合理

自分の未来のために、アクションを開始しようって言っても、すぐに判で押したようには判断できない。‥‥というのは、確かにあるのでしょう。しかし、外食のメニューの中から何を食べようか迷っているのとは違って、プロの仕事上の判断、しかも自分が関わってきた仕事の話ですから、あくまで合理的に判断すれば良いのです。

 

そう言えば、学校の何らかの授業で、具体的に「合理的な判断の方法」って教えてもらってましたっけ?

 

私は記憶にないんですよネ。

 

もちろん、方程式や図形問題など、応用すればいくらでもあるんですが、何か社会の物事に対しての具体的な、合理的な分析と判断って、どの教科のどの項なのか、昭和の私は記憶がないです。平成の子たちは何らかの授業で教えてもらってたのかな‥‥。

 

戦争論は、先の大戦の影響ゆえに今でも日本では禁忌のように扱われますが、要は戦争論って、自分が負けずに相手に勝つための、合理的な分析と方法論なんですよネ。本物の戦争でなくても、今や世界は近代ビジネス戦争を100年戦争のごとく延々と繰り広げているわけで、昔から戦争論はビジネスに応用できると言われています。

 

拡大解釈や曲解しないでおきたいのは、戦争論を学んだからと言って、戦争をガチでしたい人はほとんどいないということです。実際、戦争が本当に勃発したら、特に娯楽ビジネスなんて大打撃も甚だしく、アニメなんてとても作ってられない世の中の状態、そして民衆の雰囲気になるでしょう。

 

ただ戦争がどのような性質であれ、人間が繰り返して積み上げてきた戦争の体験は、どうすると負けて、どうすると引き分けて、どうすると勝つのか‥‥の記憶の財産のようなものですから、実際に戦争をしなくても、参考になることはいっぱいあるわけです。

 

 

 

例えば1944年のアルデンヌ攻勢。

 

ドイツ軍が連合軍、特に米軍の支配地域に対して総攻撃をおこない、戦況の転換を図る大攻勢が第二次世界大戦末期にありました。

 

ドイツ軍による恐るべき大規模な攻勢の兆しを、米軍の情報分析の将校は事前に察知していましたが、上層部に報告したところ、

 

「ドイツ軍には、もうそのような力は残存していない。エニグマ暗号を解読しているが、そのような通信も傍受していない。過度な思い過ごし、日々の過労による強迫観念だろう。後方に下がって、休養したまえ。」

 

‥‥と上層部が判断し、将校に休暇を与えた、まさに2日後、アルデンヌ攻勢は開始され、米軍をはじめとした連合軍に大量の戦死者・負傷者、そして捕虜を生じる事態となりました。

 

米軍は合理的な分析と判断ができるはずでしたが、エニグマ暗号を解読して完全に傍受しているという自信が、合理的な要素を無視して、非合理な判断へと結びついた‥‥とも言えます。そこに加えて、合理的な判断のパターンに慢心していたのかも知れません。

 

山崎雅弘さんの「豆本」シリーズの、「米軍から見たバルジの戦い」からの一節、

 

型にはまったパターンを多用する「合理主義」は、想定から逸脱した事態に直面した際に有効な対応策を見出せず

 

‥‥というくだりは、まさにアニメ制作現場の「デジタル」作画導入にもあてはまる、戦争からの教訓です。

 

今回、合理的な思考の必需性を書いているわりには皮肉ですが、型にはまった合理主義は、もはや合理主義とは言えない‥‥のでしょうネ。

 

 

 

合理的にものを考える必要はあります。要は、型にハマって慢心しなければ、良いのです。

 

日本の学校教育は、少なくとも私の世代は、「情熱をもって頑張って精一杯努力する」ことを教えられました。そのこと自体は、全然間違っていないと思います。

 

しかし、「ものの成り立ちを考えて、あらゆる角度から分析して、目標に合致した条件を選別し、実行方法を確立する」ということに関しては、実践的なメソッドを教えてくれなかったように思います。

 

私は戦史を読むうちに、気づきの機会を得られましたが、みなさんはどうでしょうか。

 

慣習や惰性で仕事を流すようなことを「鉄板」の方法論と思い込んでいるだけで、実はものすごく非合理なジャッジを延々と繰り返しているのではないか‥‥と、たまには自分を突き放して客観的に冷徹に分析してみても良いとは思います。

 

 

 


関連する記事

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>

selected entries

categories

archives

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM