プラモは手に入る時に買いましょう・2

フューリーといえば、イージーエイト。つまりM4A3E8(昔から長い型番だなと思っています〜以後E8)は、去年タミヤから1/35のプラモが出たものの、あっという間に欠品。最近は、1万円以上のプレミア価格で売ってたりしました。

しかし、またタミヤがE8のプラモを売り始めました。去年のはアスカモデル製でしたが、今回のは新規設計でモデル化とのことなので、自社の新金型なのでしょうネ。おそらく。


*E8は戦後に各国に供給された代表的な戦車なので、定番としてラインアップして、すぐに在庫切れでプレミア商品にならないことを願います。

ただ、やはり去年出たタミヤブランド・アスカモデル製のファイアフライ(アメリカのシャーマンにイギリスの強力な17ポンド砲を強引に積んだヤツ)は今でも絶品状態で、2万円以上のプレミア価格になっちゃっています。


*22,800円「より」って、この値段より高く売る気か。‥‥ちなみに私が買った時は、3,000円前後でした。どうしても正常な値段で欲しい人は、1/35は諦めて、1/48を買うのが吉。

私はもともとファイアフライが好きなので(ドイツ重戦車に一方的にやられる連合軍戦車じゃ、ドラマにならないじゃないですか)去年に即購入しましたが、のんびりしてたら買いそびれてしまったかも知れません。

やっぱり、プラモは出た時が買い時。

まあ、数年待てば手に入るものも多いのですが、5年待っても中々出ないものもありますから、買える時に買うのが基本ですネ。

私が買いそびれてしまったのは、1/72のバジャーとビーグル。両方ともソビエト時代の爆撃機です。どちらも気づいた時には、数週間遅れで在庫切れでした。その後、5年待っていますが、全く再販の気配なし。5〜10倍もするようなプレミア価格のものは絶対買わない主義なので(それやったら、お財布的にオシマイですからネ)、じっと再販を待つのです。それで死ぬまで再販されなかったら、それは運命と思って諦めます。

気づいた時に買えてよかった‥‥というのは、1/72のベア数種(今でも日本海にたまに出没するソビエト・ロシアの爆撃機・哨戒機)と、同じく1/72のバルキリーとハスラー。こちらはアメリカの爆撃機ですね。

あれ? なんか爆撃機ばっかり買っているみたいに見えますネ。まあ、大型の爆撃機はキットが常時在庫されることが少ないようで、手に入り辛いだけだと思います。ビーグルは中型機ですが、今は大昔のタミヤの1/100しか手に入らない珍機なんですよネ。

そうえいば、一時期色々と出たMIG-19の1/72や1/48も、今はなかなか手に入らないアイテムですネ。私はほとんど買いそびれてしまったので、それも痛恨です。

関連する記事

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM