クリスタとキーボード

クリスタとキーボードは切っても切れない関係です。ドローソフトとアニメーションソフトの二面性を持つのならなおさら、iOSになったからといって、ジェスチャーだけでは基本機能すら網羅できません。

 

iPad Proでクリスタを使うには、キーボードは必須のアイテム。

 

私はいくつかBluetoothのキーボードを色々な場所(持ち歩きも含めて)で使っていますが、クリスタで作画する机でiPad Proに割り当てているのは、ロジクールのK380

 

*色は黒、青、赤の3色から選べます。

 

左上の3つのボタンで明示的に3台のiPadやiMacやWindowsPCを切り替えられるのが特徴です。電源はアマゾンやパナソニックの普通の充電池で動作するので運用コストも安価です。

 

iPadで本格的にプロの作画作業をすると、1台のタブレットPCだけでは設定や参考資料を見るのに不足してきます。私は自分ながら過度とは思いますが、机の上にはiPad Proの他に、Fire7と8、iPad Airと無印iPadの計4つが机の上にセッティングしてあります。もちろん、固定しているわけではないので、1分もあれば、机の上から全台のiPadとFireを避けることも可能です。

 

そうした複数のタブレット端末を使っている際、1つのキーボードで3つの端末を選択できるのは、かなり便利です。まさか、タブレット端末の数だけキーボードを揃えてペアリングするわけにはいきませんよネ。かと言って、その都度、ペアリングの解除と接続をするのも面倒この上ないです。

 

まあ実際は、iPadにしろFireにしろ、ほとんどの操作はジェスチャと画面キーボードで事足りるのですが、クリスタを使う場合には必須です。

 

なので、どうせ机にキーボードを常備するのなら、作画用途以外のタブレット端末でもテキスト打ちに兼用できれば、環境の柔軟性も向上します。

 

 

 

K380に限らず、無線で軽量でコンパクトで場所を選ばないiOS対応キーボードはいっぱいありますから、もしクリスタを使う場合は買っておくと躓かずに済みます。

 

また、いざとなればiPadはUSBも繋げるので、USBハブで分岐させたのちに、USBキーボードを繋いで、無線LANが不安定な場合は有線LANアダプタも繋いで有線化し、さらにはUSBオーディオインターフェイスやミキサーも繋げて、「プチパソコン」のようにも使えます。まあ、iPadの機動性はいかにも薄くなりますが、机に固定されるのはUSB部分だけですので、iPadを持ち出す場合はLightningコネクタからUSBアダプタを外せばサクッと身軽になります。

 

Apple純正の「カメラアダプタ」、実際はUSBアダプタになるのが、こちら。Lightningの充電口も確保されているので、バッテリーを気にする必要がないです。

 

 

私は、有線キーボードを使うと机が一気に煩雑になるので、キーボードはBluetoothでまかなっています。サブの常駐iPadの中は、有線LAN、USBミキサー、USB鍵盤を繋いでいるものもあります。

 

*ちょっとしたアイデアスケッチに気軽に使えるコルグのナノシリーズ。随分前から愛用してます。

 

*ヤマハのAGシリーズは、ヘッドフォンアンプとしても重宝します。

 

*無線LAN(WiFi)が異様に不安定な場合は、有線でiPadに繋げる方法もあります。Lightningではおそらく(あくまでおそらく)100baseまでしか対応していなかったと記憶するのですが、100baseでも数十ギガの映像ファイルをやり取りする用途でなければ、今でも十分現役です。

 

 

クリスタをiPad Proで使うにはキーボードが必要ですが、クリスタでの作画仕事以外にiPad Proを色んな用途で使う場合には、色々な手段や選択肢がありますので、iPad Proを所有しているのなら、「絵以外の趣味やクリエーション」にもチャレンジしてみても良いですヨ。

 

 



calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

selected entries

categories

archives

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM