iMac。

WWDCで新型iMacが発表される‥‥と、もっぱらの噂です。最近のリークネタの傾向として、これだけ各所で同じことが囁かれている場合、実際に発表されてますネ。

 

秋くらいだと嬉しかったんだけどな‥‥。せっかく、この2ヶ月で月々のAppleローンが1万3千円も減ったのに、新型を買えば、またドカンと増えます。

 

それに、私のいつもの傾向として、初期型を買って、2型の性能向上を羨むパターンがあるので、それもちょっと不安。

 

実際、私の初期型iMac 5Kはメモリの上限が32GBで、次の2型から64GB対応になりました。ぶっちゃけ、メモリを64GBにできるだけで、1〜2年は延命できるかも‥‥です。

 

32GBはもう少なくてしょうがないス。作業場のiMac Proが64GBですけど、メモリに余裕がありますもん。

 

ただ、最近はGPUやビデオメモリの要求もシビアになってきたので、メモリを増やして延命しても、3〜4年の延長は無理です。せいぜい、1〜2年です。

 

Adobe CCは、どんどんGPUの条件を底上げしているので、2014年のiMac 5Kは既にビデオ周りでAdobe CCの最新バージョンに対応できなくなりつつあります。ビデオがダメな時って、わかりやすく画面の更新(書き換え速度)が低下しますもんネ。

 

 

 

ちまたのニュースでは(もちろん情報がないので)、メモリがユーザ交換可か不可までは及んでいません。さすがに実際に製品が発表されないとキビしいですよね。その辺の細かい仕様は。

 

わたし的には、いちばん気になるところです。

 

まあ‥‥‥、BTOでしか交換できない仕様になるだろうな‥‥とは、事前に諦めて覚悟はしてますけど。

 

64GBは今や必須なんすヨ。とはいえ、Appleストアの割高メモリのBTOで64GBにしたら、いくら上乗せになることやら‥‥。

 

 

 

仕事に使える仕様にしたら、50万になってしまうのか。メモリさえユーザが交換できれば、43万くらいになるとは思いますが、それは相当「無さそう」です。

 

50万て、私がPowerMac 8600/250を買った時以来の出費です。1997年暮れに買いました。そのPM8600で版権の仕事をいっぱいやったので、モトは十分、取りました。

 

もし50万になるのなら、今なら、テレワークを質実とも成功させないとモトが取れんすヨ。

 

50万を注いだiMacで確実に数百万円の仕事をこなさんと。‥‥確実に仕事をこなせる体制を構築しないと。

 

できるかなあ‥‥。iPad Proなら活躍の機会も多いし、フットワークも軽いのでどこでも活用できるけど、据置のコンシューマ向けiMacだもんな‥‥。

 

 

 

と、まあ、皮算用に花が咲く(?)のも、新型iMacに期待すればこそ。

 

6/22の基調講演が楽しみです。

 

 

 


関連する記事

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

selected entries

categories

archives

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM