雑感

普通、誰だって、嫌われたり憎まれたくはないですよネ。

 

でも、日頃皆で現場の改革や近代化を唱えても、いざという時に事なかれ主義に転じて、何も状況を変えていけない烏合の衆になるのなら、たとえ一時的に嫌悪されようと、ハッキリと言うべきは言って「憎まれ役」を買ってでることも、年長者や経験者には必要でしょう。

 

成功例が無ければ決断できず、他所の導入事例ばかりをあてにして、失敗した時のことを考えるあまりに結局は保身に終始する姿は、年齢に関係なく見透かす人は多いものです。

 

 

 

1996〜2005年までの期間、アニメ現場にコンピュータを導入する取り組みなんて、前例も成功例もありませんでした。各所が小さな実績を重ねて足場を作っていったのです。

 

何もないところから構築することのほうが、今は重要です。1990年代後半には「デジタルについて」のアンケートもリサーチもできませんでしたが、それでも制作の基盤を年ごとにどんどん固めていけたのは、トップダウンとボトムアップが相互に循環する現場作りをしていたからです。

 

ペンタブを器用に使いこなして絵を描けたからといって、未来的な制作システムが作れるわけではないです。

 

制作システムの運用経験がいくらあろうと、新たな技術革新の場面では今までの経験値や思考形態では処理できないことも多分に存在します。

 

ペンタブを使いこなして何が可能になるのか。新しいソフトウェアを使って何ができるのか。指先1本の感覚からボトムアップしていく必要があります。

 

新しい技術要素によって、どのような新しい制作システムが構築可能になるのか。旧来の慣習に囚われず、今起きている新しい出来事から旺盛に吸収して、システム設計を進める必要があります。

 

一丁噛みや尻馬に乗ることなんて、最初から諦めて、自分らの力で堅実に現場を強くしていくしかないですヨ。1990年代後半から「デジタルアニメーション」の現場を作っていった人々は、鉄板の方法論の存在しないところで、みな自力で築いていったのです。

 

 

 

そりゃあ、誰だって、ストレスもなく、気楽にのんびりと生きていければ、それが一番。

 

でも、さも安定しているかのように見える内側で、どんどん細胞が壊死しているのに、のんびりとはしてられないでしょ。

 

耳障りの良いことだけ言って、表面上を和やかに取り繕っても、深刻な病が体内で進行しているのなら、たとえ耳に痛過ぎる内容でも、「病気を直しましょう」と告げることは‥‥‥‥、やっぱり必要だと思いませんか。

 

それとも、闘病よりも安楽死を望みますか。

 

私はアニメに死んで欲しくはないです。生き続けていけるよう、最大の努力と取り組みを続けるのみです。

 

 


関連する記事

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

selected entries

categories

archives

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM