AstroPadとプレビューでメモを書く

AstroPadネタが続きます。今度はmacOSにもれなくついてくる「プレビュー.app」のメモ機能についてです。

 

*むやみに高品質なmacOSのアイコン。情報を見るウィンドウでアイコンをコピーすれば、プレビューの「新規書類」でICNファイルを作成できます。(クリップボードから新規書類を作る機能がプレビューにはあります)

 

 

以前の「プレビュー」は、その名の通り、まさにプレビューのための標準Appでしたが、今はどんどん高機能化して、テキストやペンでメモを自由に書き込めるソフトに進化しています。

 

Apple PencilとiPad(Apple Pencilの使えるiPad)、そしてAstroPadがあれば、液タブがなくても手書きのメモが書き込めます。

 

例えば、こんなことがプレビューで可能です。

 

 

 

最近気がついたのですが、矢印を手書きで描くと、自動で認識して矢印図形に変換してくれる機能が、いつのまにかプレビューに備わっていました。ちょっとビックリ。いつから?

 

手書きの図形を矢印へと変換出来るのですから、円形や矩形はもちろん、星型まで図形化できます。図形を後から編集することも可能です。さらには、Adobe Fontsがあれば、楽しいフォントでテキストも書き込めます。

 

 

 

図形を描いたり、絵のメモを描くには、AstroPadを経由してiPadとApple Pencilを使えば、液タブのないMacBookでもiMacでも、iPadが液タブの代わりになります。

 

AstroPadの使い道は、広がる一方。

 

秋には、「条件さえ揃えば」サイドカーで同じことができるようになるでしょう。

 

 

 

なんだよ‥‥。

 

どんどん時代は進化しているぢゃないか。

 

容赦ないすネ。

 

どんどん使いかたを広げて、どんどん使いこなしましょうネ。

 

 


関連する記事

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

selected entries

categories

archives

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM