こんなこともあろうかと

コルグの愛用のmicroKey-61を使おうとしたところ、USBに刺してもウンともスンとも言いません。仕事の切羽詰まった「このタイミングで?」とか思いつつも、「仕事が進まないのをマシンのせいにするのは、下衆の極み」の映像業界の掟もありますし、早々に新しいmicroKey2-61を調達しました。明日届きます。

「こんなこともあろうかと」とは真田さん(ヤマト)の名台詞ですが、私も「そんなこともあろうかとベリンガーの61鍵を用意しておいて良かったよ」と、昨日はソレでなんとか切り抜けました。ちなみに、「真田さん」の語句でGoogle検索をすると、すかさず「真田さん こんなこともあろうかと」の候補がエントリーされるのは、みなさん、わかっていらっしゃる。


*UMX610は1年前は14000円で買えたのに、今は24000円です。ネットの値段の変動は激しいネ。5オクターブあれば、バッハのチェンバロ楽曲はすべて弾けるはず‥‥です。4オクターブ(49鍵)でもほぼ大丈夫なんですが、イタリア協奏曲で一番下のGだかが(記憶が曖昧)5オクターブないと弾けないんですよネ。


microKeyはどうも、いきなり使えなくなる症状が多発しているようで、ネットで色々ヒットします。しかし、これといった解決策も曖昧なまま、そしてコルグの公式Webにも情報がないので、潔く新しいmicroKey2を買うことにしました。


*microKey2は、USBハブ機能が消えて、代わりにペダルスイッチ端子が増設されました。これは地味に嬉しい。そして、ハブ機能がなくなったことで電力消費が抑えられ、以前よりも安定性が増した‥‥とかどこかで読みましたが、そんなことで使用不能になっていたとは、にわかには信じられないです。‥‥まずは、私が自分の手で、製品が到着したら試してみます。

microKey2は去年発売された時から「ダンパーペダル」が使える新機能に魅力を感じていたので、1時間くらい迷ったのち、必要な今が買い時と観念して、買いました。最近はずっとこもり気味で作業しており、お金もほとんど使わなかったので、突然の出費も、まあ良しとします。

今までのmicroKeyは原因を調べて、また使えるようになったら他で使うから良いです。‥‥って、典型的な「モノが増えるパターン」ですネ。

ちなみに、microKeyには「Air」モデルがあり、Bluetoothで繋げる手軽なものもあります‥‥が、レイテンシーが気になるというレビューもあるので、無難なUSB接続タイプにしました。レイテンシーはApple Pencilだけでお腹いっぱい。


calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

selected entries

categories

archives

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM