植物

大きな唐辛子が赤く熟しました。

 

Apple Pencilと比べると、その巨大さがわかります。

 

 

 

小さな種の1粒が育って、花が咲いて、こんな大きな実がいくつも生るのですから、植物はすごいですネ。考えてみれば、人間も同じです。

 

育て方が悪ければ、決して実など生ることなく、枯れ落ちます。

 

単に栄養だけ与えても、病気や虫害に冒されて死滅することもあります。

 

同じ場所に撒かれた種は、全て平等にすくすく成長することはなく、群を抜いて成長する個体の陰で光が遮られて、生育せず花も実もつけずに終わる個体もあります。

 

園芸をやってると、自然って残酷だな‥‥と思います。

 

 

 

植物に必要なのは、土、水、光、そして風、です。

 

園芸の初心の頃は、風を意識できないのよネ。一生懸命、土と水だけ与えて、育ちが悪いと日当たりを気にします。風の存在に気づくことはないです。

 

植物を植える間隔を密集させると風通しが悪くなり病気にかかりやすいです。しかし、風通しが良くても、風が細菌を運んでくることもあります。風が強すぎると、葉が干からびることもあります。

 

風は難しいですネ。

 

 

 

植物だけでなく、人間にとっての「土、水、光」、そして「風」も、日々、気にしたいものです。

 

 


関連する記事

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

selected entries

categories

archives

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM