You Babe

今はもう亡くなってしまった松原正樹さんというギタリストの楽曲で、「You Babe」という曲があります。

 

 

楽曲をダウンロードで買う他に、Amazon Musicでも聴けますが、今はまだ「SD」のままの圧縮音質です。私はもちろん、アルバムCDを所有しています。

 

この「You Babe」、私がアニメーター駆け出しだった30年以上も前の頃、フジテレビの放送終了時に毎日流れていたのです。20歳そこそこで、何としてでも引き受けた仕事を全うして、作画の仕事で生きていこうと無我夢中だった頃に、夜中まで自分のアパートで作画しているうちにテレビも放送終了して、「彫刻の森美術館」の映像とともに松原正樹さんの「You Bane」がBGMとして流れていました。

 

 

 

彫刻の森美術館って、一回も行ったことがないので、いつか行ってみたいと思っているうちに、30年経ってしまいました。50周年とのことで、今でも健在でよかったです。Webのトップページで60fpsで滑らかに再生される、ドローン撮影(おそらく)の情景映像が、80年代から随分と月日の経ったことを感じさせます。

 

ちなみに、私のアニメーター駆け出しの頃は「チャンネルエイト」の歌のクロージングではなく、3DCGの映像の遊園地のような楽しげな音楽のほうです。「チャンネルエイト」や「人間やめますか」は、まだ高校生の頃でした。どっちも懐かしいわあ‥‥。

 

*前述「チャンネルエイト」の70年代直系(生演奏)の音楽とは大きく変わって、「MIDIの打ち込み」系の音楽が1980年代後半〜1990年代初頭を体現してますネ。

 

 

音楽って、聴いていた当時の社会の風景や雰囲気、自分が感じていた感情まで思い出しますネ。

 

言葉や写真では思い出せない雰囲気が、当時の音楽を聴いた途端に「何とも言えないリアルさをもって」蘇った時は、呆然としてしまいます。

 

好きで聴いていた曲でなくても、良いのです。当時に流行っていた歌謡曲やJ-POPでも。

 

まあ、色々と音を分析すれば、音色がDX7モロだったり、スネアの音色がタイトだったり、ゲートリバーブをかけていたり(80年代に流行ったよね)、サンプリング音がいっぱい使われ出したりと、社会のテクノロジーと気風を反映してはいるのですが、聴いていた当時の雰囲気がジュワ〜っと蘇るのは、理屈よりも前に聴覚・皮膚感覚で圧倒されます。

 

松原正樹さんのYou Babeは、イントロのふわ〜っと揺れる丸いストリングス系のパッド音が流れた時点で、当時の自分の何とも言えない若気の感情が蘇ります。松原正樹さんのコンプとコーラスのかかった優しいギターの音も、甘い昔の感情を思い出します。

 

いつか、You BabeをiPhoneで聴きながら、彫刻の森を歩いてみたいものです。

 

 



calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

selected entries

categories

archives

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM