同じ地雷は踏まずに歩きたい

アニメーターの中で結構多くの人が、コンピュータのことをいつまでも覚えないのは、後で人知れず、誰かがフォローしちゃうからというのもあるでしょう。

 

実際、私は数年前に、アニメ業界がなぜか好んで使い続けるTargaフォーマットに合わせて、原画データを出力しましたが、解像度が大変なことになっていたのを、あとで気づきました。それまでは、制作進行さんが「やれやれ‥‥」と思いながら変換して対応してくれてたんでしょうネ。

 

私がその数年前当時にTargaを使用したのは、その作品サーバのフォルダで見かける静止画がTargaが多かったから‥‥という「なんてことのない」理由でした。Targaは普段使わないフォーマットだったので仕様を知らず、私自身、「紙のフローで使われ続けているフォーマットが、まさか解像度情報をもたないなんて」思いもしなかったのです。

 

私は運良く自分で気づきましたが、気がつかなければ、今でもマヌケに巨大な印刷解像度のTargaファイルを出し続けていたでしょう。

 

 

 

担当者に戻さず、受け取った側が処理して対応することで、もしかしたら、物凄いスピードで現場は構造疲労と劣化が進行しているのかも知れません。

 

「そんなこと言ったって、現実は」‥‥と言うのは、私も解ります。‥‥撮影工程で撮影監督をやってた時期もありますんで。

 

でも、実際、なぜデジタル作画をしてるのに、入力&出力時の解像度の仕組みを知らない人が、そこそこ大勢いるのか。

 

誰かが直して事なきを得て、本人にフィードバックされないからです。

 

Targaが「解像度をもたないフォーマットだった」というのはともかく、TIFF、JPEG、PSD、どれも解像度は保持できる画像フォーマットです。297x210のA4ではなく、A2くらいの巨大な印刷解像度になっていたとしたら、ペーパーレス工程に紙工程がイレギュラーに混入してしまったか、ファイルを扱った人間のミスか、どちらかです。

 

ファイルを扱った人間のミスだとしたら、そのミスした人間に戻さないと。

 

ミスした当人が、「サンキュー。じゃあ、今後もテキトーに出力して渡すわ。」‥‥ってなったら、現場は崩壊の一途です。

 

なぜ、戻さないのか。権限の問題じゃないですよ。気弱な性格で表面上のトラブルを回避したことが、内部の腐敗をどんどん進行させているのです。

 

リテークにすると時間がない場合も、当人に「頂いたファイルなんですが、DPIが72dpiになって、すごいデカい印刷寸法になってます」と伝えれば、「うそ!マジで?」と当人が気づけて次回の提出に反映されます。自分が出力したファイルは、さすがに実際に印刷して確かめるまではしないので、実は気づきにくいのです。指摘すれば、ほとんどの人が対応してくれるはずです。「そんなのわかんねーよ。DPIなんてしったこっちゃねーよ。」とか言う乱暴な人以外は。

 

ちなみに、PhotoshopでTargaを開いて、72dpiになっているのを再サンプルなしで150dpiにすると、あたかも、ちゃんとDPIが変更されたように見えます。再度、解像度を確認すると、150dpiに変更した内容のままです。しかし、いったんファイルを上書き保存して閉じて、開き直すと、72dpiに戻っています。‥‥Targaには解像度という属性がないので、DPIの情報変更は、破棄されてしまうわけですネ。

 

 

 

ちなみに、私はTargaが解像度未定義のファイルフォーマットと知ってからは、出力をTIFF等に切り替えています。

 

不毛ですもん。‥‥オリジナルのファイルがちゃんと正常なdpiで実寸ピッタリなのに、Targaにした途端に属性自体を喪失し、macの場合はみな72dpi扱いになるなんて、誰が悪いの‥‥って話です。

 

まあ、よく調べもしないでTargaを選ぶ自分がまず悪いですが、その次には、「Targaにしとけばアニメ現場OK」みたいな風潮も悪いですネ。

 

あとは、出力するファイルフォーマットを誰も取り仕切らない現場もマズいすネ。まるで停電して信号の消えた幹線道路です。

 

20年以上、アニメの現場でコンピュータ絡みの作業している人は、解像度の相違のトラブルと聞くと、「また同じ地雷踏んでら」と思うのですが、とは言え、同じ地点に埋めてある地雷を定期的に踏み続ける構造は、そろそろ変えないとアカンですネ。

 

 

 

私は自分で解像度の相違を直すスクリプトを作ってチェックしていますが、そのスクリプトはあくまで個人内部で使うもので、それをバラ撒くことはしません。

 

作業ミスの尻拭いを、他人に押し付けるツールになりかねないからです。

 

もし自分の中で解決しなければならないのなら、Photoshopのアクションも覚えて使いこなすようになるし、どこの何を注意してチェックして作業アップしなければならないかも自分で覚えます。

 

解像度に限らず、例えば「パソコンの色がおかしい」なんて言ってちゃ、ダメなんすヨ。「このモニタの色域って、何合わせ? とりあえず、グレーチャート見せてくれませんか?」と管理者に聞けるような知識を持つべきです。

 

自分で仕組みと理屈を覚える。‥‥これ、大事。

 

仕組みと理屈を覚えれば、同じ地点の同じ地雷を、2度も3度も踏み続けて吹っ飛ぶことはなくなります。

 

 

 

 


関連する記事

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>

selected entries

categories

archives

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM