私がAEを使い続ける理由

Adobeが「CC」を発売開始して、以前では考えられないくらい安価に、フルスペックのAdobe製品を使用できるようになったのは、つい1年前くらいの事でした。

一方、Nukeなどのプロ現場で使われるソリューションも30万円代から買えるようになったり(1年前のキャンペーン価格)、Smokeが50万円代だったり、個人でも「買えなくもない」価格になってきました。

しかし、私は今のところ、「CC」で充分だと考えております。一番現実的なのはCCだ‥‥とも思っております。

ソフトウェアやハードウェアは、「一度買ったら、それで安泰」ではありません。維持費やメンテ費用を忘れてはならないのです。今度出るMac Proだって、数年後には低速なマシンになっているしょう。2012年のNukeを2020年に使い続けられるんでしょうか。‥‥つまり、買い換えやバージョンアップの費用を、「導入したら最後」、払い続けなければなりませんが、高スペックな初期導入費用の高価な環境ほど、相応に高額となり、少なくとも個人ではかなり維持がキツくなるでしょう。

なので、ビデオ編集の仕事を高回転で回すようなプロ向けスタジオでも無い限り、例え購入したとしても、最新スペックの状態を維持できないのが現状だと思います。(アドビが目をつけたのも、そのへんだよネ)

私はビデオ編集スタジオを主宰しているわけではないので、NukeやSmokeが数十万円へと価格改定して安価になっても、「今の価格ではナシだな」と思ってしまいます。販売元にしても、CC互角の1ライセンスあたり月5,000円換算なんて、ありえないでしょうし。

そして何よりも重要な事は、そのハリウッド系のプロ向けソリューションが、私のニーズに応えられるか?‥‥です。

例えば、「銃を構えている女性」の1枚絵を描いた線画オンリーの原稿(原画)があるとします。そこから「線画にセル画風に色を塗って、"駆け寄って銃を3発撃つ(で、残弾が0になる)" アニメーションを作る」という事がAfter Effectsでは可能です。こんな感じで。



上のムービーの制作時間は、全く素材がゼロ(注1)のとこからスタートして、1人足(=つまり私一人)で半日です。リギング(注2)が大雑把なんで、少々「止め絵」感がでちゃってますが、このくらいの事はAfter Effectsで普通に基本機能だけで(操作が簡単だとは言いませんが)可能です。Photoshopでの背景作成も込みで「セル画風の映像を、どれだけ短時間でできるか」を数年前にテストしたものです。
(注1)YouTube画質ではわからないかも知れませんが、線画は速描きしたのに加えて最近の定番の「ステッドラー」「こな雪」を使ってないので、線質がガサガサしてます。でも逆に、作風によっては「味」に使う事も可能でしょうネ。
(注2)2Dでもリグは重要で、リグ次第で制作時間やクオリティが大きく変わります。


Nukeとかって、線画のスキャン画像をポンと渡されて、完成映像まで作れるんだろうか。After Effectsは彩色はもちろん、いざとなれば背景だって描けますが、おそらくNukeとかはビジュアルエフェクトとか映像合成加工に特化してしまっていて、こんなキワモノ的活用法なんて考慮されてないんじゃないかな‥‥と思います。つーか、そんな事を想定しているソフトウェアって皆無だとは思いますが、少なくともAfter Effectsはその要求に応えてくれています。

私が今取り組んでいる映像の研究は、上のムービーのような「セル画時代のアニメの代用品」ではなく、ずっともっと先の意識、画具・画材としてのコンピュータの性能を活かしたアニメーション表現です。未来視点からすれば、上のムービーはまさに「極・初歩編」とも言えます。その「未来のアニメーション技術にとって初歩的な事」が、実質CCの何倍も維持費のかかるNukeに出来るのかな?

ハリウッド由来の高価な機材にココロを動かされるのは、もちろんあります。しかし、結局は総合的な判断で、After Effectsが一番「何でもできそうだ」というキモチに落ち着きます。

ただNukeとかも、「私がAfter Effectsに馴染んだ、同じぶんだけ」使い込めば、ひょっとしたら、キワモノ的操作ができるのかも知れません。‥‥しかし、それにはAdobe CCくらい安くならないと、私は手を出せないでしょう。ハリウッド系機材に数十万も使って高い維持費を払うのなら、他の創作活動に投資したほうが「自分のタメになる」とも考えてしまうのです。

職場のハリウッド系機材で「お仕事」はできると思います。しかし、創作活動の日々のうねりの中で愛用されるのは、Adobe CCのような安価なソフトウェアだと思っているのです。

私は、AdobeがCCソリューションを始めたがゆえに、若い人の中から、やがて天才が現れる‥‥とすら思っています。「身近にある」というのは、それほど重要な事だ‥‥と考えています。

関連する記事

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

selected entries

categories

archives

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM