エーイー。

After Effectsは最新版を使うようにしています。なぜかと言うと、最新版ならバージョンを合わせやすいからです。細かいバージョン違いに煩わされたくないなら、最新版で統一するのが手っ取り早いです。

 

が、ね‥‥。

 

なんだろう。最新版のAfter Effectsは。

 

ベータ版なの?

 

ちょいちょい、英語のままの警告文や注釈が出てくるようになったんだけど‥‥。

 

*すげえ、ベータ感。 日本語と英語が混ざった表記は、ベータ版でよく見かけたものです。‥‥最新アップデート済みの正式バージョンAfter Effectsにて。

*ちなみに、このウィンドウが出たマシンには、ベータ版はインストールしていませんので、共有ライブラリということでもなさそうです。

 

ベータ版は昔から、新機能はリリース直前(数ヶ月前から半年前)になるまで英語のままで日本語化されないので、新機能が表記状態で判別できました。そういえば、「コンテンツに応じる」は日本語化で迷ってましたもんネ。私は「周囲に似せる」を推したんですけど。

 

もちろん、そうした英語表記は発売時には日本語化されていました。

 

 

 

ベータ版が未だかつて、製品版としてパッケージで売られたことがあったかなあ?‥‥。

 

最近のアドビは、平気でそういうことをする会社に変わってきてんだよなあ‥‥‥。

 

皆が愛想を尽かし始めてもしょうがないよね。

 

サブスクを「企業側の利便」に使うなよ。。。

 

毎バージョンの売り上げ減少に腐心しなくて済むようになった。

 

お金は吸い上げてるから、手抜きしても許される。

 

‥‥‥。

 

サブスクの良いところが台無しです。

 

 

 

とは言え、サブスクはサブスクとして、After Effectsまでもろとも大嫌いになる必要はないです。坊主憎けりゃ‥‥は、それはそれで大人気ない。

 

After Effectsは設計が古くなったとは言え、まだAfter Effectsを凌駕するエフェクト表現を有するソフトは少ないです。

 

ノードベースでも、スプリットやジョインを使えば、いくらでも複雑な仕込みはできますが、ノードベースのソフトはやっぱりどうしても大味になりやすいんですよネ。その代わり、量産力は凄いですよネ。

 

私は10年前にColorでノードベースの威力を実感しました。例えば、ブリーチバイパス風に見せる複雑なノードの分岐と結合を一気に記憶して、他のクリップにどんどんペーストできるのは、ノードベースだからできる利点でした。

(そのノードベースの経験を活かして、After Effectsをノードベース風に運用する応用も編み出しました。色んなソフトをイジるのは、発想を転換できて良いものですネ。)

 

一方、After Effectsは、実は、ノードベースじゃない点が、最強の強みなのです。

 

After Effectsのようなレイヤーベース(と言えば良いの?)の煩雑さが、新しい映像アイデアを具現化する際に役立つことが多いです。

 

最小単位からパーツを作って、入れ子構造で細かく制御してビルドすることが可能なAfter Effectsは、映像の研究開発用途にも威力を発揮します。

 

After Effectsはそれこそ、線1本、平面1枚のレベルから映像をビルドできますので、量産よりも特殊な状況に向いているように思います。劇場や短期シリーズ向きです。

 

生産力を必要とするテレビシリーズこそ、ノードベースのコンポジットソフトウェアが適しているように思うのですが‥‥。

 

‥‥ああ、でも、そうか。テレビアニメの場合は、現場特有の些末な処理に1つ1つ対応しなければならないので、ノードベースで動作するまでフローを洗練させることが難しいのか‥‥。

 

 

 

話を戻して。

 

アドビがサブスクに浮かれて、変なことにならないことを願っております。

 

After Effects CC 2020は評判が悪いですけど、半分は動作の危うさ、半分は旧世代の切り捨てなので、わたし的には、動作の危うさを解消してもらえばそれで十分。‥‥キャッシュの混濁はなんとかして。

 

いつまでもメインメモリ8GB・ビデオメモリ2GBのマシンをケアすることは難しいでしょう。時代の移り変わりに際して、切り捨てはやむなしです。永遠に過去のマシンをサポートせよなんて無茶な話です。

 

かと言って、不具合を残したままの、ベータ版さながらのバージョンを正式版としてリリースするのは、良くないと思うなあ‥‥。

 

今は、ベータテスターじゃなくても、ベータ版が使えるようですから、正式リリース版はその存在意義を示してほしいです。

 

*ベータ版は、Creative CloudのAppウィンドウ内、「ベータ版アプリケーション」のタブにあります。

 

 

 

2030年を迎える10年後。

 

After Effectsってどうなってるかな。

 

Photoshopのバージョン4が発売された昔、「いつか、Photoshopバージョン20、なんて出たりして。」と笑っていましたが、いやもう、今のPhotoshopは、バージョン21だがな。

 

 


関連する記事

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

selected entries

categories

archives

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM