アマゾンの箱

最近のアマゾンのA4ちょい大きめのダンボール箱は、旧来の「XM03」から、開封時に立方体から平面へと自然にバラける「XM33」へと変わってきていますネ。「XM33」は、資源ゴミとしてゴミ出しする際に、簡単にバラせるように配慮されています。

私がアマゾンのダンボール箱の変遷に注目しているのは、ダンボール箱好きのマニアだから‥‥では無くて、単に「アマゾンのダンボール箱を収納箱として再利用している」からです。1/35のミリタリーミニチュアを収納するのに、とても良いサイズなのがアマゾンの旧型「XM03」なのです。1つの箱に緩衝材と共に収納すれば、2〜4モデルが梱包できるのでとても省スペース、かつ、「いつでもそこにある」アマゾン規格サイズなので、整然としたスタックにも適しています。

新型の「XM33」はよく出来ていて、開封すると立方体を維持できなくなり、簡単に展開状態になります。これはゴミ出しに便利です。ただ、私には都合が悪い。

なので、展開状態になったXM33を木工ボンドとステープラで組み立て直すハメに。

木工ボンドはDIYでも結構出番の多い消耗品なので、今回のXM33出現に合わせて、お徳用をフォレストウェイで購入しました。ボンドは豪快に消費するので、お徳用が一番です。瞬間接着剤とかお高い高性能ボンドを買って使うよりは、昔からある木工ボンドで組み立てたほうが、コストが安価ですし、乾くと接着面の柔軟性も発揮されるので、良いです。

一方ステープラー、通称「ホチキス」は、貫通能力の高いNo.11針を使用するバイモ11を買いました。それでも、段ボール3枚重ねの貫通は無理なんですけどネ。要は、木工ボンドが乾くまで固定しておければ良いので、バイモ11でOKなのです。

ダンボール箱の流用‥‥という視点では、前より手間のかかるようになったXM33ですが、悪い面ばかりではありません。上記のごとく、側面のうち2面が「段ボール3枚重ね」なので、強度がグンと増しております。木工ボンドで固定した状態だとズレないので、箱のガッシリ度が旧型のXM03に比べて向上しております。繊細な立体モデルを保護する目的において、安心感が増しております。

私のストック関連は、今ではヨドバシの小箱と、アマゾンの中箱で、保管のスタンダードが形成されております。特に立体モデルは鑑賞目的ではなく、映像制作上の広範な資料目的なので、「ホコリが固着する」のはNGであり、適度な吸湿・保湿効果もあるダンボール箱が、ストックに適していると実感しております。配送ダンボール箱の流用は、余計なお金もかからないし、積載しても問題無いしで、見た目を気にしなければ、実は室内保管においては最適に近いパッケージなのかも知れません。

 

関連する記事

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

selected entries

categories

archives

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM