雑感。

わたくし、30年以上、アニメ制作現場に従事してきて、今年はどうもアニメ業界の内部の雰囲気というか気概みたいなものが、ダウンしているような印象を受けます。明るい材料が少ないというか、どこも各所も疲労が蓄積して重荷で腰が曲がってきているというか、たまたま私の見聞きする周辺だけなんだろう‥‥とは思おうとするのですが、夜逃げとか放送仕切り直しとか、世間でも暗い話題が多かったですよネ。

 

アニメ映像制作のサブプライムがいよいよ崩壊して、リーマンショック的崩壊ではなく徐々に地味に型崩れして、まるで枯れ始めて2度と復活しない「死んだ木」のようになるのかも‥‥と、悪い予感をうっすらと感じます。

 

 

 

新しい技術への転換も、志す人間が少なすぎれば、走り出すことも難しいし。

 

旧来の技術にすがり続けても、「仕事があるんだからありがたい」みたいな農奴みたいな気持ちに囚われて、一層安く使われるだけだし。

 

何が一兆円産業なんだか。‥‥現場で実際に作業している人で「一兆円感」を満喫している人、いる?

 

 

 

数年前に思ったことだけど、炎って、燃え尽きる前に、一瞬輝きを増すんですよネ。アニメ業界の限度を超えた制作本数って、最後の輝きではないだろうか‥‥と思ったことがあります。

 

病気にかかった金魚で死んでしまう子は、最後にひととき、元気を取り戻すことがあります。その時、「昔の頃に戻った」とほっこりと安らぎを感じるのですが、ふと目を離した間に命が終わります。もう2度と水の中を泳ぐことはないです。

 

炎も、命も、燃えるのをピタっとやめるわけにはいかないんですよネ。あまり不吉なことは書きたくないけど、必ず燃え尽きる時が来る。ピタッと止まる時、それすなわち、死です。

 

だからこそ、命を新しい時代・世代に繋ぐ必要がある‥‥のに、アニメ制作現場はそれができているとは言い難いですよネ。

 

 

 

紙に鉛筆で絵を描いて、タイムシート用紙にタイミングを記述して、150dpi前後でスキャンしてゴミ取りなどをして、1.5Kでコンポジットして、2Kにアップコンする。

 

‥‥‥ホントに、それで、新しい時代と世代へ、命を繋いでいけると思ってるんですか?

 

紙にしてもペンタブにしても、今までの方法一本槍で、命を繋いでいけますか?

 

 

 

世間でどんなに一兆円だと盛り上がっても、現場がどんどん高度を下げて低空飛行になっているのなら、いつか地面に激突する日が来ます。1機墜落し、2機墜落し、飛び続けるのは僅か数機まで減った‥‥なんて事態になっても、世間はスルーするだけです。「さて、別の娯楽を探そ」と楽しみを乗り換えるだけです。そうしていくつもの娯楽産業が消え、そして生まれてきましたよネ。テレビアニメだって、そうして誕生して、そして老いたのです。

 

一方で、世間に対して商売をしていることも忘れてはなりません。世間がアニメを買わなければ、どこが買うのか。

 

アニメ業界は仙人部落ではないので、霞を食って生きているわけではなく、飯を食えば糞もするわけです。永遠の命ではなく、限りある命で日々生きています。限りある命を支えるための術が必要です。

 

アニメ制作現場の人間だけがアニメ販売物を買って回転させる‥‥なんて、自給自足みたいなことはアニメ業界は無理でしょ? ‥‥というか、ほとんどの産業は無理ですよネ、自給自足なんて。

 

 

 

‥‥などと、色々なことを想うと、2020年代は能動的なEraになりそうですネ。台頭するところもあれば、消滅するところもある。

 

受動的なままのところ(人や制作集団)は徐々に潰れていくような気がします。今のままでは、命が繋がっていかないもんネ。

 

「今まで生き続けてきたのに」と言いがちですが、何事も「老いる」のです。生き続けるということは、老い続けるということでもあります。生きてはいましょうが、確実に老化してもいるのです。アニメ制作現場は、まさに仕組みや構造が著しく老化したのです。

 

おじいちゃん、おばあちゃんに「若い頃と同じように動け!」と言うのは酷なように、現アニメ制作現場に過去の発展期・最盛期の若さを期待しても無理無謀なのです。

 

だから、新しい何かが必要で、更新して代謝していく必要があります。

 

アニメ制作集団というある種の「生命体」が、どのような代謝を成し遂げていくのか。

 

今のままでは生きていけないことがハッキリしているのなら、自ら動くしかないですよネ。

 

 

 


関連する記事

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

selected entries

categories

archives

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM