ベクターでお絵描き

Concepts.appは、iPadで動作するベクターベースのドローソフトですが、テクスチャ付きの描線など豊富な機能によって、まるでビットマップで描いたかのようなニュアンスも可能です。

 

下弦の目の、ダヴィンチっぽいキャラを、Conceptsのベクター線だけで落書きしてみました。

 

*あ‥‥。「え」(=江面の頭文字)の署名書き忘れとる。絵にいちいちサインを入れる習慣が無いもんでなあ‥‥。

 

線だけでなく、色も何もかんも、ベクター線〜パスの線です。明暗の強弱も全てベクター線です。

 

昔の「ベクターの線は無機質」というイメージとはかけ離れた、現在のベクター線の世界。

 

iPad ProとApple Pencilがあれば、Procreateでビットマップ(ラスター)線も、Conceptsでベクター線も、自由自在に選択できて使えます。

 

 

 

iPad Proが描きにくいとかどうだの、Apple Pencilは何が使えないだの、文句ばかり言う人もおりましょうが、道具は「いいとこどり」をしてこそです。悪い点を論えば、完璧な道具なんてこの世に存在しないでしょうし。

 

ドローソフトも、インストールして何も調整しないでプリセットを使っていては、自分の思うような道具にはなりません。

 

自分の筆圧や手の速度に合わせてプリセットをカスタムし、同時に、ペンのプリセットに自分の手の動作を合わせて、相互に歩み寄ってこそ、道具は輝きを増します。

 

 

 

Conceptsはしばらく使っていますが、日頃からカジュアルにベクター線に慣れ親しめるので、オススメです。

 

たまにはアニメの作画から離れて、下書きなしでイッパツで、鉛筆線でなくインクペンのような線で描いてみると、絵を描く行為は改めて新鮮に感じられます。

 

アニメの線画だけで自分の絵の世界を封印しておくのはもったいないです。

 

他の画像お化粧ソフトで処理すれば、ちゃちゃっとこんな感じにも仕上げられます。

 

 

もとは、iPad ProとApple Pencil、Conceptsだけで描いた絵も、紙のテクスチャや滲みの効果を追加すれば、なんだかデッサン気分。

 

せっかく、絵を描ける能力を身につけたのなら、今の時代、色んな道具を使って、絵の世界を満喫しましょう。

 

138億年の一度しかない、自分の人生だもの。

 

 



calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

selected entries

categories

archives

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM