本文の幅を広げました

今使っているJUGEMのテンプレートが、どうも窮屈なので、CSSを編集して本文の幅を若干広げました。

今まで、本文の幅は540pxでしたが、680pxになったので、少々広々としました。

なので、テスト。




*4K48fps・ルックテストからの場面写3枚

16:9だと640x360あたりが、画像左右のマージンも含めてちょうど良さげです。ただまあ、ブログにベタベタと画像を貼りまくるのもどうしたものか‥‥とは思い始めておるんですが‥‥。

本家のWebをとっとと復活して、もっと大きいサイズで載せるべきとは思いつつ。

しかし止め絵はそれで済むとしても、4k48fpsのQTは再生側のかなりのポテンシャルを必要とするので、Webベースでの紹介は実質不可能と言わざるをえません。再生側の処理能力の問題でコマ落ちしているのを、「動きがカクカクして良くない」と誤解されるのは、あまりにも悲しいですから‥‥。HD24pへダウンコンしたら、何のための4k48fpsか全く意味をなさないですしネ。

各家庭のPCって、販売開始からの期間が長いゆえに(さすがに前世紀のモデルは現役から退いているとは思うけど)、性能に大きなバラつきがありますから、実はiPadやKindleのようなModernなデバイスのほうが、次世代の映像再生のハードルを超えやすいのかも。‥‥でもiPadも、既に新旧各モデルで大きな性能差が出ているようですし、デバイス世代や処理能力を判定する何かがないと、やっぱり上手くいかない気もします。まあ、絵に描いたような過渡期‥‥という事なんでしょうネ。

今年の冬あたりに、RetinaのiPadか、KindleのHDXあたりを買ってみて、高密度画素のデバイス上での静止画・動画・テキストコンテンツのルックを、色々と検証してみる必要がありそうです。

ただ、作品企画や絵そのものの開発は別腹です。今のアニメで出来る事を、新フォーマットで刷り直しても意味がないですからね。

関連する記事

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>

selected entries

categories

archives

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM