バイクと絵と。

私はハイパワーなバイクが好きでした。かつ、お金のかからない点で250ccばかり乗っていました。TS200R、RMX250S、ガンマ‥‥というだけで、知っている人は「ああ、そういうタイプね」とお分かりかと思います。

 

一方で、TLMやTW200にも乗っておりまして、中庸なバイクは買わず、のんびりか攻めかの両極端が好きだったと自分ながら思います。

 

 

RMXやガンマは、放っておくとすぐに80kmまで加速するようなバイクでしたが、一方で、TW200は55km前後で走るくらいで「単気筒のいい感じ」が味わえるバイクでした。

 

80km。

 

一般道ではもちろん、速度違反です。一般道の最高速度は60kmです。(高速道路は別です。また、あくまで最高=上限が時速60kmで、30kmや40km制限のエリアは生活道路に多いです。)

 

バイクに限らず、クルマもそうですが、特にスポーツ系は、140〜180kmくらいのスピードが出せるのも多いですよネ。160kmなんて、公道で出そうものなら、もし後ろに白バイがランプつけて追走していた場合、すごい罰則が待ち構えています。数万円の罰金、略式裁判など、‥‥‥実は経験があります。160kmは出してませんが、「速度違反ホイホイ」な場所(小金井公園沿いの広い道)で違反を取られたことがあります。

*小金井公園のような大きな公園は、人の多い公園ゆえに、どんなに広い道でも、かなり低い制限速度に設定されています。2車線あって見通しの良い広い道は、一般道の60km制限だろうとタカをくくっていると、とんでもない速度違反になることがあります。環七でも50km制限のエリアが長く続きますよネ。

 

 

 

似たような話で、公の場所に乳袋や巨乳のイラストをどかんと掲示するのは、いわば、一般道でこれ見よがしにカッ飛ばして走るようなもんだな‥‥と、ふと気がつきました。

 

最近ツイッターで見かけたのは、コレ。‥‥う〜ん、これはいくらなんでもヤバいわな。限度を超えてますネ。

 

以前の巨乳献血ポスターは、病院の前の一般道を、80kmくらいのスピードで駆け抜けたような感じですが、コレは一般道を150kmで暴走した感があります。

 

 

 

ハイパワーなバイクやクルマにのってれば、わかるものです。

 

スピードはいくらでも出せるけど、出しちゃいけない場所がある。

 

‥‥ということを。

 

絵でも同じことが言えます。描けてしまうものと、公共の場所で見せられるものは、別。

 

 

 

ハイパワーなバイクだからといって、ライダーが所構わず、一般道でも生活道路でも、100kmで突っ走っていたら‥‥。

 

「ライダーはみな速度違反常習者」

 

「バイクメーカーは悪の生産拠点」

 

‥‥なんて社会からレッテルを貼られてしまいます。

 

イヤじゃん。‥‥そんなの。

 

 

 

パワーのあるバイクにまたがると、特に若い頃は、スピードを出したくてイキがりたくてしょうがないキモチは理解できます。だって、「パワーがそこにある」んだもんネ。

 

なので、海岸通りとか、周遊道路とかに、好きモノが集まってきて、エリアの中で爆走する。‥‥もちろん、合法ではないですが、ある種の「ゾーニング (Zoning)」のようなものです。言うてもソコは公道なので、警察がその気になれば検挙されますけど、一応爆走する側も生活道路ではないことを解ってて走るのです。

 

つまり、一般道路の生活道路、都市部の幹線道路では、「解ってて」ジェントルに走るのです。パワーがあればこそ、控えて走る。

 

パワーを楽しみたいのなら、65kmくらいまでの加速感だけにしておいて、狭い駅前の道を120kmで走り抜けることはヤメましょう。一気に「バイクって、凶暴で反社会的で、や〜ね〜」ってオバちゃんたちに「悪のイメージ」を植え付けて、それこそクソミソ一緒に「バイク禁止」にすらなりかねません。

 

どうしてもパワーを発揮したいのなら、サーキットやコース、私有地などで、保安部品もナンバーも外して、合法的にパワー全開で走れば良いです。サーキットやコースに、バイクを目の敵にするおじさんおばさんが乗り込んできて、「スピード出しすぎでしょ!」と言ったところで、ごく普通に状況と仕組みを説明して、お引き取り願えるわけですから。

 

 

 

どエロく、どスケベな絵を描けるんなら、逆に、公の場所では差し控えたほうがイイと思うよ。

 

どエロい絵を描ける能力は、一般的な場所では「うまみ成分」くらいにしておいて、全面にドーンと出すべきではないと、私は思いますけどネ。

 

クールベだって、私的な顧客向けには、こんなエロイ絵も描いてます。あくまでクローズドでネ。‥‥クローズド目的の絵を、公衆の面前に出しちゃアカンよ。

 

 

 

ツイッターで指摘している弁護士さんも、あくまで公の場所に掲示されることに対して、異を唱えているわけです。不適切を指摘された側が、苦し紛れの「表現の自由」を持ち出すのは、もっとこじれて、マジでホントにクソミソ一緒に「全て禁止」される導火線になっちゃいます。描いた(表に出した)側は、「判ってて出した」のですから、おとなしく引き下がった方が良いです。ウソにさらなるウソの上塗りはしないほうが良いのです。。

 

 

 

バイクもアニメもロックも、レッテルを貼られやすいもの‥‥だと感じます。経験上、しみじみ思います。

 

節度をもって大人しく制限速度を守って走っているライダーが、「あなたはバイクにのっているだけで犯罪者予備軍です」「スポーツバイクを所有している時点で、速度交通違反を繰り返す違反者と見なします」なんて言われるようになったら、「なんて理不尽な」と思いますよネ。

 

70年代、暴走族の社会的なイメージから、バイクは青少年を「悪」に引き摺り込む道具と見なされた時代があります。社会や民衆は、時として、色々な事例を精査せず、極端なイメージで物事をカテゴライズする流れに傾くことがあります。

 

バイクは不良の乗るもの。‥‥そんな風に言われていた時代が、長らく続きました。もしかしたら、今でも???

 

似たような構造で、アニメやコミックの制作に携わる人間が、社会から「アニメを作ってる連中は、みなこういう絵を描きたがっている」なんてレッテルを貼られたらたまんないですよネ。

 

 

 

どんなに時代が進んでテクノロジーが進化しても、バイクやクルマが時速100kmで生活道路や商店街を疾走してOKな時代はこないと思います。

 

同じく、エロゲー要素、エロアニメ要素、エロマンガ要素が、街並みや公共エリアに堂々と掲示されてOKな時代も永遠にこないと感じます。秘めたる場所でやるべきことを、公共の老若男女の行き交う場所で等しくできるようになる‥‥なんて思えませんもん。

 

逆に、秘めたる場所、壁で区切った場所、クローズドなエリアの中で、存分に楽しみ続けるために、公の場所ではパワーセーブしたほうが良いと思いますヨ。

 

 

* * *

 

 

このブログを書くにあたって、色々とバイクメーカーの現在のラインアップを見たんですが、‥‥‥‥‥寂しくなったなあ‥‥‥‥。いろんなジャンルが死滅してます。

 

そんな中でも私が欲しいなと思うのは、レブルの250(250っていうのが気楽でいい)と、Vストロームです。どれも25馬力前後と、昔の感覚だとプアパワーですが、時代の流れゆえしょうがないス。30〜40馬力が当たり前だった、昔の250ccが懐かしい。

 

 

 

バンバン200にも乗りたかったんですが、既に消えてました。

 

今は、ハイパワーで攻め‥‥というよりは、のんびり走りたい気分。「岬めぐり」でもしたいものです。

 

私自身、半世紀を生きてきて、今ふたたびバイクに乗って、ふらっ‥‥と旅するのも良いかも。

 

あまりにも最近、バイクから離れ過ぎた気もしてるのです。

 

 


関連する記事

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

selected entries

categories

archives

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM