そういえば、ペンタブドライバの不具合

タブレットで思い出しましたが、以前MacOSX環境において、WacomのIntuosのタブレットドライバが読み込まれなくなる不具合に遭遇し、「ドライバをインストールしたユーザ権限以外では動作しなくなる」困った障害に悩まされていました。

「ドライバのアンインストールとインストールで直らないの?」と思うでしょうが、直らないのです。「ルートユーザ(su)でもダメなの?」と思うでしょうが、ダメなんです。

WacomのWebのトラブルシューティングを全て試しても改善されず、rootで色々操作しても改善されず、最終的には「システム再インストール」という手段で障害を克服していました。「ドライバをインストールするユーザを、日頃タブレットを使うユーザでおこなう」事で回避したのです。

しばらくは平安でしたが、また症状発生。

開発製造メーカーも知らない、何かが作用して、ペンタブが使えなくなっており、その何かを見つけ出さない限り、延々と同じ障害に悩まされます。ただ、USBを抜き差しして再起動を繰り返すと、正常に戻る事があり、「つまりは、そのあたりだな」と何となく原因が見え始めていました。

そして最近、具体的な復旧策が見えたので、ここでお知らせしておきます。メーカーのトラブルシューティングには書いていない事なので、私めが。

私の環境(いくつかあるうちの1つ)で発生していたペンタブドライバの障害は、どうもThunderbolt経由のモニタ接続形態と関連しているようです。障害を起こしていた環境は3台のマルチモニタの状態で、ミラーリングと拡張が混在したやや複雑な構成になっており、障害が発生した際はモニタを少なくともデュアル(2台)まで減らすと、ペンタブドライバが正常に読み込まれるようになります。

Wacomのトラブルシューティング(よくある質問)には「ドライバの再インストール」「設定ファイルの削除」「USBの抜き差し」などは書いてありますが、モニタ接続関連には言及しておらず、自力で原因を探るしかない状態でしたが、ようやく糸口が見えました。

私の環境(の1つ)は、2.5Kモニタ2台をミラーリングモニタ、2Kモニタ1台を拡張モニタにしていますが、その少々変則的な構成が、ペンタブドライバの「デスクトップのマッピング」あたりと衝突して、うまくいかないのかな‥‥という憶測です。何かタイミングが悪いと、接続モニタの認識とマッピングでつまずくのでしょうかネ。あくまで憶測ですが、いかにもありそうな話ですネ。

ペンタブドライバが読み込まれなくなったら、マルチモニタ環境からモニタを減らす。拡張かミラーリングか、いずれか一方のシンプルな構成に変える、もしくはシングルモニタ状態にする。再起動してペンタブドライバを確認して正常なロードを確認する。もしそれでもロードできていない場合は、USBを外して再起動、USBを差して確認を繰り返してみる。ドライバのロードが確認できたら、外したサブモニタを接続(ホットスワップで)して、いつものモニタ構成へとやり直す。

以上の段取りで、なんとかタブレットは使えるように復旧できました。面倒ではありますが、システム再インストールよりは、はるかに軽傷なので、これで凌ごうと思っています。



 

関連する記事

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

selected entries

categories

archives

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM