拡散と絞り込み

私には、「拡散」と「絞り込み」との間を行き交うサイン波みたいな周期があります。昨日は大量のブツを倉庫に移動しましたが、そうした自らの「模様替え」「マシン換え」の行為から、自己のフェイズシフトを客観的に実感するのです。

自分の行動パターンで言うと、拡散した行動は言い換えれば「累積」、絞り込んだ行動は「順次」とも言えます。知っている人なら知っている「累積戦略」「順次戦略」のくだりです。長くなるから、ここでは割愛。

アニメ業界で言えば、順次的な取り組みは当該の作品作り、では累積的な取り組みに関しては?‥‥と言うと、「作業者間の横の繋がりでよろしく」的な感じです。

しかし、横の繋がりで済むのは、「横で繋がれる共通した土台」が業界にデンと存在するからです。ですから、業界にとって未知の「4K」は、横で繋がれません。

「アニメで4Kって言っても、何をやるの?」と色々な人から聞かれますが、まあ、たしかに、今のアニメ絵の延長線上で想像したら、改めて4Kでやることなんて想い浮かびませんよネ。

拡散してとっちらかった時期を経て、ようやく絞り込みが可能となるのです。それはワークフローや制作システムだけでなく、映像のイメージも同じです。アニメ業界の雰囲気を見ていると、「自分の歩いてきた延長線上の、順次的なもの」にとらわれ過ぎていて、視界をキツく自己制限し、同じフィールドイメージしか見れない状況に自ら墜ちているかのようです。

人は、自分が思っているほど、新しいイメージに切り替えられるものではありません。順次的な理屈で頭脳の表層を納得させても、頭脳の奥底や手足が、新しいイメージを拒否るのです。これは20代の若い人間でも同じようで、年齢は関係ないみたいです。

様々な累積のうちに「いつのまにか、自分のイメージは変わっていた」‥‥という事なのでしょう。

*でも、BBCのドキュメンタリー番組『7年ごとの記録「イギリス 56歳になりました」』を見るだに、根本的・根源的な性質はティーンになる前に確定しているようです。‥‥うん、私もそうだな。

関連する記事

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

selected entries

categories

archives

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM