フォントテスト

アドビのCCを使用していると、色々なフォントをネットにも活用できます。JUGEMでは、ユーザがCSSをカスタムできるので、見出しタグや段落タグの変更、任意のクラスの定義が可能です。

 

こうして書いている本文のテキストは、PC環境では現在「小塚ゴシック Pr6N」「凸版文久ゴシック Pr6N R」「Kozuka Mincho Pr6N」で、段落行頭に1文字インデント(余白)を追加するようにカスタムしました。

 

見出しや注釈でもフォントを変更できるように、楷書体、丸ゴシック体、明朝体を使用可能としました。

 

ただ、JUGEMの入力エディタでは、見出しタグなどを指定できず、任意のCSSクラス定義も一覧には表れないので、いちいちHTMLコード文をイジる必要があって、やや面倒です。

 

私は出版の素人なので、どんなフォントが良いかは、手探りです。

 

本当は本文は明朝体にしたいのですが、それだと技術解説っぽい印象が薄れて、物語や文庫のようになるので我慢しました。自分のWebを復活させた際には、技術ページをサンセリフ、思い出話や創作(プラモとか)をセリフ書体にする予定です。

 

CCを使っていて、何かしらネットに自分の文を公開しているなら、アドビフォントは使ってみる価値アリです。ツイッターは多分無理ではないかと思いますが、自分でCSSを編集できるサイトなら使用可能と思います。

 

以下、フォントサンプル。自分メモ。

 


 

新しい時代のこころを映すタイプフェイスデザイン(Kozuka Mincho Pr6N)

 

新しい時代のこころを映すタイプフェイスデザイン(A-OTF UD新丸ゴ Pr6N)

 

新しい時代のこころを映すタイプフェイスデザイン(アドビ 平成丸ゴシック)(中止)

 

新しい時代のこころを映すタイプフェイスデザイン(アドビ 貂明朝)

 

新しい時代のこころを映すタイプフェイスデザイン(Ro日活正楷書体Std)(中止)

 


新しい時代のこころを映すタイプフェイスデザイン(A-OTF UD新丸ゴ Pr6N)

 

 


関連する記事

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>

selected entries

categories

archives

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM