クラッシュ情報:El CapitanとAdobe Audition

MacOSX 10.11 El Capitanにおいて、Adobe Auditionの以下のプロセスを使用すると、パツンと落ちてクラッシュします。(アドビのブログから引用)
 
  • Analog Delay
  • Chorus/Flanger
  • Convolution Reverb
  • DeEsser
  • DeHummer
  • Distortion
  • Guitar Suite
  • Multiband Compressor
  • Phaser
  • Mastering
  • Single Band Compressor
  • Surround Reverb
  • Tube-Modeled Compressor
  • Vocal Enhancer
以上、アドビのブログより。
http://blogs.adobe.com/audition/2015/10/audition-cc-and-osx-10-11-el-capitan.html#.Vj2oyoQYgUF

Auditionが落ちるだけで、OSを巻き込むことはありません。また、クラッシュ後にAuditionを起動すると、「データを復帰するか」のダイアログが示され、クラッシュ直前のデータに復帰できます。

この問題は、10.11.1のOSアップデートを実行すると解消されるようです。私の使った範囲(Mastering、各種コンプ)では確かにクラッシュしなくなりました。

 

関連する記事

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM