斬れる刃

頭の切れる人の事‥‥ではなく、本物の刃物の話、です。



アニメスタジオの机に無造作に転がっているカッターナイフって、大体、切れないスよネ。往々にして、切れ味が悪い。カッターの刃を1コマ、パキンと折って、刃を新しくしたのはいつだったか‥‥覚えてます?

切れない刃物ほど、危険なものは無いです。私は20代の頃、定規から刃がそれて、自分の指をブスリとやった事があります。切れないカッターだったので、力が余計に込められており、肉に深く刺さり、それはもう、血だらけの作画机になりました。思い出すだけで、背筋が寒くなります。

なぜゆえ、刃を切味の悪くなったままに放置するのか。

自分の胸に手をあてて、よく考えてみますと、私の場合は‥‥ですが、「折った刃の処分に困る」からです。折った刃は、そこらに放り出すと危険な感じだし、燃えないゴミで処分するにしても、一旦何かでくるんで捨てたいものです。自治体によっては、「危険ゴミ」にカテゴライズされる事も多いですよネ。ぶっちゃけ、プロセスが多くて面倒。‥‥だから、です。

しかしながら、わたくし、現在は全然面倒じゃありません。

これのおかげで。

 

こんなのもあります。携帯用。

 

こやつらのおかげで、カッターはいつも切れ味最新。

カッターの刃を折る役目と、カッターの棺桶の役目の、2役です。中は開けられないようになっていて、中から古い刃が出てくる事は機構上ゼロと言って過言ではありません。そこそこの大きさがあるので(円の直径5〜6cm)、よっぽどカッターを使う人(1日1回、カッターの刃を折るような)でない限り、すぐに満タンになる事はないでしょう。

一般の「折るタイプ」のカッター替え刃だけでなく、デザインナイフなどの刃も捨てられます。要は、小型の替え刃だったら、大体捨てられるのです。

ちなみに、カッターの刃をちゃんと折るコツは、当然と言えば当然ですが、カッター刃の切込み線の無い面(=裏面)のほうに曲げて折る事です。逆方向に折ると、妙に力が必要だし、垂直に折れちゃってダメです。

400円未満の品を身近におかないばかりに、カッターの刃を折るのが面倒。毎回、切れ味の悪いカッターでプチ苦労する。‥‥アホらしいじゃないですか。

 

関連する記事

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

selected entries

categories

archives

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM