何かボードゲームみたいので使うものなんでしょうかね? 私は純粋に、ズベズダのファンなので、購入してみた次第です。

食玩みたいなものかな‥‥と、やや見縊り気味にキットを開けてみると、さすがにズベズダ、1/100でもビシッと主張してきます。食玩にありがちな「見た時は発作的に欲しくなるけど、飾ると粗雑さが見えちゃって、すぐに興味を失い、要らなくなる」ようなレベルに甘んじる事なく、ちゃんと「模型メーカーの製品」であるプライドを発散させています。



箱は何とも薄く、「ミニスケール」である事がパッケージからすぐ解ります。



キットはこんな感じ。ステッドラーの0.3mmとの比較で、その小ささが解ると思います。



車体上部の雑具類。一見、ごく普通に見えますが‥‥



0.3mmのシャーペンの芯と比べたのが、上図。0.5mmじゃなくて、0.3mmの芯と比べて‥‥ですから、相当な細かさです。よく見てもらえればわかりますが、決してシャーペンが手前にあるから相対的にキットが小さく見えるんじゃなく、ガチで細かいのです。



どんだけ細かいか、キットの上に置いた925 25の0.3mmの芯が代弁してくれてますね。

昔は、東欧のキットなど購入しようものなら、自虐か腕試しか‥‥みたいな感じでしたが、今はズベズダにしろICM(ウクライナの会社のようです)にしろ、どちらかというと「信頼」を買うような感じです。でもまあ、全てのキットが凄いレベルになったのではなくて、A-Model(ポーランドの会社?)なんかは今でもキツめではあります。

このB突のキット、アマゾンで2万円とかで売られているのを見かけましたが、そんなのは絶対買ってはいけません。時期を待てば、300円台で買えます。



1/25の往年の

タミヤが再販しますね。1/25の戦車シリーズ。

「40年の時を越え、模型少年の憧れが蘇る「1/25 TANK CLASSICS」

センチュリオンMk.IIIが待ち遠しい。

作りかけの資料目的のセンチュリオン(1/35)がありますが、AFVクラブ製で、ものごっつ細かいパーツなので、中々やる気が出ず、フィニッシュにもってけません。0.3ミリくらいの細い樹脂パーツのゲート処理なんて、私には苦行以外のなにものでもございません。

1/25の旧製品なら、苦行にはならないはず。

ちなみに「1/25 パンサーA型」は購入済みです。

ここらの旧製品由来のキットは限定生産ですから、欲しい時が買い時です。たとえ、今、作らなくても。



箱絵のコレクション

私は、プラモデルの箱絵が小さい頃から好きで、よく模写したものでした。今も箱絵に対する愛着は変わらず‥‥というか、昔よりも増しているやも知れません。

資料用で買うプラモの他に、ノスタルジーで買うプラモもあって、その場合は、箱が今以上に痛む前に、スキャンした後に保管します。

何せ、30〜40年の月日が経っていますから、印刷の状態は様々な原因で悪化の一途を辿っております。ヤニによる汚れはまだ良いほう(拭けばずいぶん奇麗に取れるから)で、カビ、インクの退色、紙焼け、やぶれ、はがれ、etc...と、出来るだけ早急に今の状態以下にならないように対応します。

私は絵を眺めたいので、もちろん、スキャンしてデータとしても保存します。しかし、スキャンしたそのままの状態では、なかなか鑑賞に堪える画像にはなりません。とにかく、黄ばみが凄くて、絵をまともに眺められないのです。

なので、今までの本業の経験を活かして、補正作業を施して保存します。スキャンの生状態もそのまま残しますし、当然ですが、原版もファイリングして残します。

例えば、つい最近買ったF-4Eは、




‥‥のような状態を、




‥‥のようなクリアな状態に補正してコレクションしました。色温度の危うい箇所とかがありますが、「まずはこのくらいでいいか」というレベルに留めております。Photoshop形式600dpiで保存してあるので、後で気になるところは再調整できます。

スキャン直後のものを見てもらえば解りますが、特に右側の帯のところが、退色と黄ばみが激しく、これを補正するのは、中々のチャレンジではあります。




上図のような状態です。おそらく、日のあたる窓方向にこの面を向けていたのでしょう。幸い、積み重なって保存していたのか、メインのトップ絵は、あまり色あせしていませんでした。

かなり強引な力技で補正して、



‥‥のような感じに仕上げました。実は、「タン」(明るい黄土色)の色調が明るく黄色過ぎるのですが、このくらい直ってればいいや‥‥という事で、フィニッシュとしました。あくまでも自分のコレクションなんで、自分で見てて気にならなきゃ良いという品質基準ですネ。

しかし、なんだかマニアっぽい話ですが、箱の状態を見ると、前のオーナーの性格とか生活習慣が、思い浮かびます。このファントムのキットは、おそらく奇麗に積み上げられておらず、ややルーズに積まれていたのでしょう。部屋は、やや強めの光が差し込む時間帯があり、徐々に退色が進行したものと思われます。収集癖はあるものの、あまり几帳面な人ではなかったのかも知れません。黄ばみが回り込んでないですから、ヘビースモーカーではなかった雰囲気です。

一生出会うことのない見知らぬオーナーから、ショップを通じて、私に引き継がれたキット。

私は、作品にて昇華しようと思っているのです。

ハセガワのサンダーチーフ

ハセガワの1/72のF-105サンダーチーフが再販されるどー。(自分メモ)

BとDのコンボらしいので、おそらく追加のレジンパーツか何かが同梱されると思われ。

キットは昔のままでしょう。でも気にしない。

このキットの祖先は、小学生の頃に350円か400円で買った、思い出深いもので、ちょっとエロいエリアルールが「僕のハート」を掴んだのでした。

センチュリーシリーズはソソるよねえ。色んな意味で。


calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

selected entries

categories

archives

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM