Photoshopのスクリプト

以前も書きましたが、様々なドローソフトで作画を行うと、同様に様々な独自ファイル形式が入り乱れるので、標準中間ファイルが必要となります。そのファイル形式こそ、何かと融通の効くPhotoshop形式です。

 

 

 

単にレイヤーとフォルダの入れ物としても重宝する、デファクトスタンダード画像形式です。

 

で、このPSD形式は、Photoshopのスクリプト機能で、これまた相当融通の効く自動処理が可能です。

 

プロクリでもクリスタでも、自分の好きなドローソフトでレイアウトや原画を描いて、PSD形式で出力すれば、macOSやWindowsのPhotoshopに持ち込んで、規定に沿った出力をほぼ全自動で自動化できます。

 

もちろん、作画規定そのものが自動化にあまりにも不向きな場合は苦労しますが、その際は要望を出して規定をバージョンアップして貰うのが良いです。使う側が、標準化団体(=制作会社の中の人たち)へフィードバックしてこそタフな規定へと進化するものです。

 

幸い、私の関わる作品は、自動化に対応できる規定内容なので、以前作ったスクリプトを少し変更するだけで、対応できました。

 

 

 

Photoshopの自動化。

 

レイヤー階層をちゃんと規定しておかないと自動化は困難ですが、ちゃんと約束事を決めてレイヤーやレイヤーセットを整理すれば、JPEGなどの出力は全自動で可能です。

 

じゃあ、どうやってスクリプトを作るのか。

 

まずは任意のファイル形式で書き出せないと、出力はできないですよネ。

 

ファイルを新たに書き出すのは、実はPhotoshopもAfter Effectsも段取りが似ています。

 

セーブオプションというオブジェクトをスクリプトの中で新規作成し、セーブオプションの内容を設定、ファイルの書き出しをセーブオプションと共に実行します。

 

例えば、JPEGを書き出す自作のファンクションの例は以下。

 

function saveAsJPEG(_doc,_path){

var _opt=new JPEGSaveOptions;

_opt.embedColorProfile=false;

_opt.quality=11;

_doc.saveAs(new File(_path+".jpg"),_opt,true,Extension.LOWERCASE);

}

 

 

JavaScriptの良いところは、プログラム初心者でも、文を読んでみれば、なんとなくやっていることが判る点です。

 

  • 新しいJPEGのセーブオプションを生成
  • セーブオプションのプロファイル埋め込みを偽(OFF)にする
  • セーブオプションの画質を11にする
  • ドキュメントを(パス&ファイル名.jpgとして新規ファイルを作り、セーブオプションの内容で、複製として、拡張子小文字で)保存する

 

‥‥という段取りです。まさに文の示す通りです。

 

「複製として」という部分は、trueだけで表現されていますが、「photoshop-cc-javascript-ref-2019.pdf」というアドビ配布の参考書を読めば、どのように書けば良いかが説明されているので、ナゾの呪文では全くないです。

*その手の参考書〜リファレンス文書は、平易な英文で書かれていますので、中高の英語読解力で普通に読むことができます。詩的な表現や言い回しなどないので、ご安心を。

 

JPEGにはプログレッシブとかベースライン、マット、スキャンなど、上記以外のオプションが存在しますが、何も設定しなければ、デフォルトの値が適用されます。画質はデフォルトで3の設定であまりにも画質が悪いので、最高画質の12より1つ下の11に設定しました。最高にしたければ12に書き換えるだけです。

 

 

 

レイヤーごとに書き出すのは、表示状態を切り替えながら、JPEGで保存するだけの段取り‥‥ですが、これがまたシンプルな動作ながら、工夫と知恵が必要な部分でもあります。

 

常時表示するレイヤー、書き出したくないレイヤー、止めセル、連番セル、BOOK、BG、スライド指示‥‥と、色々レイヤーが存在しますから、PSDファイルの整頓術も問われます。

 

他人に簡単に口頭で伝えられる整理内容なら、自動処理も可能です。逆に、あまりにも条件分岐が複雑な整理が必要で、簡単には覚えられない内容はNGです。

 

難解な構造を他人に理解してもらうよりも、レイヤー構造そのものを洗練させる必要があります。

 

自動処理では、for構文を使ってレイヤーを総当たりして書き出していきます。その際にフォルダを何階層まで潜るかを決めて、無闇に再帰検索しない仕組みを作っておきます。

 

 

 

PhotoshopのPSDファイルを標準中間ファイルにすれば、少なくともレイアウトと原画の作業は、様々なドローソフトで作業可能です。

 

1つのソフト、1つのバージョン、1つのOSに束縛されずに済みます。

 

1つの何かに限定したいのなら、専用環境の専用スタッフを育成するしかないですもんネ。環境を限定し過ぎない汎用性はどうしても必要でしょう。

 

なまじ、クリスタのタイムシートでカメラワークを使っても、After Effectsには継承できないので、あまり意味のある作業とは言えません。クリスタで処理したカメラワークに演出OKしても、そのカメラワークのキーフレームはコンポジットのソフトウェアには継承できないので、「雰囲気」だけの作業になってしまいます。

 

通常のXY軸だけでなく、XYZ軸やティルト(傾き)を使ったカメラワークは、PSDファイルを経由して、After Effectsで実践可能で、そのまま本番のコンポジットにも流用できます。Z軸の位置操作による画角のコントロールも、PSDファイルでAfter Effectsに持ち込めば可能です。

 

クリスタではできない自動処理も、PSDファイルを経由すれば、Photoshopの自動処理で可能になります。

 

 

 

 

私が恐れているのは、1つのソフトウェアに作画ソフトを限定すること。‥‥それは、可能性の死を意味します。

 

すぐ先の未来の映像フォーマットには、今までのアニメの作り方では対応できないことが判明しています。そんな転換期において、可能性を殺してしまうのは、自死に等しいです。

 

1.5Kではうまくいった方法も、4Kでは通用しません。ゆえに、様々な可能性を大事にしておくのです。

 

2010年代は大量のアニメを「デジタル」で作った時代でしたが、それはRetas方式1色に染めて可能性を否定したがゆえの濫作状態だったとも言えます。新たな会社がどんどん生まれてチャンスの時代だったと考える人もいますが、そのチャンスとやらは、安く大量のアニメを作るために作画料金のデフレ(お金の価値が上がって作業の価値が下がる)を招き、作監ですらカット単価でカウントされ安く取引される状況を生み出しました。

 

‥‥それは本当にチャンスだったのか。そして大量に作られたアニメは今どれほど記憶に残っているのか。大量に作って業界の状況が大きく改善したのならまだ義はありますが、その真逆でしょう? 大量に作って大量に捨てた時代が、2010年代だった‥‥とも言えます。

 

供給過多によって廃棄したのは、作品だけでなく、作品表現の多様性も、未来の可能性も、人材育成の機運も、技術進化の潮流も、様々に廃棄したのです。

 

まだペンタブ作画の可能性の全体像も見えてない今の時期から、ソフトウェアを1つに絞ってシステムを組むことの愚を、2010年代の大量生産大量廃棄の状況から学びましょう。

 

金のチカラが強くなり、技術や技能の価値が弱くなる。ゆえに買い叩かれる。‥‥という構造は、自分たちが1つの制作技術に早々に決めきって制限してしまい、作業内容をフラット化して作業価値を自ら下げた行動も深く影響していることを、改めて認識しましょう。

 

 

 

PSDファイルを標準中間ファイルにして、Photoshopのスクリプト自動処理でニーズに対応する‥‥というのは、実は自動処理の中に、様々なソフトウェアでの制作技術方法論の可能性を担保しているのと同義です。

 

手作業でしか処理できない人間は、中間ファイルなどなしにダイレクトに‥‥と考えがちですが、それがまさに可能性を徐々に殺して、自分たちの作業価値を安売りするきっかけでもあるのです。

 

いくつかの制作技術が確立されて、作品価値の多様性を見出すまでは、多少の手間が生じようと自動処理で相殺して、未来の可能性を殺さないように心がけたい‥‥‥ものですネ。

 

 


関連する記事

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>

selected entries

categories

archives

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM