クリスタとUS配列

iOS〜iPadで使えるBluetoothのキーボードは、結構US配列が多くて、iOS版クリスタのキーボードショートカットがズレます。

 

キーボード配列の「認識担当」がiOSなのかAppなのか、よくわからないのですが、現実としてiOS版のクリスタはキーボードを自動認識はしてくれていません。なので、@や [ ] の配置がズレます。US配列の [ を @ として認識します。

 

*上から順に、iMacのJIS配列、AnkerのUS配列、logicoolのJIS配列です。「P」の右側の「 [ ] 」の並びが違います。

 

 

[ を入力すると、@としてクリスタに認識されるのは、なんともややこしい。

 

クリスタの環境設定を総当たりしても、キーボードの配列に関する環境設定は見当たらず。

 

でもまあ、iOSに限らずmacOSにおいても、キーボードの配列はJIS配列に慣れているので、US配列〜ANSI配列のキーボードを使わずに、JIS配列のキーボードを購入すれば事なきを得ます。頻繁にJISとUSに合わせて頭を切り替えるのも面倒ですし。

 

私はホントにたまたま、logicoolのK380(JIS配列)を使っていたので、ショートカットの表記とズレることなく使い続けています。写真にもあるように、US配列のキーボードはいくつか持っていますが、偶然、クリスタを常用するiPadではK380を使っていて、後から気づいた次第です。

 

気になって調べてみると、「iOS対応」を謳っているコンパクトキーボードはほとんどがUS配列で、JIS配列は中々見当たりません。K380を発売しているlogicoolが他にも何種類か発売してくれています。

 

まずは私が使っているK380

 

 

 

 

テンキー付きだとK370。USBのワイヤレスとBluetoothの選択式のようです。

 

 

 

 

まあ、どうしても自分好みのJIS配列キーボードが使いたい場合は、USBのアダプタを介してiPadに接続‥‥ですが、どんどんiPadの機動性が損なわれますネ。大きいキーボードを机に置くのも、iPadの机の上での軽快さを邪魔するので、中々悩ましいです。

 

でもねえ‥‥、テンキーのブロックがあったほうがクリスタには便利なんですよネ。‥‥なんですが、もうちょっとK380でネバってみようかと思います。

 

 

 

ちなみに、今、私がショートカットの設定で目指しているのは、スタイロス系のショートカットを意識しつつ(クリスタを使う以上は、皆にできるだけ合わせたほうが良さそうだから)、AdobeのPhotoshopやAfter Effects系のショートカットも盛り込むセッティングです。

 

クリスタをこれから使い始める人間は、スタイロスからの流れだけでなく、PhotoshopやAfter Effectsからの流れも増えるでしょうしネ。

 

例えば、テンキーの「0」キーをプレビューの再生と停止に割り当てると、それだけでAfter Effects感覚でクリスタのムービープレビューを違和感なく使えます。K380にはテンキーがないので、macOS版のクリスタで設定していますが、たったソレだけでも、「いつもの感じ」のまま‥‥というのは、案外良いものなんですネ。

 

 

 

レイアウトクリスタ>演出クリスタ>作監クリスタ>原画クリスタ>演出クリスタ>作監クリスタ>動画クリスタ>動検クリスタ‥‥という作画関連一律クリスタの流れで進めているカットがありますが、clip形式はタイムラインも持てるので、Photoshop形式や連番フォルダ形式よりは何かと円滑に進みます。

 

月々の使用料の低さで、会社に詰めている演出さんのパソコンにもクリスタを供給することは可能でしょう。環境作りのハードルが低いです。

 

クリスタに共依存する制作体質が果たして良いか?‥‥はこれから先のフィードバック次第ですが、たとえProcreateなどのハシッコのドローソフトで描いてもPSDで書き出してクリスタに受け継げばclip形式には乗り換え可能なので、案外融通の利くフローだと感じています。メディバンとかでも参入可能と思われます。

 

クリスタの使い方を暗記ではなく構造から攻めれば、意外にストレスなく理解は進みますしネ。

 

クリスタのベクターレイヤーは確かに便利ですネ。ロングの細かい絵で対比をミスってちょっとだけサイズ変更したい時に、線が解けずに済むのはビットマップにはない便利さです。まあ、いかにも「パス描いてます」的なペンの挙動はありますが、ロングの絵では気になりません。

 

これから先、描く側だけでなく、チェックする側や修正する側にとっても、ベクター線のニーズは高まっていくのではないでしょうかネ。

 

私としては、カタリナのサイドカーが待ち遠しいです。モロに作画作業に作用する新機能ですもんネ。macOSを使っている私としては、OSでiPadサブモニタ化をサポートしてくれるのは、心強いです。AstroPadと同等の性能(有り体にいえばレイテンシー)が実現されるのを祈るばかりです。‥‥はよ来い、カタリナ。

 

 


関連する記事

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>

selected entries

categories

archives

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM