30612

先週の月曜から日曜までのコロナウィルスの死者数は30612人で、上昇はしたものの、全体的に見れば、まだ減少傾向にはあるようです。

 

 

 

新たな感染の震源地と呼ばれる中南米の状況が、数週に渡る穏やかな減少に歯止めをかけ、先週、先々週と、上昇に転じたと見られます。

 

トレンドラインはまだ減少傾向ですが、トレンドラインまで上昇に転じないよう、見守るばかりです。

 

 

 

昨日は都内の感染者が47人とのことですが、積極的に検査をおこなったため‥‥と補足がありました。

 

でも、積極的に検査した途端に急激に増えるのなら、もっと積極的に検査の範囲を広げれば、感染者数の集計だけはドカンと増えそうです。

 

前々から書いているのですが、日本の死者数の少なさはナゾのままです。

 

日本はとびきり感染に厳しく対処したわけではないのに、なぜ、死者は総計1000人以下なのでしょう。ブラジルでは大統領が「あんな調子」なので被害は大きいとしても、1日で死者1000人を数えた日もあるというのに。

 

のちの歴史がその謎を語るとしても、今は理由がわかりません。

 

日本人としては、死者数が少ない状況を、なんとか終息の日まで維持したいもの‥‥ですネ。

 

 

 

ちなみに‥‥。

 

毎週、グラフのオプション機能が充実してます。Numbersのグラフ機能はあまり使ってこなかったので、便利な機能に驚きです。

 

今回はトレンドラインの機能を使ってみました。

 

トレンドライン‥‥という言葉すら知らなかったです。用語があるとは思わなかったので、「傾向の予測のカーブ」とか言ってましたし、そのカーブがNumbersで自動で計算してくれることも知らんかったです。

 

今回のコロナウィルスだけでなく、色々な場面で活用できそうです。

 


関連する記事

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

selected entries

categories

archives

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM