柔道の受け身

コンピュータはどんどん乗り換えるものだ、とか、スタンダードでいつまでも続くと思っているものが終了しても慣れている、とか、AppleのMacを使っていたおかげで、随分と鍛えられた感はあります。何とも皮肉ですが。

 

打ち切られるのに、慣れている。‥‥と言いますかネ。

 

Windowsって、MacOSがMacOSXに移行したようなショックは、一度も経験していないのかも。

 

ゆえに、WindowsユーザかつCS6ユーザは、今回のAdobe断捨離は、結構ショックなのかな‥‥。実感がないので、想像するばかりですが、MacOSXへの移行時に見られたMacユーザの「荒れ方」〜もうやめてやる!2度と使うか!他に変える!‥‥という言い方に似ているんですよネ。

 

MacOSXに移行した時、申し訳程度にMacOSのソフトが動く仕組み〜「Classic環境」はありましたが、ありありと「未練断ち切り期間」のていであり、やがて使えなくなることはわかっていました。やがてPowerPC〜ロゼッタも終了、今度は32bit終了、「終了終了また終了」の歴史でしたね、Macは。

 

私はWindowsもたまに使いますが、90年代のゲームソフト「大戦略」が動作するのを見ると驚きを隠せません。何で動くんだろう。すごいなぁ‥‥。

 

 

 

例え学校の体育の科目でも、柔道を習って受け身を覚えると、その後、何らかの拍子に倒れた時に、とっさに受け身が出るもんだ‥‥と、その昔、わたなべぢゅんいちさんが話していました。‥‥ホントかどうかは知りませんが、何か解る気がします。最近、トリキの段差でコケた時も(カウンター席にすごい段差があるんだわ)、スターン!と畳を両手で叩くかのように受けて、ケガもなかったですしネ。

 

「ソフト断絶」もソレに近いものがあります。Macで散々受け身を学んだので、今回のCS6の件は全然大丈夫。

 

 

 

Appleよ、ありがとう。

 

アナタの数々の酷い仕打ちゆえに、少々のことでは受け身で耐えられるようになったし、転ばぬ先の杖のつきかたも覚えました。

 

さてさて。AppleもマイクロソフトもAdobeも、10年20年後にはどんなことになっているんでしょうネ。

 

 

 



calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

selected entries

categories

archives

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM