スパゲティコンポジション

After Effectsでカットアウトをやると、動きが複雑になればなるほど、どんどんスパゲティのようにプリコンポーズやマスクや合成モードが絡み合って、まさに「スパゲティコード」ならぬ「スパゲティコンポジション」になっていきます。

 

 

 

最初から「こうすれば良い」という雛型や前例が無いところ=どのように組めば目的の表現を達成できるかを「作りながら考える」ので、試行錯誤しているうちに要素が絡み合うのです。

 

背景、Aセル、Bセル、BOOK‥‥を、定型の撮影用語で指定して、定型のフィルタ(ディフュージョンとかね)で処理する「作業の定型」「表現の雛型」があれば、1時間に何カットも量産して、作品全体では2〜3日で本撮テイク1‥‥なんていう芸当もできましょう。実際に、2000年代後半以降(テレビアニメにAfter Effectsが導入された以降)は既にそうした「量産」によって、おびただしい数のアニメ作品が世に溢れました。

 

しかし、カットアウトはそうはいきません。少なくとも今のところは。

 

 

 

内容の濃いカットアウトになると、我ながら、「自分で半年後にプロジェクトを開いたら、何やってるか、理解に苦しむ」コンポジションになるだろうな‥‥と思いながら作業してます。

 

しかし今は新しい技術の黎明期。

 

スパゲティやむなし。

 

まずは映像を完成することを目標とします。コンポのエレガントを求めるのは、もう少し先。

 

綺麗に整然とコンポが組めるのは、想定内に収まる内容だから‥‥ですよネ。

 

 

 

従来制作現場が、未来的に品質不足になると薄々感じながらも、それでも紙や撮影台代替技術やフィルム時代のタイムシートの運用を止めないのは、「旧世代の技術でも定型があるのは良い」と考えるからでしょう。

 

確かにそれはその通り。アニメ業界が長年蓄積してきたノウハウを、時代に合わなくなったからといって、あっさり捨てることはできないのは解ります。

 

でも、そのアニメ業界とて、最初の最初は、手探りだらけだったはずです。最初から洗練されているわけないです。

 

ある程度はアメリカンアニメーションから方法を「輸入」しても、日本の作品表現、人々の気風にあった制作技術を確立するのは、相当時間がかかったと思われます。

 

 

 

スパゲティな状態を放置せず、その後に「ノウハウ」として「技術継承」する取り組みは必要でしょう。

 

作った本人ですら、未来には理解困難な状態では、技術として広まるわけもなし。

 

現在はスパゲティでも、その後にどのように絡みを解いて整頓するかが、問われましょう。

 

特定個人の機転や融通や器用さに依存しているだけでは、産業には発展できませんもんネ。

 

 

 

従来の枠組み、原動仕美撮でなら、After Effectsでの作業において、全て通常モードで素材を書き出す自信はあるんですけどネ‥‥。

 

やれ、この素材はスクリーンだ、この素材は乗算だ、この素材は比較明だ‥‥とか、やたらと素材を書き出して次の工程に渡すのは、コンポジット初心段階にありがちな光景です。例えば、スクリーンじゃないと明るさをコントロールできないのは、RGBを扱えていない証拠みたいなものです。通常合成でも明るさ暗さを表現できるRGB制御能力を身につければ良いのです。

 

工程をまたぐ時は、基本的に、

 

通常モード一発で決めろ。‥‥そして、できるだけ素材の数は少なく

 

‥‥です。

 

‥‥しかし、カットアウトはまだまだ、そんな「見極めて見通せる」状態にはなく、これから未来の技術です。

 

誰か、共同で、日本でのカットアウト技術の体型作りをやってくれないかなあ‥‥。個人レベルではもう限界に近いス。

 

2020年代の夜明けまであと1ヶ月と数日。新しい時代に、また、アニメを再発明しましょうヨ。

 

 

 

今は‥‥そうですね、「スパゲティコンポジション」を「スパコン」とでも名付けておきましょうか。‥‥既にある略語ですが、かたやスーパー、こちらはスパゲティで、皮肉が効いててイイかも。‥‥まあ、スーパーは食えないけど、スパゲティは食えますしネ。

 

 

 

 


関連する記事

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

selected entries

categories

archives

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM