人身

今日、中央線の立川駅で早朝に人身事故(飛び込み自殺とのこと)、昼に総武線で同じく人身事故(やはり飛び込み自殺らしいです)で、今日の中央・総武線は、大混乱でしょう。

 

中央線は昔から、それこそ私が中央線沿線で暮らしたり仕事するようになった20〜30年前から、人身事故‥‥というか飛び込み自殺は絶えなかったのですが、朝と昼に2回も発生したのは聞いた覚えがありません。

 

ツイッターで「駅員に怒鳴っているオジさんがいた」と見かけましたが、それに限らず、駅員に怒鳴ってどうこうなる問題ではないのに、そのオジさんっていったい歳はいくつなんだろう、イイ歳して逆上して冷静な判断を失ったのかと呆れます。電車の中で赤ちゃんが泣いているのを怒るオジさんもいる‥‥との話をどこかで聞いたことがありますが、そのオジさんて自分が赤ちゃんだった時に公共の場所で一切泣かなかったんですかね。まあ、散々歳を食って生きてきたオジさんの中にも、道理も合理も状況判断も通じない馬鹿な奴はいるよ。

 

確かに、公共交通機関が停止するのは、予定が全て狂うので、困るは困るでしょう。

 

ただね‥‥。私は怒鳴る気持ちにはなれないです。どんな理由があれ、人が自ら命を絶ったのなら、例え見知らぬ人でも「そうか‥‥」と思うしかないです。

 

できることは、その後の予定に関係する諸氏に連絡することです。遅刻にまつわる手配をするだけです。人身事故をどんなに恨んでも、現実は現実なので。‥‥駅員に怒鳴ったからと言って、人身事故の事実や影響が消え去るわけがないです。

 

 

 

ちなみに‥‥。

 

私は高校生の頃、駅のホームで乗車待ちをしていて、斜めに立っていたオジさんが飛び込み自殺をしたのに「居合わせた」ことがあります。

 

斜めと言っても、私が立っていた位置のさらに進行方向側だったので、飛び込む瞬間も轢かれる瞬間も見ていません。

 

ただ、音だけは鮮明に覚えていて、電車が私の前を通過する少し前に「プア〜〜〜ン!!」と電車が鳴らしたクラクションの音、そして、オジさんの後ろで乗車待ちをしていたオバさんたちの「キャーーーー!!!」という悲鳴(=目の前で乗車待ちしていたオジさんが飛び込むのをモロに見たでしょうから、そりゃあ、叫びますよね)を、今でも覚えています。

 

私はそのオバさんたち(3人くらいだったと思う)の「お陰」で、オジさんの姿が隠れて、ふら〜っと飛び込む瞬間を見ずに済みました。オバさんたちが悲鳴を上げて、放射状に後退りするビジュアルは覚えています。私はその時、「クラクションを鳴らされたからって、そんなに大声で叫んで驚くなんて、オーバーだなぁ」としか状況を理解できませんでした。オジさんが飛び込んだなんて、思いもしなかったのです。

*ふら〜‥‥と飛び込んだというのは、オバさんたちが警察に話していて、伝聞で知っただけで、私からは全く見えませんでした。

 

その後、ホームの中途の位置で電車は止まり、すぐに駅員や警察が駆けつけ対応が始まりました。ホームと電車の間から覗くと、靴が転がっていたように記憶します。遺体も血も見えませんでした。‥‥面白がってあれこれ見る気にはなりませんでしたし。

 

しばらくして、停止していた電車がゆっくりとバックして動き出した際の「ギィィィィィ‥‥‥」という重く軋んだ音も覚えています。

 

1時間かそれ以上は電車は動かなかったと記憶します。40年近く前の、京浜東北線での出来事でした。

 

 

 

そういうわけで、私は駅の飛び込み自殺を、どうにも「迷惑のひとこと」で済ませられないのです。「あんなことがあったのなら、そりゃあ、電車もしばらく止まるわ‥‥」と思い出してしまうのです。

 

公共の迷惑だとか、許すべきだの、許さないべきだの、議論する気もないです。

 

「そうか‥‥自分で自分の命を絶った人が、またひとり増えたんだな‥‥」としか思い至れないです。そりゃあ、電車が遅れるのは困るけどさ‥‥、「言葉だけで議論」する気にはなれんです。

 

 

 

 


関連する記事

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

selected entries

categories

archives

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM