空セル

After Effectsでのタイムシートの「空セル」はさぁ‥‥、本当に「空」にすれば良いんじゃないのかな。ブラインドなんて使わなくてもさ。

 

私はSTSをタイムシートの反映に使ったことがないので(MacOSだから)、昔から空セルを0番ファイルで自動で作るか、プリコンして先頭一コマをオフセットして空にするかで、ずっと20年近く作業してきましたが、何の不具合もありません。

 

単にプリコンポーズで空セルを作り出すだけなので、最新のAfter Effectsでもバージョンによるトラブルがないです。おそらく未来も互換性を保つでしょう。

 

さらには、一旦素材を未処理でプリコンすることで、素材を差し替える時にレイヤー重ねで履歴を残せますし、歯抜けの連番にも対応できますし、色々と良いこともありますよ。プリコンの手数はスクリプトで処理すれば手間もかかりませんしネ。

 

タイムリマップだけでシートのタイミング適用が完結するので、プロパティが1行だけで見やすいです。空セルだけブラインド管轄になるより、整然と把握できますヨ。

 

 

 

アニメ業界って、一度取った杵柄は、絶対に手放したくない性根がありますよネ。

 

標準仕様を更新する機運が生まれにくい業界なのかな‥‥。

 

考え方を変えられないので、未来にも対応できない。

 

CS6を、あと何年使うつもりのなの? 10年? それとも20年?

 

若い20〜30代の人たちは、オッサンたちの言う「普通のやりかた」が、本当に10年20年後に普通であり続けるかを、よ〜く考えて、今を未来に備えて行動するのが良いですよ。

 

オッサンたちの中には、アニメの未来の発展なんてどうでもよくて、逃げ切ることだけを考えているような人もいるんですから。

 

 


関連する記事

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

selected entries

categories

archives

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM