自由になった今

今ほどドローソフトの自由度が上がり、どんな描線でも描けるようになった今、ハーロックやラムちゃんや女蛮(永井豪さんの漫画です)を、原作のままの描線で描いてみたいと思う一方で、そんなことをしている余裕は今の私にはないので、じっと耐えております。TBHの能力を持ってすれば、もはやアニメ用のキャラへと大きく変えなくても、原作の着色イラストのような風合いでも動かせるようになります。

*使い方次第‥‥ですけどネ。

 

*ベクター線で描いてみました。全ての線はパスです。昔と違って、今はパス(ベクター)でも生っぽい線が描けますヨ。

 

*久々に描いてみた「松本零士風」のスタイル。描いているのは、何のキャラ‥‥というわけではなく、テキトーに松本零士先生風に描いてみたものです。「VOM」は必須アイテムですネ。

*iPad ProとApple Pencilで、Concepts.appで描きました。

 

 

*オスカルも描いてみたんですけど、‥‥一応、見てくれます? 目の十字が描きたくて、つい‥‥。 

*「はじめての作画のギャラが50リーブル(=50円)‥‥!?」と絶句しているイメージで。(円相場・為替レートはウソです)

 

*「何か、可愛いオスカルだね」と監督に言われてもうた。‥‥たしかに、可愛い顔つきで、オスカル感がイマイチ。

*‥‥でも、10代のオスカル(コミックの1巻あたり)はこのくらいの可愛い表情をすることもあるのです。まあ、世間的なイメージとは違うかも‥‥。

*池田理代子先生の優雅な線が描けなくて、まだまだ精進が足らんです。パーツも顔のバランスももっと研究したい。(この先、私がオスカルを描けるようになったからと言って、何があるわけでもないのですが)

*この絵はベクターではなくビットマップです。Procreateで描きました。もちろん、iPad ProとApple Pencilで。

 

 

しかしまあ、現実的に考えれば、著作権の存在する絵を、勝手に描いて動かして公開するのはNGなので、先にはあまり繋がらないかなあ‥‥とも思います。もちろん、正式な手続きを踏めば良いのでしょうが、カジュアルに他人様の絵を描くのは「ほどほど」の限界があります。

 

ふと冷めて考えれば、誰かの原作の絵しか描かないようでは、死ぬまで他者依存ですしネ。

 

アニメの業界人は他人の絵を描くことに慣れ過ぎてしまって、自分の絵を描こうとしないところが、何だか勿体無いです。私は20代の頃、元絵がないと描けない、キャラ表がないと描けない、「キャラ表依存の線画野郎」になりかけたことがありましたが、「そんなんじゃヤバい」と思って色々と開発を始めた経緯があります。

 

かなり前にこのブログで、アニメ制作のものすごい効率化とネットワークの進化によって、状況的弱者が頭角を現す日が来る‥‥と書きましたが、2019年現在のドローソフトやコンポジットソフト、マシンの性能、ネットワークの様々なリソースは、まさに「あとは行動するだけ」と言わんばかりの充実ぶりです。

 

今の大仕事を完成させたら、私はすぐに次のフェイズに進む所存です。だってさ‥‥、こんなに技術的に恵まれた時代性を活用しないなんて、あまりにも勿体無いですもんネ。

 

 

 

今までのアニメ業界のアニメの作り方は、規模の差こそあれ人海戦術でしか成し得ない方法でしたが、未来は違います。

 

なので、ビジネスモデルも違ってくるのです。企画のたてかたも変わります。プロデュースもクリエイティブも変わります。

 

紙で描き続けていても、戦後アニメの伝統は守れるかも知れませんが、未来は開けません。今年で戦後74年ですが、令和、そして2020年代、これから先にどうやって絵を描き続けるかは、当人が未来の現実から目を逸らさず考えることが必要です。

 

何度も書きますが、ようやくアニメの「戦後」が終わるのだと思います。

 

メーテルもラムちゃんも懐かしいですが、それはあくまで他人の絵です。最近、大御所のアニメーターさんの色紙が問題になりましたが、他人の原作に依存する生き方はやはり苦しいと思います。せめてパブリックドメインになるまで待たないと‥‥というのは、難しいでしょうが、ネットの落書きや同人なら大目にみてもらえていることでも、おもて立ってお金が絡めばどうしても問題にはなりますよネ。

 

戦後も昭和平成の思考ではなく、令和、2020年代の思考で、絵を描いて生きていくには? アニメを作って生きていくには?‥‥をココロを新たにして考えましょう。

 

昭和平成のカタチが各所で崩壊し始めているのはアニメや漫画に限ったことではなく、日本全体の傾向です。

 

ドローソフトがどんどん新しく進化していくのに、描いている人々が旧世代の思考のままでは、せっかくの自由な広がりも活かせません。

 

技術の進化によって様々な要素に自由度が与えられた今、自分の思考を自由にするばん‥‥ですネ。

 

 

 


関連する記事

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

selected entries

categories

archives

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM