サイドカーにのれないので

新しいmacOS「Catalina」がリリースされたようです。

 

しかし私のプライベートの環境は、2014年春のMacBook Pro、そして同じく2014年の初代iMac 5Kなので、どちらもサイドカー=iPadを液タブやサブモニタにする機能の「対象外」(がっかりした話はコチラ)です。Catalinaの「32bit切り捨て御免」だけが強調される印象です。

 

MacBookはもう買う気がしなくてねえ‥‥。私の外での使い方のレベルならiPad Proで十分でねえ‥‥。

 

日頃から外出が多く、実写の編集やVFXなどで国内外を飛び回る方は、MacBook Proは主役級の働きをすると思いますが(実際、実写撮影スタジオでリアルタイムで合成処理するなど活躍しているMacBook Proを何度も目撃しています)、私は「机の前に着座してひたすら作業する系」なので、MacBookはほとんど活躍しないんですよネ。

 

iMac 5Kもこれから先に5〜6年使うつもりなら、40万円近くのBTOが必要ですし。

 

 

 

でもまあ、とりあえず、Catalinaの使い勝手を知りたいので、まずは手持ちのMacBook Proにインストールしてみます。

 

ゆえに、まだまだAstroPadは現役です。

 

 


関連する記事

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

selected entries

categories

archives

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM