墨入れまくり

私は作品制作資料として各種立体造形物をコレクションしていますが、その中には市販の「完成模型」も含まれています。完成模型は、安価なものほど制作が雑ですが、「金と引き換えに時間を買っている」と思えば、そんなに悪いものではありません。

パーティングライン(パーツの合わせ目)やゲート(プラを流し込む水路のようなもの)の処理は基本的に甘かったり、各種パーツの取り付け角度がいーかげんだったりしますが、一応は塗装まで全部仕上げ済みの「完成モデル」なので、私はそれなりに重宝しています。少なくとも、イメージ作りくらいには使い道はあります。

完成モデルは、2千円前後の安いものも1万円近くする高いものも、基本的には塗装以上の仕上げは施してありません。つまり、「組み立てて塗って終わり」な状態なわけですが、そこにひと手間加えるだけで、随分と見栄えがアップします。そのひと手間とは「墨入れ」です。

下の写真は、F-14トムキャットの「トムキャッターズ」(ダイキャスト製)ですが、墨入れをしてディテールを際立たせています。写真内の左上にある「12BL」と書かれた瓶の塗料が「墨入れ用のエナメル薄墨」です。これを凹凸に沿わせて浸透させる事で、ほとんど見えなかったディテールが浮きだすのです。

*「12BL」とは、いわゆる「0-255でいうところの、12くらいのブラック」の意味で、とっさに油性ペンで書いたもの‥‥ですが、12の指す「ほとんど黒だけど、真っ黒じゃない黒」はいいとしても、ブラックを「BL」と無意識に書いてしまうあたり、今でも原画の癖が抜けないんですよネ‥‥。



機体左側(写真の上部分)に墨入れをして、右側(写真の下部分)には墨入れをしない状態で、比較したのが上の写真です。主翼下面のディテールの見え方が大きく違いますよネ。この「墨入れ」処理をおこなう事で、ただ塗って終わりにしてある市販の完成モデルも、「リアル感」が増します。‥‥まあ、あくまでリアル「感」ですが。

この年末年始は、他のことをやりながら、溜まりに溜まったいくつもの完成モデルの墨入れを片付けました。30機には及ばないですが、20機以上は墨入れしまくっておりました。エナメル溶剤はラッカー系よりは匂いがキツくないですが、それでも独特な匂いがするので、一度に処理するのは、下図のように4〜5機にとどめました。‥‥臭気で気分が悪くなるので。



日本人には馴染み深い零戦も、ちょっと墨入れしておくだけで、随分と「武者」ぽい雰囲気になります。墨入れはその効果の高さの割に、技術や道具はさして必要としない「対費用効果の高い処理」です。下図は墨入れ前と後の2点です。




墨入れをすると、飾ってもそこそこサマになります。「買ってはみたもののすぐに飽きてどこかになくしてしまう」可哀想な食玩のような運命になりにくいですネ。パッと見た時に、「雰囲気を持っている」のが良いのです。



買って梱包を解いた状態だと、ツルンとして面白みのない表情のフォッケウルフも、墨入れをして、さらには「パタパタ」(女性化粧品のようなヤツ)で若干の土埃とかをつけると、戦場の武者のような雰囲気になります。



斜めから見た時でも、翼面のディテールは目に飛び込んでくるので、墨入れの効果は大です。ビア樽ポルカのようなF4Fも、猛者のような仕上がりに。



F4Fはちょっと汚れすぎたようにも思いますが、まあ、自分しか見ないからコレでも良いです。機体中央の穴は、スタンド用の穴ですが、完成モデルはこういうのをイチイチ気にしているとキリがないので、大らかに接するのが良いです。ちゃんとしたものが欲しければ、キットを買って、自分の好きなように作れば良いんだし。

ちなみに、このF4Fは「トムキャッターズ」仕様らしく、おなじみのあのネコのマークがプリントされてました。買ってからしばらく経って気付くあたり、大雑把な買い物をしておる私です。





F-14の名前が「トムキャット」なので、F-14の飛行隊の愛称と間違われそうですけど、「VFA-31(VF-31)/第31戦闘攻撃飛行隊〜トムキャッターズ」は歴史の長い飛行隊で、複葉機の頃から存続しているようです。私は以前からVFA-31トムキャッターズに愛着があるので、全くチェックせずに「F4Fの機体目当て」で購入して後から気付いて、ちょっと得した気分になりました。

*ダイキャスト製のF-14トムキャッターズは、今は品切れで2万円近い値がついちゃってますが、私が買った時は7,500円くらいでした。この手の商品は、こういうの(買う時期を逸すると値段がハネあがる)があるから「出た時に売値を見極めて買っておく」のが必須なんスよね。

とりあえず、航空機関連の完成モデルは処理が終わり、年末にはこれら完成モデルを飾る棚も作ったので、ひと段落です。組み立ててないものならともかく、完成品を箱積みのままでは、何のために買ったのかも薄れるので、カタをつけました。今後、色々と参考になってくれる事でしょう。

その他、CLIP STUDIOのiMac 5Kでの動作を確認したり、Adobe関連の設定を旧環境から移植したりと、色々と溜まってた雑事を片付けました。明日はゲイラカイトでも飛ばしつつ、今年1年の大まかな流れでもイメージしてみようかと思っております。

 

関連する記事

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

selected entries

categories

archives

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM