フレーミング

カメラで写真を撮るのと絵を描くのは別物だと無意識に思っている人は、それなりに多いと思うのですが、フレーミングという観点で言えば、当人の撮った写真を見ただけで、当人のレイアウト作画の基礎能力を察することができます。無意識に撮ったiPhoneの写真なら余計に、当人の素性が出ます。

 

例えば、日頃の風景写真の多くが右(か左)の一方だけに傾いている場合。

 

つまり、こういうことです。

 

 

パッと見た感じでは、このくらいの傾きは大したことないと思いがちです。

 

しかし、水平に気を配って写真を撮る癖がついていると、以下のようになります。

 

 

見比べると、随分と傾きが判りますよね。

 

当人は全く気がついていないのか、水平ではなく、右のほうが微かに下がって傾いているのは、フレーミングを全く意識できておらず、目に映った情景を漠然とiPhoneを構えて撮影ボタンを押すからです。

 

並べてみると、一目瞭然です。

 

 

 

 

水平で良いものは、水平にちゃんとフレーム内に収めて、シャッターボタンを押すところからです。傾いた写真を撮ることに意図や意味などないのなら、まずはちゃんと水平に撮りましょう。

 

「自分の癖だ」というのなら、その癖を直しましょう。カッチリと水平を維持するのは、意識するようになると中々難しいものです。

 

実は、ほぼ水平に見える二番目の写真も、ほんの微かに今度は左側に傾いています。慣れてくると、そうした傾きが瞬時にわかるようになります。まあ、シャッターチャンスを逃すくらいなら、多少傾いていても撮ってしまうのが良いですが、静物・風景を撮る際には「自分の癖」で画面がどちらかに傾くのはできる限り避けたいものです。

 

*このくらいの傾きなら、バレを最小に防いで、Photoshopで修正できます。

*明らかに無意識で傾いているのと、体の揺れで傾いているのでは、見る人が見ればイッパツで判ります。スマホはつまんで構えるので傾きやすいですが、意識さえしていれば、少なくともこのくらいの傾きには抑えることができます。

 

 

水平、垂直にフレーミングできるようになったら、今度は撮りたいものをちゃんと写真に収められるようにフレーミングします。

 

撮りたいものにレンズを向けてシャッターボタンを押せば、撮りたかったものが無条件に写真に収まるわけではないです。「あ。この風景、イイ!」と思った時に、その情景の何が良いと思ったのか、インスピレーションを瞬時にフレーミングで切り取る能力が必要です。

 

人間の視覚は、即物的な記録装置と違って、脳内でフレーミングやトリミングをして、情報の特性を抽出する能力があります。人間の両眼の視野は、40〜50mmレンズのライカ判と同じくらいですが、人間は視覚によって得られた画像・映像を、ビデオカメラのように決まった画面アスペクト比と時間軸で脳内に収録するわけではなく、断片的に画像を抽出して、さらにはタイムリマップして記憶します。

 

その脳内のイメージ、情景から刹那に感じ取ったニュアンスを、画用紙なりカメラフレームなりに収めるのは、まさにレイアウト能力、フレーミングのセンスが必要になります。

 

 

 

もちろん、能力やセンスは磨くことができます。

 

一眼レフカメラを首からぶら下げて、街を散策してみましょう。歩いて回るだけで十分です。

 

ふと刹那、なんとも言えないニュアンスを情景から感じたら、そのニュアンスをフレーミングするために、サッと一眼レフを構えてファインダーを覗き、レイアウトを決め込みます。

 

ファインダー越しにフレーミングして切り取った情景レイアウトの中に、自分が感じたニュアンスは見えているでしょうか。

 

見えたならそこでシャッターを押します。見えないのなら、無駄なシャッターは押さなくて良いです。

 

初心の頃は、自分の肉眼を含めた身体感覚のほうが、レンズ越しのフレーミングより優っています。自分が瞬間に肌身で感じたニュアンスより、レンズ越しに撮影した写真のほうが劣っていることでしょう。そういうのを、寝ぼけた写真と呼びます。

 

つまり、自分の体は外界・世界から様々なニュアンスを感じ取っているのに、そのニュアンスをフレーミングへと翻訳できていないのです。

 

しかし、慣れてきてコツを掴んでくると、レンズ越し、ファインダー越しのフレーミングのほうが、自分の感じたニュアンスを大幅にブーストして拡声して代弁してくれるようになります。肉眼の視覚よりも、カメラのフレーミングの方が勝る体験を幾度となく経験します。

 

やがて、肉眼ではありきたりで平凡に見える日常の中から、カメラだからこそ切り取れる「特別な瞬間」を撮影できるようになります。

 

 

 

人間の眼にはフレームがありません。ぼんやりとしてブラーのかかった瞼のマスクが四辺になんとなく見えるだけです。しかも、眼を動かして情報を脳に送り、マッピングして収録します。

 

そうした眼から記憶した情報を、フレームという情報格納スタイルに準じて、しかも単眼でワンチャンスで、レイアウトして収めるのは、モロに当人の処理能力が影響します。カメラで写真を撮るということは、実はとても難しいことで、当人のスキルがありありと表れる性質を持ちます。

 

iPhoneでも良いので、自分の撮った写真を痛烈に批判しながらチェックしてみましょう。アニメーターも含めて多くの人は、自分がiPhoneで撮った写真に対しては無批判で、振り返ることもなくiPhoneの記憶装置に蓄積されていくだけですが、1枚ずつ丹念に自己分析して自己評価してみると、新たな自分に対する「気づき」が得られます。

 

そしてその気づきは、自分の描く絵にもフィードバックできます。アニメーターがレイアウトを描く時に、なんとなく線を引いて、「収まりの良さ」だけで消化試合的にレイアウトを描いて、レイアウトを描きながらレイアウトに無自覚だった自分を改めて認識できるでしょう。

 

さらには、線だけで知覚していたレイアウトフレーム内のあらゆる要素に対して、明暗や色彩のプロパティを強く感じられるようになります。

 

レイアウトは線だけでどうにかなるものでありません。色彩のレイアウト、明暗のレイアウトは、極めて重要です。

 

しかし、アニメ制作現場の標準的なフローでは、アニメーターが関与できるのは線のレイアウトだけです。ゆえに、画面設計、イメージボード、コンセプトデザイン、カラースクリプトなど様々なアプローチによって、レイアウトの線画だけでは見通せない要素に対して、明確に設計して能動的にコントロールするのです。

 

ですから、たとえiPhoneでも、絵や映像を本職とするプロならば、フレーミングを常に気にかけて撮影するのは有用です。

 

写真には色々な目的がありますから、なんでもかんでもかっこいい写真を撮るだけではないでしょう。資料写真にアーティスティックな要素など必要なく、克明に撮影できたほうが良いです。しかし、その「克明に」というオーダーにも、実はレイアウト能力・フレーミングテクニックは活きてきます。

 

資料写真として優れた写真を撮るにも、技術は必要なのです。ロケハンに行って単にシャッターボタンを押すだけでは、何をしにロケハンに言ったのか、写真からまるで伝わらない意味不明な写真のオンパレードになります。フレーミングを駆使すれば、資料写真として何十年も参考になる写真を撮ることができます。

 

 

 

アニメーション作品制作にあたり、監督・演出さんと一緒にロケハンに出かけるのもありです。「観光ではなく」てネ。

 

(ライカ判換算で)19mm、24〜35mm、50mm、85mm、100〜300mm、600mmくらいのレンズをレンズバックに入れて(重いけどね)、三脚も携えて、監督のイメージを聞きながら、

 

この広い景観を広いまま開放的に

 

昼間でありながら暗く閉ざされた雰囲気を

 

白日夢のように希薄な感覚で

 

都会にいながら、疎外感や孤独感を感じるような

 

‥‥みたいな様々なオーダーを、レンズの画角とフレーミング、絞り&シャッター速度といった限られた要素を駆使して、カメラに収録していきます。

 

アニメスタッフが雁首そろえてロケハンに行っても、誰一人として資料写真もイメージコンセプト写真も撮影できないようでは、単なる「ロケハンと言う名の慰安旅行」でしかないです。‥‥であるなら、アニメーターなり美術監督なり色彩設計なりの役職が、写真の技術、フレーミングの技術で、有用有益な写真を撮って実りあるロケハンにすれば良いのです。

 

 

 

アニメーターの中には、

 

写真は楽だ。シャッターボタンを押せば済むだけだから。

 

‥‥とか言う人も中にはいますが、その人が撮った写真は果たして「なぜこの写真を撮ったのか、ちゃんと見る人間に伝わる」写真に撮れているかと言えば、全然ダメダメだったりします。

 

絵より写真のほうが楽だ‥‥なんて、写真もろくに撮影できない人間がよく言ったものだ‥‥と思いますよネ。自分のやっていることだけは凄くて、他人はさぞ楽しているだろう‥‥なんて、不遜にもほどがありましょう。

 

まずはiPhoneでまともなフレーミングの写真をどんどん撮ってみましょう。

 

そうすれば、自分のアニメ作りにも旺盛にフィードバックできるようになりますヨ。

 

 


関連する記事

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>

selected entries

categories

archives

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM