安価なLEDテープ

最近、鉛筆&Apple Pencilの「デュアル作画環境」に合わせて、放置していた自宅の作画机をメンテしています。‥‥いや、メンテというよりはバージョンアップか。

薄型LEDライトボックスに頼り、ほったらかしにしていた机本体でしたが、移行期とも言えるこれから先の数年は、大きな作画机の上で、紙とiPadの両方を使いたいと感じ、年末あわせくらいでのんびり改造を進めています。

今はLEDテープ5メートルが400円で買えるようなご時世ですから、「作ってみるだけ」だったら、結構簡単に透過台は作れるのです。


*LED照明の台座部。これを強化ガラスのテーブルトップの下に組み込みます。ディフューザー(光を分散させて直接光が目に入るのを防ぐ)は今のところ乳白色の「プラ段」(プラスチック製の段ボール〜DIYショップで安価に入手可能)を使っています。

上図状態に、さらに6ラインを追加して、光量をアップする予定です。今のでも十分明るいんですが(写真だと暗く見えますが)、たまに「強制透過」させたいことがあるので、切り替えスイッチで光量の大小を調節できる仕組みを計画しています。

現在は計画途中の状態で使っていますが、それでも使い心地はなかなかです。

しかし、なぜ5mのLEDテープが送料込みで400円で買えるのか、使ってみるまで不思議だったのですが、大体理由がわかりました。

格安LEDテープって、要は、「再生品」のような感じなんですネ。5メートル内に、2〜4か所のハンダによる繋ぎ目があるのです。

私は同じく5mで3千円くらいのLEDテープも使ったことがありますが、そちらのほうは「継ぎ目」がなかったんですよネ。

LEDテープは、製造品質が不良だと点灯しないブロックが出たりするようで(400円の製品で初めて経験しました)、恐らく「5メートル1本もの」じゃないテープも製造過程では出るんじゃないでしょうかネ。その5m未満の「ハネだし」「切りおとし」(海苔や肉みたいですネ)を繋ぎ合わせて5mとして再生したものが、安価に流通しているんじゃないでしょうか。あくまで、私の推測ですが。

最近使って実感しましたが、回路むき出しのLEDテープ(非防水タイプ)は、ちょっとしたことでチップがモゲて点灯しなくなることもあります。その場合は、点灯しなくなったエリアを丸ごとカットして、故障箇所だけ交換できるので、メンテは思いのほか簡単です。点灯しないエリアのLEDテープ(最小5cm長)をカットして剥がして貼り替えて、電子回路用のハンダでハンダ付けすれば終了。

こんなことから製品でも、似たような処置で「切りおとし」LEDを繋ぎ、5mとしてツジツマを合わせて売ってるんじゃないでしょうかネ。

でもまあ、再生品のようなものとはいえ、普通に点灯するので、今は重宝して使っております。経年劣化(つまり寿命)がどれほどのものかは、使ってみないとわからないので、なんとも。

LEDの寿命は「光束維持率70%」を目安にしているらしいです。LEDは70%まで明るさが落ちるまでの「状況的な寿命」を、4万時間を標準としているようですネ。

400円5mのLEDに4万時間の期待は過剰だとは思いますが、スターバックスの冷たい飲み物より安いくらいなので、しばらくは使ってみようと思います。ダメだったら、品質を信頼できるお店で、ちゃんとお金を出して買えば良いですしネ。

関連する記事

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

selected entries

categories

archives

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM