APFSと復旧作業

iMac 5Kのディスプレイを引き剥がし、中にある故障したHDDを外してSSDに交換し、起動ディスクをリカバリー‥‥という段取りは、iMac 5Kを所有する人なら経験するかも知れない「厄介な出来事」でしょう。ディスプレイを剥がすだけでも怖いのに、1つ大きな落とし穴があります。

 

APFSです。

 

そろそろ故障が始まる時期であろう、YosemiteやEl Capitan時代のiMacは、HFSのディスクフォーマットしか存在しなかった時代のiMacであり、コマンド+Rで起動するとAPFSフォーマットのディスクが認識されずリカバリーがまともにできません。Yosemiteのリカバリーで起動すると、APFSのディスクはまるで未フォーマットのようにディスクユーティリティからは見えます。

 

ヨセミテとカタリナの不整合が、メンテにふりかかってくるわけです。

 

私はまさにソレ、「APFSが存在しなかった時代のOSの問題」を見落としていて、足かけ2週間、メンテに消費しました。(仕事をしながらなので平日は放置し、正確には日曜日を2回使って復旧しました)

 

特にCatalinaをインストールしているiMacですと、SSDに関わらずHDDでもAPFSのパーティションが存在するみたいなので、余計厄介なことになります。‥‥実感しました。

 

私は既に復旧完了させたので、試してみることはできませんが、最近のiMacやMac mini以外の、2015年前後のMacを使っている場合は、

 

コマンド+オプション+R

 

‥‥で、リカバリーしたほうがよさそうです。

 

Appleのサポート文書には、

 

通常は (Mac を macOS Sierra 10.12.4 以降にアップグレードしたことがない場合は特に)「command + R」が推奨されます。

 

‥‥とあるので、つまりは、「Mac を macOS Sierra 10.12.4 以降にアップグレードしたことがある場合」は、コマンド+Rだと問題が生ずる場合がある‥‥のでしょうネ。確かに私の場合、コマンド+Rで復旧したがゆえに、かなり遠回りしてリカバリーしてしまいました。

 

 

 

でもまあ、遠回りはしたものの、今はまた以前の調子が戻ったiMac 5K 2014(初代)。

 

あと、1〜2年は頑張ってもらうつもりです。

 

 

 


関連する記事

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

selected entries

categories

archives

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM