タミヤ

日本の模型メーカー「タミヤ」は言うまでもなく、「世界のタミヤ」です。キットを買って、中身が純タミヤ製だとホッとします。現在のタミヤの、私が好きな所以は、「ユーザーエクスペリエンス」をちゃんと意図した製品が多い点です。

廉価な商品でも、「このキットを手にした人間は、どのような意図で購入し、どのように楽しむのか」を考えて企画しているのが、商品そのものから伝わってきます。見くびりもしないし、妙なマニア根性を押し付けるわけでもない。さじ加減が効いているのです。

アマゾンで700円台(時によって変動)で買える「メッサーシュミット Bf109E-3」と言う航空機キットがありますが、ランナーの構成は1枚のみで、とてもシンプルにまとまっています。しかし、そのパーツの1つ1つは、精密感が高く、組み上がると精巧な出来映えになります。つまり、「作りやすいのは簡単なパーツ構成で省略が多いので、出来上がりもそれなり」ではなく、「作りやすくても、精密感があり、作った後も何度も眺めて楽しめる」のです。

何でも安く買えてあたりまえ‥‥なんていう消費者側の人間もムカつきますが、安い価格なんだからイマイチでも我慢してね‥‥なんていうメーカーの製品もムカつきます。そんな中、タミヤの製品は、安価でも高価でも納得できる製品群を送り出しており、安心して購入できます。

もちろん、タミヤもOEM商品を展開する事もありますが、それらも「価格からすれば充分」な内容です。タミヤの自社製品ともなると、充分過ぎる出来映えとなります。タミヤ製品ですと、高価なキットは「高いなりに、理由があるんだろう」と思えますし、安価ですと「安くても、水準は踏まえてくるはず」と予想できます。‥‥そんなふうに信頼できるメーカーって、良いよネ。

18t重ハーフトラック戦車運搬車というキットがありますが、これもスゴいキットですねえ‥‥。全長、64cm! 値段も相当‥‥ですが、タミヤがこの値段をつけてくると言う事は、タミヤクオリティの証でもあるのでしょう。中身を見なくても、レベルの高さがイメージできます。

映像作品もなあ‥‥、こんな風に展開できたら、技術をくすぶらせる事も無いんですがネ。技術を盛り込んで高く作ろうが、さらっと流して安く作ろうが、結局50円でレンタルできるんだったら、そりゃあ、みんな、良いものを作ろうっていう気概を失うよねえ‥‥。

1920px程度の解像度ではプレミアム映像にはなりようもなく、「高い対価を支払えば、良いものが手に入る」というユーザーの基本的な意識を投影する土台すら無いですからネ‥‥。映像制作側も、現行HD程度の解像度を持て余しているレベルでは、プレミアム品質なんていうブランドを形成できようはずも無いですしネ。

関連する記事

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

selected entries

categories

archives

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM