弦いろいろ

ダダリオの0942を張り直したら、翌日に1弦が切れました。見たら、ボールエンドの部分がほどけており、どう見ても初期不良なんですが、交換はできないですよネ。弦の初期不良で交換なんて聞いたことがないです。

 

 

まあ、こういうこともありましょう。

 

でも困ったのは、いきなり1弦を失った、新品の弦セットです。早々に全部張り直す気にはなりません。

 

 

 

そこで、練習スタジオのレジで置いてある、おなじみのヤマハの赤黄色の紙袋のバラ弦

 

 

 

1本50円と安いので(サウンドハウスにて)、008と一緒に買い置きしてあるので、このヤマハ009を張ったのですが‥‥

 

ダダリオの2弦より硬い!固い!テンションがキツい。

 

「お前は、本当に、009なのか? 見た目もダダリオの2弦より太めに見えるぞ」

 

 

 

私に限らず、結構周りの多くの人が、ヤマハの弦って使ってないよネ。

 

今回の件で、理由がわかったような気がします。

 

他の同じ太さの弦に比べて、テンションがキツくて固いんでしょうネ。チョーキングで指が辛い。痛い。‥‥なので、印象が悪い。

 

バラ弦で買って1弦だけ交換しようものなら、印象はもっと悪いです。アーニーボールやダダリオのテンションとあまりにも違いがありすぎて、差を感じてしまうのです。

 

だったら、009のつもりで、008を張れば良いんじゃないですかネ。

 

ちなみに、008の「もっとライトゲージ」は、黒黄色の配色です。

 

 

 

 

SITの0942を買うと、全てかどうかは知らないですが、1弦と2弦が2本入っていますので、それを流用しても良いです。

 

SITとダダリオなら、そんなに差はないですし。

 

私は最近SITに弦を切り替え始めていますので、考えてみれば1弦はそこから補充すれば良かったんですが、最初からバラ弦で買っておいたヤマハを使ったんですよね‥‥たまたま。

 

 

 

 

ダダリオやアーニーボールを常用する人は多いでしょうが、1弦が切れた際にヤマハのバラ弦で当座凌ぐなら、1サイズ下が良いかも知れませんヨ。

 

 

 

余談ですが、アーニーボールの旬は、最初の1週間とは言われますが、種類が多くてチョイスの幅が広いのは、アーニーボールのスリンキーシリーズの大きな魅力です。ダントツの豊富さです。

 

「ほにゃららスリンキー」の「ほにゃらら」の部分が多いこと。

 

「Beefy Slinky」なんてのもあるのネ。

 

 

最近、0.0085のセット(008と009の中間サイズ。6弦は040になります。)を初めて注文しましたが、さて、どんな感じか、楽しみです。

 

張っている期間が2ヶ月のスパンなら、私はSITを選びますが、たまに定番中の定番のスリンキーに里帰りするのも良いですネ。

 

ギターは色々な楽しみ方がありますネ。

 

 


関連する記事

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

selected entries

categories

archives

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM