1スタート

私は2000年前後の頃は、タイムシートの習慣が深く体に染みついていて、コマのスタートは1のほうがしっくりきていました。今でも、連番は1からスタートするのが好きなのですが(ファイル総数とフレーム数と連番テキストが一致するので)、こと、タイムコード表記になると、00:00:00:01からスタートするのはキモチ悪くて仕方ないです。

 

タイムコードはオフセットでもしない限りは、0スタートで良いでしょ。

 

00:00:00:00

image_00001.tif

image_0001.tif

00+01

 

これ、皆同じ時間位置で良いと思いますけどネ。‥‥まあ、連番に関しては、0000スタートもありかと思いますが、タイムコードは0スタートにしたいです。

 

タイムシートの番号に合わせるために、タイムコードを1スタートにするなんて、誤解が生じて、不要なミスの原因になります。まるで、先頭1フレームをカットしたように見えますもん。

 

かといって、なんでも0スタートにする必要はないですよネ。まさか、「原画0枚目」なんて言う人はいまい。現物が存在する1番目を、0と表現する方がおかしいです。りんごが1つ、お皿の上にあったら、「りんご0個目」なんて言うわけもなし。

 

ただし、タイムコードは0スタートで映像ジャンル問わず作業しているので、アニメの現場だけ1スタートにするのは、なんというか、面倒で厄介です。

 

タイムコードは「数」というよりは「位置」なんですよネ。だから、出発点はゼロなのかも知れませんネ。

 

ですから、タイムコード=位置・座標ではなく、フレーム数=量であれば、1からスタートするのは全然違和感はないです。

 

たまにアニメ制作現場で、タイムコードが1スタートのプロジェクトを引き継ぐことがあって、そんな時は全部0に直して回っています。もちろん、タイムコードに関しては0スタートにしてください‥‥と、フィードバックもしますけどネ。After Effectsには、タイムコードを0スタートのままで、フレーム数のカウントスタートに関しては1にするオプションもありますヨ。

 

 

 


関連する記事

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

selected entries

categories

archives

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM