After Effectsに文字情報を埋め込む

‥‥というタイトルを見て、あまり深く考えずに「‥‥それって、テキストレイヤーの事でしょ」と言う人は、ご名答です。

After Effectsには、テキストレイヤーがあるので、文字情報ならいくらでも書き込めるのです。

現アニメ業界の制作技法に限らず、様々な「作業の取り決め」は大体が文字情報で表現できます。という事は、作業の取り決めを文字情報として策定すれば、After Effectsでも積極的な活用ができる‥‥というわけです。‥‥実はそれが、私が10年近く前から取り組んでいる「atDB」〜アニメーション技術情報データベース〜なんですけどネ。

事前の規約をしっかりフィックスしておき、After Effectsの「item」の番地を読み出すfunctionも併せて用意しておけば、情報に確実にアクセスできる仕組みがAfter Effectsのプロジェクト内部に構築できます。

itemの「parentFolder」をフォルダ階層の上方に向かって繰り返し文で読み出し、「root」に達したらストップするようなサブルーチン〜functionを作ります。さらにcompItem(コンポジション)かどうかもチェックします。そうすると、
 
/db/cutinfo@anime_01_001

‥‥のように、まるでフォルダの階層を指定するかのごとく、itemの特定が可能になります。さらに、そのitem〜コンポジション「cutinfo@anime_01_001」の中の特定のレイヤー「layer('transition_info')」のソーステキストを読み書きすれば、トランジションの情報をAfter Effectsに埋め込む事も可能となります。

もちろん、トランジション情報だけでなく、自分らのワークグループで埋め込みたい情報を「文字ベース」で規定すれば、いくらでも必要な情報をAfter Effectsのプロジェクトファイルごとに持たせる事が可能です。

After Effectsのプロジェクトファイルに必要な文字情報を埋め込んでしまえば、後はエクスプレッションで如何様にでも捌けます。
 
comp('cutinfo@anime_01_001').layer('transition_info').text.sourceText;

用語の正引き・逆引き辞書も、
 
OLi=カット頭OL
OLo=カット尻OL
FI=フェードイン
FO=フェードアウト

‥‥などの書式でやはりテキストレイヤーに書き込んでしまい、エクスプレッションで「連想配列」に変換、カット固有の情報と組み合わせて、
 
「カット頭OL(1+0)」

‥‥なんていう文字列をカットボールドに自動表記させる事も可能です。

普通のアニメ撮影の「スタンドアロン」状態のエクスプレッションでは、コンポジションのデュレーションを読み出して尺の自動表記は可能でも、カット毎に異なるトランジション情報は、テキスト手打ち込みで表記するしかありません。しかし、データベースから情報が供給されれば、様々な自動表記が可能になり、加えて、表記をミスる事も防げますし、事前に尺間違いに気づいて修正する事もできます。

「データベースサーバを使う」事を覚悟し、実際に運用すれば、After Effectsは別次元の「グループウェア」的な側面を見せ始めます。

データベースの運用になれて、使い方が洗練されはじめると、「そもそも、After Effectsに情報を書き込むんじゃなくて、サーバと随時アクセスすれば良いんじゃないか」という考えも浮かびます。しかし、私は未来の状況(全国各地に点在するスタッフとのやりとり)も考えて、「サーバへのアクセスが少なくても、情報を一回読み込めば、スタンドアロンで作業が進む」方法も残しておきたいと考えています。ゆえに、After Effectsに情報を書き込んでしまう方法も模索しています。

未来への課題は沢山あります。些末に見える、こうしたテキストレイヤーごときの運用術も、「ちりつも」で、やがて大きな成果へと結びついていくのです、

関連する記事

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM