タミヤ再販ラッシュ

アニメ映画の公開に合わせたのか、タミヤのミニタリーミニチュア(MM)のキットが幅広く再販されておりますね。

「再販」という言葉が正確かどうかはわかりかねますが、「在庫切れで入手困難」な型番のキットが多数入手出来るようになっています。ただ、ベトナム戦前後の時期のAFV(装甲戦闘車両)も再販されているので、「映画の勢いにのって他のも」的な感じです。

そんな都合よくいくわけないじゃん‥‥とか思いがちですが、少なくとも私は今回の再販の機会をありがたく活用させてもらって、以下のキットをまとめ買いしておきました。どんな理由であれ、再販されたのは嬉しいので、この機会を都合よく利用させてもらっております。全般的に2割前後、以前に比べて安く売っている(実売価格)ので、おサイフにも優しい(=でも、プラモを買わないのが一番おサイフには優しいですけどネ)。全て、1/35キットです。

ストームタイガー(長らく姿を消していたキット)
マーダーIII(値段が2,000円を切っています)
Sd.kfz234/1(タミヤ・イタレリ)
Sd.kfz234/2(タミヤ・イタレリのプーマ。昔のイタレリのは持っていますが、追加購入)
M4A3「前線突破」(買いやすい値段に下がりました)

M4A1(素のエイブラムス。質素なキットですが、2,000円を切る価格で)
M60A1「リアクティブアーマー」(姿が消えていたキットですが、再登場でお安く)
AAVP7 アップガンシードラゴン(こいつもしばらく姿を見なかったキットでした)
M247 ヨーク(同じく、こいつもしばらく姿を見なかったキットでしたが、めでたく再登場)

大量に買ったね‥‥と言われそうですが、今月は誕生月なので自分へのご褒美です。あと、どうせ幾つかは仕事で使うことになるだろうし。この他、私はすでに所有しているので買いませんでしたが、歩兵戦闘車ブラッドレー(M2A1、M2A2とも)なども通常価格(プレミア価格ではない)で久々に見かけました。

しかし、例の映画の効果はスゴいすね。フィンランドのマイナーな自走砲が「アマゾンカテゴリー別・第1位」とは。

模型メーカーの経営陣におかれましては、この「相乗効果」の性質をクールに分析して、慎重なロードマップを組み立てていただきたいと願います。模型店がどんどん消滅しているのは変えられぬ事実ですし、今のところ模型人口も減少するばかりでしょう。アニメ萌えキャラとミリタリーという組み合わせは、ある種の「瓢箪から駒」でしたが、これから何度も瓢箪から駒が出続けるとは思えませんから、そのあたりを重々承知してプラモの未来を見据えていただけたら‥‥と熱望します。

でも、瓢箪から駒が出たのも、紛れもない事実です。その駒がコロンと出た流れや仕組みを、単に流行として使い古して忘れるのではなく、型の1つとして定番にするのはアリだと思います。猛烈に流行すると、その反動が大きい‥‥のは、どんな時代のどんなものでも同じですが、作り手もファンも末長くそのスタイルを愛好してほしいと思います。私なんか、今でも小学校時代の趣味趣向の影響下にあって、今でもプラモを作って、色々と活用しようと目論んでいるのですから‥‥。
 


calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM