表計算

表計算で1週を行ごとに表記したい時‥‥

 

2020/05/04〜2020/05/10

2020/05/11〜2020/05/17

2020/05/18〜2020/05/24

2020/05/25〜2020/05/31

2020/06/01〜2020/06/07

2020/06/08〜2020/06/14

2020/06/15〜2020/06/21

2020/06/22〜2020/06/28

2020/06/29〜2020/07/05

 

‥‥というのを、まさか、1行ずつ手書きで書き込むようでは、表計算コンピュータプログラムを使っている意味がないです。

 

たかだか、週の期間の表記ですが、「表を計算するコンピュータ」の機能を活用したいですネ。

 

 

 

定数として基点となる日付「DATE(2020,5,4)」を決めたら、以下のように、行番号で自動計算するように仕込めます。

 

DATE(2020,5,4)+(7×(ROW()−2))&"〜"&DATE(2020,5,4)+(7×(ROW()−1)−1)

 

表計算の式は、変数も使えないし改行もできないので読みにくいですが、とりあえず、これで自動で行ごとに1週で更新されます。

*ヘッダ行を考慮して、2行目から計算する仕組みです。

 

月ごとに比べて、1週は必ず7日なので、計算が楽です。

 

もっと、スマートな方法があるかも知れませんが、コロナウィルスの集計表はこうして作っております。

 

 

 

表計算のNumbersやExcelやGoogleスプレッドシートは、作表ソフトではなく、表計算ソフトなので、計算を組み込んで本領を発揮します。

 

個人規模の小規模な集計表でも、表計算の計算式をバンバン使いましょう。そうすれば、いつしかプログラムやスクリプトを常用する感覚に慣れます。

 

 



calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

selected entries

categories

archives

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM