Procreateのジェスチャー

Procreateのジェスチャーベースの操作法にて3年近く原画を描き続けた影響で、他のドローソフトの旧態依然としたショートカットベースの操作法が、異様にまどろっこく感じるようになって、その感覚から抜け出るのに苦労しています。

 

ジェスチャーベースの操作法は、暗記するまでは多少戸惑いますが、一旦覚えてしまえば、キーボードを全く必要とせずに描き続けられるので、おそらく「一番最短」の操作法と思われます。生の筆記具にかなり感覚が近くなり、指の消しゴムやピンチインアウトの拡大縮小、2本指のスクロールなど、ショートカットでは得られない「操作の連続性」が可能です。

 

参考までに、私の設定例を列記します。下記以外にも様々なジェスチャー割り当てが可能ですので、一例として。

 

 

●1本指タップ=クリック〜選択

レイヤーを選択したりカラーピッカーや画面から色を選択するなど、マウスクリックと同じ動作です

 

●1本指スワイプ=消しゴム

私は一本指スワイプを消しゴムに設定しています。クリスタでも同じ動作が可能で、いちいち消しゴムツールに切り替える必要がありませんので、とても作業効率が上がります。

 

●1本指長押し&スワイプ=選択&移動

レイヤーを移動したりブラシを他のセットへと移動したり、イメージ(ファイル)をフォルダの中に収納したり、選択して移動する際に用います。

 

●レイヤーを1本指長押し&画面にドロップ=レイヤーを最上位に複製

レイヤーウィンドウで任意のレイヤーを1本指長押しで「掴んだ」状態にして、レイヤーウィンドウの外にドロップ(掴んで移動して離す)すると、レイヤーウィンドウの最上位にレイヤーが複製されます。

 

●レイヤーを1本指長押し移動&別の指で他のレイヤーをタップ=レイヤーのグループ化

複数レイヤーをレイヤーフォルダに同梱してグループ化する方法は何種類も操作がありますが、トリッキーな方法も可能です。1つの指の操作の後で、さらに別の指を加えて操作するなんて、なんだかピアノみたいですネ。

レイヤーウィンドウにて、例えば、人差し指で1つのレイヤーを長押しして上か下に移動する途中で、親指で他のレイヤーを次々とシングルタップすると、どんどん選択状態が増え、任意の位置で指を離すとまとめてフォルダに格納できます。‥‥文字で説明するとややこしいですが、実際はシンプルな操作です。

 

●2本指タップ=UNDO

取り消し操作です。「戻る」ともいいますネ。

ただし、Procreateにはやり直し回数の制限があり(現バージョンは不明)、どうしてもオリジナルを残しておきたい場合は、あらかじめファイルを複製してバックアップしておく必要があります。

 

●2本指スワイプ=スクロール

画面をスクロールします。拡大して描く際に、なくてはならない機能です。

 

●2本指ピンチインアウト=拡大縮小

画面を拡大縮小します。縮小して全体像のバランスを取り、拡大して細部を描く際に、なくてはならない機能です。

ちなみに、必ずしも片手の2本指である必要はなく、両手の人差し指のペアでもピンチインアウトが可能です。

 

●2本指回転=画面の回転

画面を回転します。これも必須ですネ。自分の手が一番綺麗に線を描ける角度に合わせて、iPad本体を動かすよりも、画面を回転させた方が楽です。

ちなみに、水平に戻したい場合は、同じく指の操作でほぼ水平にすれば、スナップして自動で180度水平に戻ります。iPad Pro本体の傾きと組み合わせれば、微妙な角度も思いのままです。

 

●レイヤーウィンドウでのピンチアウト=レイヤーの統合

統合したいレイヤーの範囲を、親指と人差し指で囲んで閉じる(ピンチアウト)と、レイヤーを統合できます。

ただし、指を閉じる時の動作が不安定になりやすいので、レイヤーを1つずつ複数選択して(レイヤーウィンドウで左から右へシングスワイプ)、「グループ」テキストをタップしフォルダにまとめた後で、フォルダを1つのレイヤーに統合した方が、段取りは多いですが操作は確実です。

 

●ギャラリー画面での2本指ピンチインアウト=プレビューモード

いっぱい描き貯めたイメージ(ファイル)を連続でプレビューする際に、いちいち1つずつイメージを開いて閉じるのはまどろっこしいです。イメージを一覧する「ギャラリー」画面で、プレビューしたいイメージのアイコンの上でピンチインすると、プレビューモードになり、連続でイメージを閲覧できます。

とても便利です。

 

●プレビューモードでの1本指ダブルタップ=編集モードに入る

ギャラリー画面でピンチインすることでプレビューモードに入り、画像を順番に閲覧している際に、任意の画像を編集(描き加え)したくなったら、1本指ダブルタップで即座に編集モードに切り替えられます。

同じく、とても便利です。

 

●3本指タップ=REDO

再実行操作です。「進む」とも言いますネ。

 

●3本指スワイプ=コピー、カット、ペースト、コピペ、カットペースト

コピーカットペーストの操作選択ウィンドウが開き、いわゆる「コマンド」+「C」「P」「V」と同じ操作がジェスチャーだけで可能です。

たしか昔は3本指で「Z」を描く操作でしたが、最近のバージョンは単にスワイプだけでコピペが可能です。

 

●4本指タップ=全画面

ツールが全て隠れて、全画面になります。

 

 

この他、「もしかしたら、こんな操作もできたりしてな」‥‥と遊び半分でジェスチャーを試してみると、意外なジェスチャーのコンビネーションを発見できたりと、何だか裏技を発見した時みたいな嬉しい気分になります。

 

クリスタも意外に色んなジェスチャの組み合わせが有効だったりと、iPad Proのジェスチャーベースの操作方法は、キーボード&マウスでは想像もできなかった操作が可能なので、楽しみながら発見してみるのも良いですヨ。

 

 

 



calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

selected entries

categories

archives

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM