9ms、1.5テラメモリ、1000nits、サイドカー(!)

今回のWWDC2019、盛りだくさんですネ。(現在講演中)

 

まず、iOS 13。

 

Apple Pencilのレイテンシーが20ミリ秒から9ミリへ高速化。10ミリを切りましたネ。

 

iPadがますます使いやすくなる工夫もいっぱいで、期待できます。

 

 

 

次に新型Mac Pro。

 

28コアのCPU、最大1.5テラ(でしたっけ?=12スロット)のメモリ。

 

8Kのストリームを3本、4Kだと12ストリーム。

 

大袈裟なように感じますが、未来の映像制作にはこのくらいの性能アップは必要だと、現在毎日、ひしひしと痛感しています。「ProRes 8K(エイトケー)」が演説の端々に聞こえていましたが、実はアニメだと大判が多いので(PANとかでね)、4Kのアニメでは10K超えのProResだって普通に扱う日々ゆえに、ようやくマシンの性能が追いついてきた‥‥と、ちょっと安心しました。お値段は6000ドルからスタートでしたっけ?

 

未来はこのくらいのマシンが普通になると思いますヨ。

 

 

 

次にPro Display XDR。

 

6KのRetinaで1000nits(!)、P3です。値段は5000ドルですが、1000nitsのモニタがようやく60万円で登場してくれた‥‥と、MacPro同様にちょっと安心。

 

でもまあ、画面の見た目が綺麗なだけがリファレンスモニタの役割ではないので、本当にプロのHDR用途に適しているかは、にわかには信用しませんが、まずは市場の良い刺激になればと思います。EIZOさんの60万円帯のアンサーを期待してますヨ。

 

 

 

そ・し・て・・・

 

次期macOS「カタリナ」の「サイドカー」来たー!!!

 

サイドカー、つまりiPadをmacOSのサブモニタにする機能です。もちろん、Apple Pencilも使えます‥‥とのこと。

 

AstroPadを買った私ではありますが、Apple純正のサイドカーがきびきび動けば、それがユーザにとっては一番です。OSでサポートしてくれる安心感と安定感は代え難いです。

 

 

 

その他、今(4時2分)紹介してたARもスゴいネ。楽しそう。

 

今年のWWDCは盛りだくさんでした(って、まだ基調講演は続いてますが)。

 

 

 

追記:

 

SwiftUIはいいなあ。AdobeのESTKでUIを組み立てるのとは段違いの手軽さ。

 

さすがにWWDCだけあって、SwiftUIのデモでは会場が盛り上がってホーホー教の教徒がいっぱいでしたネ。

 

 


関連する記事

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

selected entries

categories

archives

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM