目下の標準仕様

色々と映像技法を試すにつれ、2013年現在のコンシューマ向け機材で、作業運用上の限界かなと思うのは、大体4K/60fpsくらいかな‥‥と実感できるようになりました。これは2Dアニメーション作品の場合、ですが。

2Dアニメーション作品とは、現在業界標準のレタス仕上げ素材を撮影する方法とは全く異質なもので、アニメーターやコンポジット作業者が、あらゆるツールを駆使して絵を動かして映像を作るスタイルの作品です。‥‥ゆえに、現在のコンピュータ処理能力だと、4k/60fpsくらいが打ち止めでしょうか。レタス仕上げ方式のアニメ作品とは、段違いに処理能力が要求されます。

解る人には解る感じ‥‥で例えると、今のMac ProやCore i7 Macが、PowerMac8600かG3/233MHzくらいに感じる速度‥‥ですかネ。

しかし、4K/60fpsとなると、国立の技術研究所とか家電メーカーの開発部とかと連携しないと、足場がおぼつかないでしょうネ。テレビは存在しても、再生機器やメディアの問題とか、色々ありますし。

ただまあ、私としては、目下の標準仕様は、4K/60fpsとターゲットを定めて研究しています。これは最近出た4Kテレビ(2160P)に呼応しているのではなくて、単に次のステップへの中間地点です。次のステップ、これはすなわち、8K/120fpsなんですが、それはいくらなんでも、運用が追いつきません。

なぜ、4K/60fpsを目下の標準とするか‥‥ですが、「絵が動いて映像作品となる」というアニメーションの本質を再定義するには、このくらいのスペックが必要だと考えるからです。みんな、アニメとは、「塗りやすい略画が、1秒間8枚、もしくは1秒間12枚で動くもの」と思っているでしょうが、どうやら、その「概念」とは全く違うタイプのモノが作れる事が解ってきました。

願わくば、早々に、家電の映像再生機器関連が、もう1世代先へ技術更新されれば‥‥と思います。作っても、見せる場所がないのは悲しいですからネ。


calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>

selected entries

categories

archives

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM