ふれすこ

出てましたネ。Fresco。

 

今はイジる時間もないので、インストールだけしました。

 

パッと線を引いてみた感じだと、レイテンシーを感じさせない筆致のダイレクト感に驚きました。描き心地に優れたProcreateに比べても、Frescoのほうがペンの追随が若干速いです。

 

iPadならではのレイテンシーの低さを満喫できそうな予感です。

 

インストールしたのは、初代のiPad Proで、OSは新しいiPadOS 13.1です。初代でも全然遜色のない描き心地です。

 

 

 

もしAdobe CCを契約していて、Apple Pencilを常用しているのなら、Frescoを使わないのはもったいないですネ。

 

Adobe CC無しだと、1080円の月額サブスクリプションで使えるようです。

 

 

 

* * *

 

 

サラサラシートを貼ったiPadとApple Pencilで、実際にFrescoで数本だけ線を描いてみるだけでも、現代のテクノロジーの片鱗を窺い知ることができます。

 

一方、アニメ業界の制作技術は、どんどん現代から遠のくばかり。どんなに新しい技術とハードとソフトが現れても、それを活用することができないのは、魅力的な機能が溢れているほどかえってそれを使えないミジメさと悲しさが増します。私はこの数年自費を少なからず投入して、なんとか新しい未来を切り開こう・機運を盛り上げようと気を吐いてきましたが、正直疲れてきました。業界が新しい4KやHDRに未来を見れないのなら、もうそのまま=地デジ2K止まりのフォーマットのまま今後何十年と作り続ける制作会社があっても、それはそれで良いのでしょう。無理強いすることでもなし。

 

Frescoがリリースされたのに、なんだか弱気になっているのは、Frescoがどんなに新しい基軸をひっさげて登場しても、びた一円もアニメ業界には恵みがないことが判るからです。恵みがない‥‥というよりは、そもそも新たな恵みを得ようとしない気風がガッチリと根付きすぎちゃって変わらないのです。

 

せっかくFrescoやProcreateやConceptsがあるのなら、そうした新世代の画具と画法が活きる全く別の何かを考えたほうが良いのかも知れない‥‥とも思う今日この頃。今の私に必要なのは、しがらみを一切断つ、最大限の「Think Different」なのかも知れません。

 

 


関連する記事

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

selected entries

categories

archives

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM