AstroPadを快適に使うために

AstroPadはレイテンシーを「見かけ上」感じさせない工夫がウリの、「iPadをペンタブに変える」嬉しいAppです。

 

https://astropad.com

 

しかし、インストールしたままでいきなり使い始めても、使いにくく感じることもあります。以下の点をチェックしてみましょう。

 

●USBで繋いでいるか。

 

ごく普通に考えて、WiFiのレイテンシーはかなり大きいことが予想されます。いくらAstroPadが「レイテンシーを感じさせない工夫」を有していても、WiFiではレイテンシー=時間差による不整合がいくらでも発生するでしょう。

 

以前、WiFiとUSBの両接続を試してみましたが、WiFiは最高品質の画像ではかなり画像の書き換え動作に問題がありました。絵を描く際に、画像の表示が汚いのは避けたいので、以来、USBの接続で作業しています。

 

 

●AstroPadの筆圧設定は、自分に合っているか。

 

AstroPadは、Wacomのソレと同じく、筆圧設定が可能です。

 

筆圧が自分に適合していないと、それだけで「反応が遅く」感じます。私は軽い筆圧でスラスラ描ける動作が好みなので、AstroPadの設定では軽め(反応が敏感)に設定します。

 

自分に合った筆圧、かつ、やや軽めで敏感にしておくと、Photoshop CCなどの動作が重めのレタッチソフトでも、ブラシでスイスイ絵が描けるように体感します。

 

 

●ソフトウェア側の筆圧関連は、適切か。

 

クリスタやHarmonyのように、かなり細かいペン(ブラシ)の設定が可能なソフトウェアの場合、AstroPad側だけでなく、ドローソフト側でも筆圧に関する設定を最適化します。

 

AstroPadと同時にドローソフトを新規導入した場合、AstroPadだけの設定でなく、ドローソフトの設定も自分に合わせて作り込みましょう。AstroPadが使いにくさの原因だと思っていたものの、実は見当はずれで、ソフトウェア側の設定不備だった‥‥なんていうオチも往々にして存在します。

 

ドローソフトのペン(ブラシ)プリセットを自分好みに設定できれば、AstroPadの操作感も向上します。

 

 

●macOS側のCPUやメモリ使用状況に、十分に空きがあるか。

 

CPUがビジー状態で、メモリも空きがなければ、AstroPadの有無に限らず、ドローソフトの動作は鈍くなりがちです。

 

CPUの使用状況やメモリの空きがいつでも確認できるように、macOSのメニューバーをカスタムしましょう。

 

 

上図はグラフでCPUの使用状況、数字でメモリの使用状況を確認できるPreferencePanes〜常駐のソフトウェアです。

 

macOS標準装備の「アクティビティモニタ」でも、メモリやCPUの使用率が確認できますので、動作がトロいと思ったら、Macの状態も確認して総合判断します。

 

*上図の状態は、CPUを全然使ってない状態です。忙しくなると、このメーターがにぎやかになります。

 

 

 

‥‥と、どれも基本的な事ばかりですが、意外に見落としがちな要素でもあります。

 

特に、AstroPadの筆圧設定が未設定ですと、かなり描きにくく感じます。筆圧の齟齬が、反応の遅さとして感じられることもあります。

 

ちゃんと設定しておけば、Photoshop CCでも普通に絵が描けるほど、軽快に動作してくれます。

 

Wacomの4Kタブレットを導入できる資金や機運を待つ間に、AstroPadでどんどん絵を描いて、どんどんペンタブとコンピュータの運用に慣れて、「未来技術への移行」を円滑に進める準備をしておきましょう。

 

 



calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

selected entries

categories

archives

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM